背中を押したあの一行

株で暮らす!?|CANE|たまごや

株で暮らす!?

はっぱ Part1 CANE

はっぱ

Part2 いしながんど

はっぱ

Part3 たまごや
はっぱ Part4 小倉エビス

CANEの株コラム

はっぱ 発行履歴
はっぱ 81号〜125号
はっぱ 41号〜80号

40 久々に利益
39 番外モスクワ紀行その二
38 番外モスクワ紀行その一
37 不透明感
36 友達と株の話をする
35 想像力
34 シミュレーション売買
33 「全面安」と言われても
32 株式新税制その2
31 株式新税制その1
30 溺れる二人
29 買ってしまった「株で勝つ」
28 投機から投資へ
27 耐えて待つ
26 取引の姿勢
25 営業ってどんなもの?
24 配当金!!
23 四季報の思い出
22 ナンピン地獄
21 買った株が上がったら
20 買った株が下がったら
19 2001年1月の戦果−暗黒時代の幕開け
18 2000年12月の戦果−暴落に呆然
17 2000年11月の戦果−せっせと売買
16 納めた7万円に想う
15 確定申告で涙
14 2000年10月の戦果−手数料を節約したい!
13 2000年9月の戦果−一夜にして・・・
12 2000年8月の戦果−ビギナーズラック?
11 銘柄を絞り込む
10 銘柄を選ぶポイント
9 薄利多売に賭けてみる
8 源泉と申告、選択の分かれ目
7 がっぽり儲けて源泉分離、わずかな額なら申告分離
6 それでは口座開設
5 とりあえず、資料請求
4 証券会社はどこにする?
3 株はどこで買える
2 背中を押したあの一行
1 騒がしい株主
はっぱ

TOPへ戻る

 
第2回

背中を押したあの一行

初めて買った「日経マネー」。隅から隅まで読み尽くした私は、その後図書館や本屋で類似雑誌を片端から読んだ。余剰資金とはいえ、なけなしの貯金が資金源である。できるだけ敵を知り尽くして作戦を立てねばならない。

情報誌やインターネットで、いろんな人がいろんなことを言っているのをイヤと言うくらい読んだ。ストラテジストだのアナリストだのといったおじさんたちのコメントにも、訳が分からないなりにとりあえずは目を通した。つらい作業だった。「今年の市場動向予想」とか、「これから注目される銘柄」なんて特集記事も最初は一生懸命読んだが、どうもすんなり腹に入らない。

唯一なるほどと膝を打ったのは「株は人気投票と同じ」というどこかのおじさんのコメントであった。これは、実際に取引を始めた今となっては、なるほどと実感できる言葉である。また、株とか経済に関しては小難しい理論がいろいろとあって、私もそれを一生懸命読んでいたわけだが、どうも一番つかみ所のない「人間の心理」というのが株価とか景況とかいうものを左右するかなり大きな要因ではないかと感じている。これについてはまた機会があれば書いてみたい。

さて、訳の分からないモノを闇雲に読むのはつらい作業ではあったが、やっただけのことはあった。このおかげで私は一つの真実にたどり着いたのである。一言で言えば、「株のことは決して誰にもわからない」。だから、私が自分の感性に任せて取引をしても、100%損するとは誰にも言えないし、一円も儲けられないと断言することもできないはずだ。

しかし周囲の人に「株ってね・・・」と話しかけると色好い反応ばかりではない。即座に返ってくる「損する」「やるもんじゃない」という声にも揺らぐ私。やっぱりやめた方がいいかなぁと迷う私の背中を押したのは、「新しい投資方法(特に株)を始めるのは吉」と書いてあった占いだった。その1行で、私はオンライントレードを始めることにした。

実際に取引を始めるに当たって、私は次の三つを心に誓った。

(1)実現していない損で悲嘆にくれて家族に迷惑をかけない。

(2)株の売買値は取引がすんだらすぐ忘れる。「もう少し安い値で買っておけば・・・」「もう少し高い値で売っておけば・・・」とくよくよしないこと。

(3)株資金は100万円とし、損失補填はしない。

いよいよ私もデイトレーダー!でも、株ってどうやって買うんだろ?

2001.02.02
CANE
※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク

株で暮らす!?
株で暮らす!?part1


 

定番ネットバンク

イーバンク銀行

ジャパンネット銀行


たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

小口輸入支援・販路ドットビズ

四柱推命による人生相談

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2001.01.26
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ