源泉と申告、選択の分かれ目

株で暮らす!?|CANE|たまごや

株で暮らす!?

はっぱ Part1 CANE

はっぱ

Part2 いしながんど

はっぱ

Part3 たまごや
はっぱ Part4 小倉エビス

CANEの株コラム

はっぱ 発行履歴
はっぱ 81号〜125号
はっぱ 41号〜80号

40 久々に利益
39 番外モスクワ紀行その二
38 番外モスクワ紀行その一
37 不透明感
36 友達と株の話をする
35 想像力
34 シミュレーション売買
33 「全面安」と言われても
32 株式新税制その2
31 株式新税制その1
30 溺れる二人
29 買ってしまった「株で勝つ」
28 投機から投資へ
27 耐えて待つ
26 取引の姿勢
25 営業ってどんなもの?
24 配当金!!
23 四季報の思い出
22 ナンピン地獄
21 買った株が上がったら
20 買った株が下がったら
19 2001年1月の戦果−暗黒時代の幕開け
18 2000年12月の戦果−暴落に呆然
17 2000年11月の戦果−せっせと売買
16 納めた7万円に想う
15 確定申告で涙
14 2000年10月の戦果−手数料を節約したい!
13 2000年9月の戦果−一夜にして・・・
12 2000年8月の戦果−ビギナーズラック?
11 銘柄を絞り込む
10 銘柄を選ぶポイント
9 薄利多売に賭けてみる
8 源泉と申告、選択の分かれ目
7 がっぽり儲けて源泉分離、わずかな額なら申告分離
6 それでは口座開設
5 とりあえず、資料請求
4 証券会社はどこにする?
3 株はどこで買える
2 背中を押したあの一行
1 騒がしい株主
はっぱ

TOPへ戻る

 
第8回

源泉と申告、選択の分かれ目

申告分離課税の場合、儲けた額に対して26%の税をかけられる。しかし、損をしたら(所得がないわけだから)税金はかからない。また、年に一回の確定申告で一年分をまとめて申告するから、一年の売買で出た損益を利益と相殺できる。

一方、源泉分離課税だと、儲けていようが損していようが、一律に売却代金の1.05%が差し引かれる。損が出た場合は申告分離課税を選択した方がよい。もし最初に選んだ方法と違っていても、売却時に指示できる。

さて、源泉分離課税は、「売却額の5.25%が利益」とみなし、その利益について20%の税金をかけている。この税額を求める計算式が「売却額X1.05%」となるわけだ。

では利益が売却額の10%だったら、逆に1%だったら?売却額にしめる利益率、これがどちらの方法を選択するかのカギになりそうだ。


<ケース1>*************

A株を800円で買い、900円で売る。売却額のうち利益率は約11%。(ただしわかりやすくするため、売買手数料はないものと仮定。ケース2も同じ)

買:800円X1000株=80万円
売:900円X1000株=90万円
純益:90万円−80万円=10万円

源泉:90万円X1.05%= 9,450円
申告:10万円X26%  =26,000円

<ケース2>*************

B株を800円で買い、810円で売る。売却額のうち利益率は約1.2%。

買:800円X1000株=80万円
売:810円X1000株=81万円
純益:81万円−80万円= 1万円

源泉:81万円X1.05%= 8,505円
申告: 1万円X26%  = 2,600円


選択の目安は利益率4%前後のライン。利益率がこれよりも下回っていたら申告分離課税の方がお得だし、超えていたら源泉分離を選択すべきだ。利益が大きくなればなるほど、圧倒的に源泉分離課税がお得なのである。

どうりで、みなさん申告分離課税の一本化に猛反対しているわけだ(当初、2001年の4月からはら申告分離課税に一本化されて源泉分離課税が廃止されることになっていたのが、延期された)。利益が大きくなるにつれて、源泉と申告の課税額の差はどんどん開いていく。一度の売却で20万、30万と儲けてきた人たちに、いきなり申告一本化はたしかにきついだろう。

「もしかしたら損するかもしれないし」と最初から弱気な私はとりあえず申告分離課税にマルをつけた。そして申込書を投函。お待たせしました、これでやっと口座開設である。

2001.03.16
CANE
※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク

株で暮らす!?
株で暮らす!?part1


 

定番ネットバンク

イーバンク銀行

ジャパンネット銀行


たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

小口輸入支援・販路ドットビズ

四柱推命による人生相談

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2001.01.26
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ