2000年11月の戦果
せっせと売買

株で暮らす!?|CANE|たまごや

株で暮らす!?

はっぱ Part1 CANE

はっぱ

Part2 いしながんど

はっぱ

Part3 たまごや
はっぱ Part4 小倉エビス

CANEの株コラム

はっぱ 発行履歴
はっぱ 81号〜125号
はっぱ 41号〜80号

40 久々に利益
39 番外モスクワ紀行その二
38 番外モスクワ紀行その一
37 不透明感
36 友達と株の話をする
35 想像力
34 シミュレーション売買
33 「全面安」と言われても
32 株式新税制その2
31 株式新税制その1
30 溺れる二人
29 買ってしまった「株で勝つ」
28 投機から投資へ
27 耐えて待つ
26 取引の姿勢
25 営業ってどんなもの?
24 配当金!!
23 四季報の思い出
22 ナンピン地獄
21 買った株が上がったら
20 買った株が下がったら
19 2001年1月の戦果−暗黒時代の幕開け
18 2000年12月の戦果−暴落に呆然
17 2000年11月の戦果−せっせと売買
16 納めた7万円に想う
15 確定申告で涙
14 2000年10月の戦果−手数料を節約したい!
13 2000年9月の戦果−一夜にして・・・
12 2000年8月の戦果−ビギナーズラック?
11 銘柄を絞り込む
10 銘柄を選ぶポイント
9 薄利多売に賭けてみる
8 源泉と申告、選択の分かれ目
7 がっぽり儲けて源泉分離、わずかな額なら申告分離
6 それでは口座開設
5 とりあえず、資料請求
4 証券会社はどこにする?
3 株はどこで買える
2 背中を押したあの一行
1 騒がしい株主
はっぱ

TOPへ戻る

 
第17回

2000年11月の戦果−せっせと売買

前々回、前回と2回連続で確定申告についての嘆きを聞いていただいたところ、読者の方から多数アドバイスやご意見を頂戴した。この場を借りてお礼を申し上げます。いただいたアドバイスにもあったのだが、「給与所得者が申告分離課税を選んだ場合、20万円の利益までは申告不要」ということを一点付け加えておきたい。私がその情報を知ったタイミングは最悪で、2000年12月も終わろうとしていた時期だった。利益は税込みで30万を上回っていた。

税金は年度でなく暦年で決算だから、12月で締めとなる。利益調整に残された時間は約1週間。何とか今から損失を出してトータルの利益を20万以内に押さえられないかとも思ったが、儲けるのが難しいのと同じように、狙った額をぴたりと損させるのも難しい。それより何より、わざわざ損するように売注文を出すなんてもったいなくて、私にはどうしてもできなかった。

そんなわけで私の2000年の利益は20万円をオーバーしてしまったのだ。振り返ってみるとオーバーした原因は11月のがんばりにあった。今回はそんな11月の戦果である。

これまでの日興ビーンズ一筋から東洋証券にも新たに口座を開き、11月から月額一万円の手数料で売買しほうだいコースを申し込んだ私は、この時を待っていた。何度売買しても定額なら売買数が多いほど得になる。私は今まで以上に燃えていた。

初めての売買から3ヶ月が過ぎ、ちょうど株取引そのものにも慣れた頃であったのだろうか。注文時のびくびくも少し薄れてきて、取引にのめり込んだ結果11月は買って売ってを8往復。月額利益は8万8千円(税込み)。ここでまた「12ヶ月この調子でできれば、年収100万(税込み)近い!」と捕らぬ狸の皮算用をしたことは言うまでもない。

参考までに売買銘柄は以下の通り。左から順に、銘柄(購入株数)、買値→売値、利益(税込み)である。

コナミ(100)    8,940→9,100 +16,000
コナミ(100)    8,990→9,240 +25,000
大林組(2000)     455→  458 + 6,000
コナミ(100)    8,850→9,000 +15,000
電気化学工業(3000)  400→  404 +12,000
コナミ(100)    8,750→8,830 + 8,000
全日空(3000)     352→  354 + 6,000
日本航空(1000)    473→  473       0

売買真っ最中は頭に血が上っているが、こうしてある程度時間を経て戦いを振り返ってみるとなかなか面白い。「同じ柳の下にドジョウはいない」というが、今振り返ると11月の私は2匹目、3匹目のドジョウを求めてコナミを盛んに売買していたようだ。そこそこ利益になっていたことに今さらながらビックリである。日本航空も、上がり方がよろしくなかったためか、さっさと売っている。利益0円でも何の気兼ねもなく売り払えるのは、定額手数料の強みだろう。また、ダメなものはダメと見切る潔さも必須である。

相場にもよると思うが、やはり「こまめに売買」は大きなポイントだ。一回の利益が少ないだけに、どれだけ回数が稼げるかが勝負どころと言えよう。ちなみに現在は、2001年1月に初めての大損をして(2001年1月の戦果編をどうぞお楽しみに)ちょっと恐怖心が出たため、全然回数をこなせなくなってしまった。

6月からは、更に手数料の安いコスモ証券の定額コース(よりによって私が始めようとした6月から、新料金体系とかで値上がり通告が来た)に乗り換えたので、また気分も新たに売買につとめたいと思っている。相場を眺めてブツブツ言っているだけでは損もしないが儲けにもならない。持っていない株はいくら値上がりしても売れない。とにもかくにも株を買わないことにはなにも始まらないのである。

2001.05.18
CANE
※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク

株で暮らす!?
株で暮らす!?part1


 

定番ネットバンク

イーバンク銀行

ジャパンネット銀行


たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

小口輸入支援・販路ドットビズ

四柱推命による人生相談

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2001.01.26
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ