2001年1月の戦果
暗黒時代の幕開け

株で暮らす!?|CANE|たまごや

株で暮らす!?

はっぱ Part1 CANE

はっぱ

Part2 いしながんど

はっぱ

Part3 たまごや
はっぱ Part4 小倉エビス

CANEの株コラム

はっぱ 発行履歴
はっぱ 81号〜125号
はっぱ 41号〜80号

40 久々に利益
39 番外モスクワ紀行その二
38 番外モスクワ紀行その一
37 不透明感
36 友達と株の話をする
35 想像力
34 シミュレーション売買
33 「全面安」と言われても
32 株式新税制その2
31 株式新税制その1
30 溺れる二人
29 買ってしまった「株で勝つ」
28 投機から投資へ
27 耐えて待つ
26 取引の姿勢
25 営業ってどんなもの?
24 配当金!!
23 四季報の思い出
22 ナンピン地獄
21 買った株が上がったら
20 買った株が下がったら
19 2001年1月の戦果−暗黒時代の幕開け
18 2000年12月の戦果−暴落に呆然
17 2000年11月の戦果−せっせと売買
16 納めた7万円に想う
15 確定申告で涙
14 2000年10月の戦果−手数料を節約したい!
13 2000年9月の戦果−一夜にして・・・
12 2000年8月の戦果−ビギナーズラック?
11 銘柄を絞り込む
10 銘柄を選ぶポイント
9 薄利多売に賭けてみる
8 源泉と申告、選択の分かれ目
7 がっぽり儲けて源泉分離、わずかな額なら申告分離
6 それでは口座開設
5 とりあえず、資料請求
4 証券会社はどこにする?
3 株はどこで買える
2 背中を押したあの一行
1 騒がしい株主
はっぱ

TOPへ戻る

 
第19回

2001年1月の戦果−暗黒時代の幕開け

年末に669円で2000株買ってしまった日産株、買うと同時に気持ちよく下がっていくのを目の当たりにしながら嫌な気分で年越しをし、21世紀を迎えた私。

売るべきか、売らざるべきか。年末年始頭の中はこればかりだった。

「売れ売れ」と囁きかける声は、私をこう説得する。・・・月定額の売買手数料を払ってるんだからとにかくガンガン売買しないと損!持っていたって上がるかどうかわかんないんだから、早いとこ損切りして別の銘柄で損をカバーするべし。今までの実績を持ってすれば、多少の損はすぐ取り返せる!とにかく資金を回転させることが大事なんだから、1週間以上もってたらアカン!!

一方、「売るな」と歯止めをかける声も聞こえる。・・・株の基本は長期保有。絶対また上がってくるから、少し様子を見るつもりで売らずにいるほうがいい。もう1、2週間様子を見て、せめて買った値段まで戻るのを待ってみたら?どうせ今日明日使うお金じゃないんでしょ。

どちらの幻聴も一理ありまくりで、私は大いに悩んだ。そして迎えた1月4日の大発会。日産株価は下がった。

私は売ってしまうことに決め、指値を思案。2000株買ったのを生かして、1000株ずつ別々の値段を指してみることにする。1月10日、625円と636円で1000株ずつ売った。年初早々7万7千円の大赤字である。あーあ、やっぱり去年の連勝は単なるビギナーズラックだったんだろかと思っていると、翌々日の12日には612円まで下がった。

この分だとまた600円を切るかもね。あれくらいの損で止めておいてよかったんだ、私は間違ってなかった!とちょっと浮かれたところを見事にガツンとつかれた。日産株はその日を境に上昇に転じ、1月の終わりにはあっさり700円を突破したのである。

700円突破以来、私は毎日日産株価を眺めながら、「もしも、もしも今日までもっておいて今売っていたらプラス6(残念ながらこの数字は日々増えてゆく)万円・・・・・・」とひっきりなしにため息をつくことになった。

逃がした魚にやっと諦めがついたのはまだつい最近のことだ。やっと、「いくら計算しても自分の懐には入ってこない」ことに気づいたので、いつの間にか計算しなくなっていた。とはいえ、ほんとに今までもっていて、今売っていたら軽く30万にはなっていたわけで、そうすると私は今頃かなり有頂天になっていて、投資資金に繰り入れて更に株にのめり込み、その情熱でまたまた連勝して・・・・・・とこんな想像してしまうあたり、全然諦めがついていない感じではある。

さて泣きながら売り払って作った資金、早速次の銘柄に投資して回転させなければいけない。いっぱい売買して手数料のモトを取らねば。今思えば私はこの時資金を回転させることばかり考えていて、要するに銘柄をさほど吟味せずに、過去に実績のある株で手頃な値段のものを適当に買った。それまでチャートくらいは丹念に見て買いを出していたのに、多分それすらも見ていなかったと思う。じゃあチャートを見たら必ず買いのポイントがつかめるか、と言われたら必ずしもそうばかりでもないのだが、やっぱり見ないよりは見た方がいい、のかもしれない。

日産を売り払った翌日の11日に日航を498円で1000株、15日に大林組を460円で1000株購入。そしてどちらも、買ったと同時に気持ちよく下がっていった。悪夢再び、である。かたや、手放したばかりの日産は上がってゆく。

なす術を知らず、私は1月を終えた。

2001.06.01
CANE
※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク

株で暮らす!?
株で暮らす!?part1


 

定番ネットバンク

イーバンク銀行

ジャパンネット銀行


たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

小口輸入支援・販路ドットビズ

四柱推命による人生相談

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2001.01.26
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ