取引の姿勢

株で暮らす!?|CANE|たまごや

株で暮らす!?

はっぱ Part1 CANE

はっぱ

Part2 いしながんど

はっぱ

Part3 たまごや
はっぱ Part4 小倉エビス

CANEの株コラム

はっぱ 発行履歴
はっぱ 81号〜125号
はっぱ 41号〜80号

40 久々に利益
39 番外モスクワ紀行その二
38 番外モスクワ紀行その一
37 不透明感
36 友達と株の話をする
35 想像力
34 シミュレーション売買
33 「全面安」と言われても
32 株式新税制その2
31 株式新税制その1
30 溺れる二人
29 買ってしまった「株で勝つ」
28 投機から投資へ
27 耐えて待つ
26 取引の姿勢
25 営業ってどんなもの?
24 配当金!!
23 四季報の思い出
22 ナンピン地獄
21 買った株が上がったら
20 買った株が下がったら
19 2001年1月の戦果−暗黒時代の幕開け
18 2000年12月の戦果−暴落に呆然
17 2000年11月の戦果−せっせと売買
16 納めた7万円に想う
15 確定申告で涙
14 2000年10月の戦果−手数料を節約したい!
13 2000年9月の戦果−一夜にして・・・
12 2000年8月の戦果−ビギナーズラック?
11 銘柄を絞り込む
10 銘柄を選ぶポイント
9 薄利多売に賭けてみる
8 源泉と申告、選択の分かれ目
7 がっぽり儲けて源泉分離、わずかな額なら申告分離
6 それでは口座開設
5 とりあえず、資料請求
4 証券会社はどこにする?
3 株はどこで買える
2 背中を押したあの一行
1 騒がしい株主
はっぱ

TOPへ戻る

 
第26回

取引の姿勢

最近、ちょっとまずいと思うことがある。このメルマガが、「株で暮らす!?」という大袈裟なタイトルを掲げていながら、実際の中身は独り言めいた株にまつわる思い出話に終始していることである。

買った!売った!儲けた!損した!といった、生々しい取引の模様を喜怒哀楽とともに綴りつつ、いつしか私が株だけで暮らしていくようになった姿を書きたいと最初は考えていたのだが、最近はどうだ。株で暮らす姿どころか、塩漬け中で資金がないものだから、取引すらできていない状態が続いて早2ヶ月ほど。

そもそも、どうして私が「株で暮らしたい」と思ったのか。今私は月給取りとして月々決まった給料をもらっている。しかし、仕事を辞めざるをえなくなる可能性が出てきた。辞めると当然収入はゼロ。もし私が美容師だったら、ハサミ一本でどこででも食って行けそうな気がする。薬剤師の免許でも持っていれば、すぐ次の勤め先も見つかりそうだ。いわゆる「手に職がある」というやつだ。

しかし残念ながら私は、いわゆる「手に職がない」一般事務屋で、今いる組織からぽんと放り出されて全く一人になったとき、すぐに次の日から自分だけでなにがしかのお金を稼げるような技能も才覚もない。

そこで私は考えたのである。「株をやって利益で暮らせばいい」。これなら資格不問。年齢不問。経験不問。オンライントレードなら、PCは今持っているし、プロバイダとも契約しているし、あとは証券会社に口座を開けばすぐに参加できる。

と言うわけで、「短期売買で利益確定」をモットーに売買に励み、昨年は自分ではそこそこだなと思える結果を出した。過去のメルマガに嬉しそうに書いたとおりである。そして今年になってからは一転、さっぱり結果が出ない。過去のメルマガに悔しそうに書いたとおりである。

今振り返ってみると、「辞める」ことが現実味を帯びていた時ほど、取引も真剣で熱心だった。今までの実績だけに限って言えば、利益額と熱心さを軸にとってグラフを描いたら、きれいに比例するだろう。ところが今は辞める可能性がゼロに近くなったため、「別に株利益がなくても暮らせない訳じゃないしね」という余裕が出てきて、いまいち身が入らない。塩漬けのままだらだら過ごしているのは、相場が下降気味だという現実以外に、こうした精神的な問題があるのではないか(それはそれで別に悪いことではないのだが)と思うのだ。

・・・そんなわけで、今回も思い出話になってしまったみたい。

2001.07.20
CANE
※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク

株で暮らす!?
株で暮らす!?part1


 

定番ネットバンク

イーバンク銀行

ジャパンネット銀行


たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

小口輸入支援・販路ドットビズ

四柱推命による人生相談

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2001.01.26
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ