久々に利益

株で暮らす!?|CANE|たまごや

株で暮らす!?

はっぱ Part1 CANE

はっぱ

Part2 いしながんど

はっぱ

Part3 たまごや
はっぱ Part4 小倉エビス

CANEの株コラム

はっぱ 発行履歴
はっぱ 81号〜125号
はっぱ 41号〜80号

40 久々に利益
39 番外モスクワ紀行その二
38 番外モスクワ紀行その一
37 不透明感
36 友達と株の話をする
35 想像力
34 シミュレーション売買
33 「全面安」と言われても
32 株式新税制その2
31 株式新税制その1
30 溺れる二人
29 買ってしまった「株で勝つ」
28 投機から投資へ
27 耐えて待つ
26 取引の姿勢
25 営業ってどんなもの?
24 配当金!!
23 四季報の思い出
22 ナンピン地獄
21 買った株が上がったら
20 買った株が下がったら
19 2001年1月の戦果−暗黒時代の幕開け
18 2000年12月の戦果−暴落に呆然
17 2000年11月の戦果−せっせと売買
16 納めた7万円に想う
15 確定申告で涙
14 2000年10月の戦果−手数料を節約したい!
13 2000年9月の戦果−一夜にして・・・
12 2000年8月の戦果−ビギナーズラック?
11 銘柄を絞り込む
10 銘柄を選ぶポイント
9 薄利多売に賭けてみる
8 源泉と申告、選択の分かれ目
7 がっぽり儲けて源泉分離、わずかな額なら申告分離
6 それでは口座開設
5 とりあえず、資料請求
4 証券会社はどこにする?
3 株はどこで買える
2 背中を押したあの一行
1 騒がしい株主
はっぱ

TOPへ戻る

 
第40回

久々に利益

11月である。今年のカレンダーも残り少ない。2001年を終えるまでに私にはどうしてもやっておきたいことがある。それは、年初に株で出した77,000円の赤字をなんとかゼロに、願わくは1,000円でもいいので黒字にもっていくことである。

悪戦苦闘しているうちに今年もあと2ヶ月。その間に赤字は減るどころか、実は含み損が30万円近くでてしまった。が、これは来年になったら30万円の利益をもたらす株に化けるかもしれないので、来年以降の勝負ネタとしてとっておくことにした(要するに塩漬け)。以前は、保有している株価がちょっと下がったといっては「○円損したー」と嘆いていたが、それをやっていると毎日泣いていないといけない。面倒なので、たとえ30万の含み損があろうとも見て見ぬふり。売り払って確定するまでは損と認めないことにした。

というわけで、目下のところは含み損には背を向けて、現実に損してしまった77,000円の回収を今年中に終わらせることに全力を注いでいる。1月に損して以来、3月までに5万円ほどは回収できたのだが、あと一息、3万円弱にてこずること約半年。

一回立ち止まってしまうと停滞が長い。すごろくで面白いくらい6の目が出てどんどん前に進んでいけるときがあるかと思うと、何回順番が回ってきても「ふりだしへ戻る」とか「犬にかまれて一回休み」というマスにはまってしまうことがあるが、この半年はずっとそんな感じだった。

ここらで気合を入れなおして、先日久々に買い注文を出した。銘柄は大林組、1000株。買値は500円。買ったはいいが、どれくらいあがったら売るべきか?悩む。ここで一気に赤字を解消したい。30円あがるのを待つか・・・それとも10円上がるのを3回繰り返すか。欲望と葛藤の末、結局は20円あがったところで売った。

実は売った後540円まで値をあげたのだが、過去のことは振り返らないことにして、とりあえずは手数料を引いた純益17,195円をありがたくいただく。売買して利益が出たのは今年の3月末に5千円の利益を出して以来、7ヶ月ぶり。

久々の「やった!」という感覚が懐かしい。そして久々の「これが毎日続けば17,000円X20日=340,000円の月収」という取らぬ狸の皮算用を性懲りもなく繰り返してしまう自分は、本当に学習能力が無い。ともかく、これで残りの赤字は9,626円となった。めでたしめでたし。

2001.11.05
CANE
※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

スポンサード リンク

株で暮らす!?
株で暮らす!?part1


 

定番ネットバンク

イーバンク銀行

ジャパンネット銀行


たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

小口輸入支援・販路ドットビズ

四柱推命による人生相談

あなたもライターになれる
お問合せ

創刊:2001.01.26
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ