微妙なキス

チョコレートカクテル

甘くそしてほろ苦い女と少女の間のゆらゆらを、村上佳奈美が独自の切り口でスッパリ書いていきます。愛と恋と性に関する女の本音をテーマにしたちょっといい話たち。カクテルグラスを傾けながらリラックスしてどうぞ。

村上佳奈美

チョコレートカクテル

マガジン発行履歴
あなたもライターになれる

41-95号

40 五十年恋人(上)
39 恋愛大臣!?
38 ヒニンのあれこれ
37 避妊具のCM
36 アンネのCM
35 おとなのしるし(下)
34 おとなのしるし(上)
33 セックスの風景
32 空想のなかで・・・
31 おにいさん
30 恋人といるとき
29 擬似恋愛
28 親の「現場」
27 いとやんごとなき人のオンナであること
26 「公」と「私」の分かれた男
25 恋愛ジプシーな女
24 ?のアルバイト
23 センセイと寝るということ
22 アイシテルダンギ
21 傷心旅行
20 幸せなセックス
19 男と女とそして・・・
18 そこにある憂鬱
17 微妙なキス
16 バージンエクササイズ(下)
15 バージンエクササイズ
14 ひとまえでキス
13 お返事の心得
12 男の手
11 バレんたいん
10 ふたりだけの愛言葉
09 サセ子ってなんじゃ
08 ラブホテル考(下)
07 ラブホテル考(上)
06 百人一首の「艶」
05 キスマーク
04 愛すべきバカ女たち
03 ブラジャーの話
02 惚れる条件
01 或る少女の恋物語
 
第17回

微妙なキス


恋愛にはタイミングがある。ふとしたことがキッカケとなって始まったりもすれば、ふとしたすれ違いで始まらないこともある。

ある夏のこと。私はある男性が気になっていた。完全に恋愛感情であるとまでは思わなかったが、ソウナッタライイかも・・と思っていた。彼のほうも若干私に気があるような様子が見てとれた。私たちは目でオスとメスの会話を交わし、実際に向かい合うときはまっさらな人間として笑顔で会話していた。

どっちからどうでるか?――それは微妙なかけひきだった。

ところが、そこへもうひとりの女登場。彼はその彼女の方も気になり始めたようだった。しばらくして彼はその女を選んだ。これまで積み上げてきた私と彼との小さな愛は、その突然の風に吹き飛ばされ、消えた。

私と彼とが小さな愛を数日の間育んでいたのは、誰も知らなかった。私自身も燃えるような恋情を彼に抱いてたわけではないので、それほどの痛みはなかった。

ある宴会のあと、彼は私に告げた。目で会話していたことを口にした彼。なせ彼は私を選ばなかったか――それはちょっとしたタイミング、ちょっとした私の態度によって、だと言った。なるほどなあ。恋愛ってタイミングだなあ。神様って面白い。そう思って、笑った。

「だから、ごめんな」・・・とかなんとか言って、彼は突然私の頬に手を添えキスをした。驚いた。突然のキスに驚いた、というのもあるが、それよりも驚いたのは、彼のキスの巧いこと。うひゃー。

―――ふ、ふーん、カッコイイことしやがって・・・。
そのとき私の胸はすこしばかりチクリときた。

それから一年ほど経っただろうか、その彼と彼女が別れたときいた。彼と私は相変わらず友達でいたから、ふたりの壊れていく話を彼からきいた。すると・・・なんと彼は再び私に対する想いを新たにした。私はその当時一人身(古い?この表現。笑)だったが、彼を友達とでしか見ることはできなかった。

これが1年前だったら――?と思う。でも私たちにタイムマシンはないのだ。だから男と女って、面白くて、哀しい。

2001.03.25
村上佳奈美

【DVD】恋の時間 DVD-BOX
楽天で「突然のキス」を探す


チョコレートカクテル|村上佳奈美


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

アンコールワット世界遺産

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

男と女のシーソーゲーム

私は恋愛体質な女

不倫のススメPart2

外国人の彼、日本人の私

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2000.11.26

更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ