想い出のクリスマス

人妻からくり物語
Part3

主婦の日常は平凡のようではあるけれど、山あり谷あり非凡な結婚生活。妻として母としての自分と、一人の女としての自分に挟まれながらも人生は大いに楽しみたい。普通の主婦が語るあなたの知らない「からくり物語」

山口ひとみ

人妻からくり物語

人妻からくり物語Part1
by らら美里
人妻からくり物語Part2
by みさき美桜
人妻からくり物語Part3
by 山口ひとみ
多重債務からの脱出Part2
by 山口ひとみ

山口ひとみ自己紹介

32 元カノ
31 高校受験とその後(後編)
30 高校受験とその後(前編)
29 単独外泊−彼−
28 単独外泊−友達−
27 輝ける場所
26 「縁」がもたらすもの
25 5周年−危機−その2
24 5周年−危機−その1
23 出戻りこぶ付き娘
22 5周年−逢瀬−その2
21 5周年−逢瀬−その1
20 5周年−恩−
19 夫婦性活2/2
18 夫婦性活1/2
17 浮気発覚2/2
16 浮気発覚1/2
15 理想の関係
14 素敵な関係
13 初めてのメル友2/2
12 初めてのメル友1/2

11

今年のV.D.計画?!

10

出会いと運命

9

12年ぶりの再会

8

縁 再び

7

想い出のクリスマス

6

なれそめ

5

引っ越しの理由

4

深夜の電話

3

夫婦の会話

2

モーニング・コール

1

ごあいさつ

 
第7回

想い出のクリスマス

前回に引き続き現在の夫(以下Mさん)との事です。

4月にMさんに想いを寄せてから、恐る恐る接していって、11月には一緒に布団に入れるようになったけど、友達以上恋人未満って感じ。その頃には勝手にMさんの部屋に入れるようになっていて、ドラマを見終わってからも、毎日昼休みはMさんの部屋に行ってくつろいだりしてた。Mさんは来たり来なかったりだったけど。

そんな感じで迎えたクリスマス・イブ。私は会社と家の往復の毎日で、自由に遊べる時間なんてなかった。そこで、親には残業すると電話で伝えて、1時間だけ時間を作った。昼休みは大忙し。プレゼントのセーターに、ケーキ・チキン・ワイングラス・ロウソク・紙皿とフォーク…等買いに行って、Mさんの部屋の小さなテーブルに所狭しと並べる。会社に戻ってMさんのデスクにメモを置いて準備完了。メモ用紙には‘良かったらMさんのお部屋で一緒にクリスマスしませんか?時間は17:30〜18:30。飲み物は用意して下さいね’と書いた。

午後4時頃、Mさんが私の所に来た。そして、「これから付き添いで出かけるんだけど、もしかしたら間に合わないかもしれない」と言われた。「時間まで待ってる」と言ったけど、かなり凹む。薄暗いMさんの部屋で、いまかいまかとMさんが来るのを待ち詫びた。どうか、間に合って…。祈るような気持ち。時間は刻々と過ぎていく。真っ暗になった外を見ながら窓ガラスに息を吹きかけて落書きしてた。そしてついにタイムリミット。プレゼントを枕元に置いてMさんの部屋を後にした。

翌日、いつものように昼休みにMさんの部屋に行ったら、テーブルの上は昨日のままだった。少ししてMさんも来た。「今からする?」と言ってみる。「ううん」そして、「昨日は間に合わなくてごめんね。今日の帰りは駄目?」と聞いてきた。2日続けては無理だよ〜。残念そうに「うん」と言ったら、「どうしても駄目?」って。Mさんから誘ってくれるなんて初めてだ。嬉しいけど、父の事も気になる。再び「うん」って言ったら、「少しだけでいいから」と食い下がるMさん。いつになく真剣な眼差しを向けられて、「少しだけなら」と答えていた。

Mさんが買ってきてくれたスパークリング・ワインで乾杯。ケーキは1日経っちゃったけど、切り分けてほおばる2人。帰る時間になって立ち上がったらMさんが「帰っちゃ駄目〜」って。酔うと陽気になるみたい。そして私の身体をくすぐってきた。私もお返しする。そうこうするうちに電車を1本遅らす羽目に。玄関先で「お別れのキスは?」と言われてドキッとしたけど、Mさんの頬にそっと口づけした。

次の日はMさんの誕生日だった。プレゼントには最後の手紙を添えて。なんたって締めくくりだからね。今更ながらっていう恥ずかしさはあったけど、この日までは自分の想いを貫くぞって思ってたし。Mさんが迷惑じゃなかったらこのままの関係でも傍にいたいって思ってた。その次の日かな、いつものように2人でMさんの布団で横になってたら、Mさんが「キスしてもいい?」って。とっさに、「カッコイイMさんだから恥ずかしい」って言ったら一瞬Mさんの唇が私の唇に重なった。感激っ!憧れのフレンチキス。時間が来て立ち上がって、服装を整えながら向かい合ったら、抱きしめられて「好きだよ」って。

クリスマスを機に親密になれたかな〜と思う。それから一波乱あって、子供を連れて家を出たのは約1年後なんだけどね。私の場合は、最初の結婚もその時も父から逃れたい気持ちが強くて、つき合ってる人の所に駆け込む形になっちゃったけど、結婚って俗に言う人生の延長線上にある事だと思ってる。そして人生(結婚生活を含む)は自分の気持ち次第なんじゃないかな。

☆メール、ありがたく読ませていただきました。個々にお返事は差し上げられないのですがこの場をお借りしましてお礼申し上げます。

2005.12.18

楽天で「スパークリングワイン」を探す
山口ひとみ


人妻からくり物語3|山口ひとみ


 

たまごや

オトコとオンナ

不倫のススメ

エッチの条件

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談


創刊:2005.09.24
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ