5周年−逢瀬−その2

人妻からくり物語
Part3

主婦の日常は平凡のようではあるけれど、山あり谷あり非凡な結婚生活。妻として母としての自分と、一人の女としての自分に挟まれながらも人生は大いに楽しみたい。普通の主婦が語るあなたの知らない「からくり物語」

山口ひとみ

人妻からくり物語

人妻からくり物語Part1
by らら美里
人妻からくり物語Part2
by みさき美桜
人妻からくり物語Part3
by 山口ひとみ
多重債務からの脱出Part2
by 山口ひとみ

山口ひとみ自己紹介

32 元カノ
31 高校受験とその後(後編)
30 高校受験とその後(前編)
29 単独外泊−彼−
28 単独外泊−友達−
27 輝ける場所
26 「縁」がもたらすもの
25 5周年−危機−その2
24 5周年−危機−その1
23 出戻りこぶ付き娘
22 5周年−逢瀬−その2
21 5周年−逢瀬−その1
20 5周年−恩−
19 夫婦性活2/2
18 夫婦性活1/2
17 浮気発覚2/2
16 浮気発覚1/2
15 理想の関係
14 素敵な関係
13 初めてのメル友2/2
12 初めてのメル友1/2

11

今年のV.D.計画?!

10

出会いと運命

9

12年ぶりの再会

8

縁 再び

7

想い出のクリスマス

6

なれそめ

5

引っ越しの理由

4

深夜の電話

3

夫婦の会話

2

モーニング・コール

1

ごあいさつ

 
第22回

5周年−逢瀬−その2

彼と出会い系サイトで知り合って5年。メールのやり取りを頻繁にしていたのも最初の1年で、今はもっぱら早朝1時間ほどの電話デート。

遠距離だったからお互いメールフレンドで充分だったんだけど、私は彼の人間性に惹かれて、彼は私の感覚のズレに面白みを感じたみたいで徐々に気持ちが傾いていった。

そうなると心は身体を求めてくる。身体は会わなければ結ばれない。前回は会えたものの生理中で空振りに終わってしまった。おまけに大失態。そこで今回は彼と結ばれる為だけに時間を費やすことにしたの。

昨年の11月のその日の朝は平静を装ってはいたものの心はここにあらずだった。私は彼の日程に合わせて会社の休みを平日に取り、通常通り会社に行くように自宅を後にした。表向きの理由もなく家族を偽るのは気が引けたけど、自分の目的の為にはいたしかたない。心は彼のもとに飛んでいってしまっていた。

飛行機に乗るのは10年ぶりかなぁ。片道の運賃は出そうと思っていたんだけど、彼へのプレゼント代とか、この日の為の洋服代とか算出したら出そうもなくて、結局彼に往復のチケットを購入してもらうことになってしまった。

雲の下に広がる大地を眺めながら、4年半の想いが吹き出して熱くなっていく感情に「胸が詰まる」ってこういう感じなんだろうな、と思いながら涙が溢れてきてしまった。

空港に着いて一目散にトイレに駆け込み鏡で全身をチェックする。だけどそのせいで出口が分からなくなってしまった。とりあえず人の流れに紛れて歩き続ける。やっと公衆電話を見つけて彼の携帯にかけることが出来た。「今着いたよ。今どこ?」「えっとねー、11番と12番の間くらいかな」私のゲートは37番だった。「分かった。まだまだ先だからもうちょっと待ってて」でも彼が言った番号に辿り着いても彼の姿は見当たらない。

私は携帯を持っていない。持ってる所持金は500円玉が1枚。10円玉も5枚あったけどもう使い切ってしまった。両替しようにも売店も見当たらない。

時間が無いのに!12時少し前に着陸したのにもう12時30分になろうとしていた。帰りの飛行機の時間は3時。このまま会えなかったら…。仕方ない、この辺ぶらぶらしていよう、なんて考えていたら目の前に添乗員の姿が!

何て事だ。私はひたすら搭乗口を歩いていた。「到着」と書かれているところが「出口」だったのだ。こんなことで30分のロス。

なんとか彼に会えた〜。けど、また出だしからドジを踏んでしまった。恥ずかしさと緊張で今回も顔を上げられなかった。

彼が差し出してくれたお茶が入ったペットボトルに口をつけることが出来ない。こんなに緊張してるなんて自分でも驚いた。その後も彼といる間は水1滴さえも喉を通すことは出来なかった。こんなことは初めてだ。

多分、なかなか会えないからいいセックスをしたい、良く思われたい気持ちが強くてプレッシャーになっていたのだと思う。だけど彼はそんな私の思いをよそに優しく私の身体を愛撫してくれた。

帰りの飛行機の中でも、彼のモノがまだ私の中に入っているようだった。そしてその日の夜、夫のモノが入った時、「違い」を感じた。

女性はそんなに気にしないのだけど、男性は自分のモノの大きさを気にするらしい。彼は「女性が胸の大きさを気にするのと同じだよ」と言ったけれど。

彼が後日聞いてきた。「僕とのセックスはどうだった?」って。「とっても良かった」って夫との違いを感じた事を話したら、「イラストを褒められるより、性格がいいと言われるより、何よりもセックスがいいと言われることが僕にとって一番嬉しい」

彼と身体の関係がなければきっと聞くことは出来ない言葉に思われた。これが彼の本音なのだろう。彼と身体が結ばれた事で、彼の心が今まで以上に私の中に入ってきたと思う。

2006.08.10
古本有理恵「scene 1」
楽天で「イラスト」を探す
山口ひとみ


人妻からくり物語3|山口ひとみ


 

たまごや

オトコとオンナ

不倫のススメ

エッチの条件

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談


創刊:2005.09.24
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ