5周年−危機−その2

人妻からくり物語
Part3

主婦の日常は平凡のようではあるけれど、山あり谷あり非凡な結婚生活。妻として母としての自分と、一人の女としての自分に挟まれながらも人生は大いに楽しみたい。普通の主婦が語るあなたの知らない「からくり物語」

山口ひとみ

人妻からくり物語

人妻からくり物語Part1
by らら美里
人妻からくり物語Part2
by みさき美桜
人妻からくり物語Part3
by 山口ひとみ
多重債務からの脱出Part2
by 山口ひとみ

山口ひとみ自己紹介

32 元カノ
31 高校受験とその後(後編)
30 高校受験とその後(前編)
29 単独外泊−彼−
28 単独外泊−友達−
27 輝ける場所
26 「縁」がもたらすもの
25 5周年−危機−その2
24 5周年−危機−その1
23 出戻りこぶ付き娘
22 5周年−逢瀬−その2
21 5周年−逢瀬−その1
20 5周年−恩−
19 夫婦性活2/2
18 夫婦性活1/2
17 浮気発覚2/2
16 浮気発覚1/2
15 理想の関係
14 素敵な関係
13 初めてのメル友2/2
12 初めてのメル友1/2

11

今年のV.D.計画?!

10

出会いと運命

9

12年ぶりの再会

8

縁 再び

7

想い出のクリスマス

6

なれそめ

5

引っ越しの理由

4

深夜の電話

3

夫婦の会話

2

モーニング・コール

1

ごあいさつ

 
第25回

5周年−危機− その2

カイ(彼)とは出会い系サイトで知り合って5年。メールが1年続いて、今はカイが仕事帰りの4時に私の自宅にかけてくれるモーニング・コールが2人の時間になってる。本来は私が新聞配達をするようになって、「起こす」目的だったのがおしゃべりタイムになってしまったの。楽しく終われればその日はルンルンなんだけどね。話がこじれると最悪。そんな時の事。

今年の1月にブログを始めたの。そこで知り合った人(以下Yさん)とメールをするようになったんだよね(第10回)カイとは毎日話をしてるからYさんのことも話すようになったの。Yさんはエリートって感じの人。私じゃ話が合わないんじゃないかと思ったけど、Yさんにとっては癒しになってるようだった。

その日の朝も何気なく「Yさんって強く念じれば大抵の事は叶っちゃうんだって」と言った途端カイは不機嫌になっちゃった。カイは幼少の時に母親を病気で亡くしてる。間もなく父親が再婚したんだけど、継母はカイに辛く当たったみたい。精神的な虐待を受けてきたカイにとって、順風満帆に生きてる人は虫が好かないらしい。

それに加えて私とメールすることで癒されてる事もカイの心情を煽ったみたい。「Yさんがどうのってことじゃないんだけど、例えば僕が山登りをしてるとするじゃない?やっとの思いで頂上に辿り着いたのに、Yさんはヘリコプターから降りてきたって感じかな。なんなんだよー、って感じ」それでも私がYさんとメールを続けるような事を話したら、「僕が嫌だと思う人とメールするなら僕とはもういいよ」と言われてしまった。

私が「ごめんなさい。もうYさんとメールしないから」と言ったら「そんなの判らないでしょ。それにYさんとメールを続けると言った時点で、もうどうでも良くなっちゃったんだ。僕の存在なんてこんなものだったんだ、って。だからもう終わりにしよう」と。そんなぁ、こんなことで?!

カイとYさんとは思い入れが全然違う。ただYさんに興味があったのは確か。どんな環境でどのように育てられてきたのか、とか物事に対する考え方とか。でもそれはメール上での事。カイはもっと身近な存在だ。関係を壊したくない。

「私はカイがいないと駄目なの。カイは私にとって大切な人なの。ごめんなさい。カイの気持ちを無視して。もう一度お願いします」何度言ってもカイは頑なに「もう終わり、ね。また嫌な思いをするだけだよ」と言うだけ。ずっと平行線のまま埒があかない。今回は本当に駄目になっちゃうのかな。カイの琴線に触れちゃったんだもん。気持ちが収まるまで粘るしかないか。

ずっと「ごめんなさい、お願いします」を繰り返してた。営業所から呼び出しがかかる5時半が過ぎても電話は切れないでいた。私から切ったら終わっちゃう。カイも自分からは切らない。切れない性分なのだと思う。沈黙が続いてカイが「もう行かないと」と言った。私が「このままじゃ切れない」と言ったら、「後で今の心境をメールして」と言われ、首の皮が1枚繋がった状態で電話を切ることが出来た。

このままカイと終わるなんて絶対嫌だ。理由はどうであれ、カイを不快にさせたのは事実。カイによく言われる。相手がどういう人間かよく考えて言葉を選ばないといけない、って。そのつもりじゃなくても、相手に不愉快な思いをさせたら、させた方にも責任があるって。カイとは些細な事が命取りになるから怖い。でも逆に繊細な気持ちに触れることが出来る。私にはいい勉強なのだ。

配達を終えて急いでカイにメールを送った。その日は寝つけずに、夜中カイの仕事中に電話してしまった。「Yさんの状況に嫉妬しちゃったんだな。こんなに感情的になるなんて自分でも驚いたよ。ひとみが誰とメールしようが止めさせる権利なんて僕にはないのにね。ごめんね」だって。でも、メールは功を奏したみたい。

この事があってからYさんとメールをしなくなった。Yさんとは貴重な時間をもてたと感謝しているし、短い時間だったけど自分の糧になったと思う。私にとってカイは夫同様大切にしたい人。カイの幼少時代に作られた「闇」の部分を受け入れて、また少しでも火を灯せたらいいなと思ってる。カイとはずっと話が出来る関係を続けていきたいから。

2006.09.22
No.62 最新ラジコンヘリコプター金属パーツ多用モデル テールドライブ:ベルトタイプ

楽天で「ヘリコプター」を探す

山口ひとみ


人妻からくり物語3|山口ひとみ


 

たまごや

オトコとオンナ

不倫のススメ

エッチの条件

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談


創刊:2005.09.24
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ