開花

人妻からくり物語
Part2

人妻…このどこか淫靡でエロティックな言葉にあなたは何をイメージしますか?人妻のモラル&インモラルな生態&日常を様々な視点から綴る人妻行動学。みさき美桜が語ります。

みさき美桜

人妻からくり物語

人妻からくり物語Part1
by らら美里
人妻からくり物語Part2
by みさき美桜
人妻からくり物語Part3
by 山口ひとみ

みさき美桜自己紹介

31

あとがき

30

スロウ(最終回)

29

闘うオトコ

28

刹那

27

リバウンド?

26

イエローカード

25 秋風
24 夏のおわりに。
23 温度差
22 リミット&リセット
21 アタリマエのこと
20 開花
19 NEO
18 青天の霹靂
17 シフトチェンジ
16 ヒ・メ・ハ・ジ・メ
15 恋するカラダ
14 キーパーソン
13 きっかけ
12 モノより想い出
11 不透明な未来
10 ONE DAY
9 フリーズ
8 ONとOFF
7 セカンド・バージン
6 夜がコワイ
5 夏の虫
4 無償労働
3 口紅
2 スイッチ
1 ごあいさつ
TOPへ戻る
 
第20回

開花

皆様、ご機嫌いかがですか?

あちらこちらから、桜開花の便りが届くようになりました。この週末には、お花見を楽しんだ方もおられるかもしれませんね。私が住んでいるトコロでは、開花宣言はあったものの、寒の戻りの影響からか、やっと蕾が綻び始めたカンジです。

ここ最近の私はホントに忙しく、実は開花宣言がいつ出されたのか知りません。

気が付いたら「咲いたの?」という状態で、それどころか、土筆も今年は取れずじまい。あの“つくしの玉子とじ”を食べないと、どーも春が来た実感がないのです。土筆取りは面白いのだけど、意外と重労働で、はかまの掃除は大変で、それでも春を実感したくて、オットットの喜ぶ顔が見たくて、毎年励んでおりましたが、気にしてはいたものの、タイミングを逸して、土筆争奪戦に負けました(笑)最近では旬の味覚として、スーパーではかまを取り終えたモノを売ってはいるのですが、それではチョト趣きが違うような気がして…結局諦めました。

私が忙しくしている間にも、春はどんどん広がっています。

コツバメは、桜の開花とほぼ同時に、200q離れた故郷に帰っていきました。最後の逢瀬の朝、「行ってきます。」の言葉と小さなRingをひとつ残して。

その時の、現実に向かって重い歩を進める痛々しいほどのカレの後姿と、最後に振り返ったカレの今にも泣き出しそうな表情が、私の心に焼き付いたままです。

この2週間、考えうる限りの方法で時間を作って、カレと過ごしました。残された僅かな時間の中で信じられない位の逢瀬を重ねて、お互いを確かめ合いました。

今では、それも過ぎてしまったコト。

私の生活のそこここにコツバメとの想い出が刻まれていて、時も場所も選ばずに、突然ナミダが込みあげて来るコトもしばしば。それでも、時間と距離を越えて続けるコトを決めた私達に未来があると信じたいのです。

現実は、そんなに簡単ではないけれど。

おととし、初めて2人で見た桜は、ホントに見事なものでした。雨上がりの澄んだ夜空に、ぽっかりと美しい月が浮かんで、その芳しい香りの中、まるで静止したかのように桜達は咲き誇っていました。

あまりに印象深かったので、この時の“美しい桜”からペンネームをもらいました。

去年の桜は雨。車窓から見上げるだけで終わりました。

そして今年は…勇気を出して、ひとりで満開の桜を見に行ってみようと思っています。

木々は芽吹き、生き物達は動き始めました。そして世の中も新しく始まろうとしています。皆様方の中にも新しい生活が始まる方がおられるのでしょうね。新生活の始まりに相応しい、素敵なスタートがきれるとイイですね。

春は、旅立ちの季節でもあります。私もそろそろ新しい生き方を探し始めるトキが来ているのかもしれません。

2004.03.30
 
みさき美桜

人妻からくり物語2|みさき美桜


 

たまごや

オトコとオンナ

不倫のススメ

エッチの条件

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2003.06.29
訪問者数:カウンター
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ