温度差

人妻からくり物語
Part2

人妻…このどこか淫靡でエロティックな言葉にあなたは何をイメージしますか?人妻のモラル&インモラルな生態&日常を様々な視点から綴る人妻行動学。みさき美桜が語ります。

みさき美桜

人妻からくり物語

人妻からくり物語Part1
by らら美里
人妻からくり物語Part2
by みさき美桜
人妻からくり物語Part3
by 山口ひとみ

みさき美桜自己紹介

31

あとがき

30

スロウ(最終回)

29

闘うオトコ

28

刹那

27

リバウンド?

26

イエローカード

25 秋風
24 夏のおわりに。
23 温度差
22 リミット&リセット
21 アタリマエのこと
20 開花
19 NEO
18 青天の霹靂
17 シフトチェンジ
16 ヒ・メ・ハ・ジ・メ
15 恋するカラダ
14 キーパーソン
13 きっかけ
12 モノより想い出
11 不透明な未来
10 ONE DAY
9 フリーズ
8 ONとOFF
7 セカンド・バージン
6 夜がコワイ
5 夏の虫
4 無償労働
3 口紅
2 スイッチ
1 ごあいさつ
TOPへ戻る
 
第23回

温度差

不思議なもので、立秋を過ぎた辺りから、風の中に秋の気配が感じられるようになりました。
真昼の暑さは相変わらずだけれど、季節は確実に動いているのだと実感する毎日です。

あの猛烈に暑くて慌しかった夏も、もうおしまい。

何がそんなに慌しかったのかといえば、父の他界後、身動きできない程、様々な行事や予定が立て続けに押し寄せてきて、悲しみに浸る時間もなかったからなのです。

お役所等の名義変更から始まって、葬儀関係の参列者名簿の整理と香典返しの打合せ。
そして満中陰法要(忌明け法要)を行う為に、家中をひっくり返して荷物の整理に大掃除。
母の希望で、庭の手入れと整備。それらの合間を縫って訪問客の応対…。

「これからが忙しいよ。」といろいろな方から助言を頂いておりましたが、いやはや本当に忙しい夏でした。  もちろん仕事をしながらでしたので、よくぞ倒れなかったものだと、自分で自分を誉めてあげたいくらいです(苦笑)

そんな中訪れた、とある休日。やっとの思いで作り出した1日。ここぞとばかりに溜まっていた家事を片付け、一日の予定を全て終えて、少し横になろうと思ってのんびりしていた時に事件が起こりました。

こともあろうに、オットットからのお誘い。

確かに私はここ数ヶ月、カレにいろいろと寂しい思いをさせていたのは事実。「申し訳ないなぁ…。」とは思いつつ、まだまだこの先忙しいコトは分かっていたし、気分的にどうしても乗り気にはなれません。

優しくやんわりと諭すようにお断りすれば良かったのだけれど…余裕のない私の口から出たのは、どちらかと言うとぶっきらぼうな一言。

オットットは完全にすねてしまいました。そして珍しく自分の本心を話し始めました。

お互いに自分の事に一生懸命で、時間がすれ違ってしまうのは仕方ないけれど、今は二人の時間がなくて寂しいコト。私に子供が出来ないコトはほぼ決定的だと分かっているけれど、まだ子供を持つ事を諦めてはいないコト。今の状態が続くようなら、結婚生活を続けていても意味がないコト。それよりもお互いに自分の人生を有意義に過ごしながら、会いたい時に会うほうが前向きな人生を送れるかもしれないとも思う時があるコト。

「いろいろ言ったけど、少しゆっくり考えて。」と言ってカレは別の部屋に移動し、それから2週間、口をきいてはくれませんでした。

本当に心優しいオットットです。カレが私を想うキモチには嘘も偽りもありません。

私はカレの言葉をうすぼんやりと聞いていました。それはとても暖かくて、とても哀しい悲鳴のようにも聞こえました。

二人の、そしてお互いの選択の結果、微妙に生じた温度差。
この温度差に焦点を当ててしまおうか、それとも、そっと蓋をして同じ温度になるのを待ってみようか。

難しい選択です。“結婚とは忍耐を学ぶ場所”…そんな言葉が、私の頭の中でいつも響いています。

2004.08.22
 
みさき美桜

人妻からくり物語2|みさき美桜


 

たまごや

オトコとオンナ

不倫のススメ

エッチの条件

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2003.06.29
訪問者数:カウンター
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ