イエローカード

人妻からくり物語
Part2

人妻…このどこか淫靡でエロティックな言葉にあなたは何をイメージしますか?人妻のモラル&インモラルな生態&日常を様々な視点から綴る人妻行動学。みさき美桜が語ります。

みさき美桜

人妻からくり物語

人妻からくり物語Part1
by らら美里
人妻からくり物語Part2
by みさき美桜
人妻からくり物語Part3
by 山口ひとみ

みさき美桜自己紹介

31

あとがき

30

スロウ(最終回)

29

闘うオトコ

28

刹那

27

リバウンド?

26

イエローカード

25 秋風
24 夏のおわりに。
23 温度差
22 リミット&リセット
21 アタリマエのこと
20 開花
19 NEO
18 青天の霹靂
17 シフトチェンジ
16 ヒ・メ・ハ・ジ・メ
15 恋するカラダ
14 キーパーソン
13 きっかけ
12 モノより想い出
11 不透明な未来
10 ONE DAY
9 フリーズ
8 ONとOFF
7 セカンド・バージン
6 夜がコワイ
5 夏の虫
4 無償労働
3 口紅
2 スイッチ
1 ごあいさつ
TOPへ戻る
 
第26回

イエローカード

月がキレイな季節になりました。皆様、ご機嫌いかがですか?

夏の終わりに久しぶりにコツバメに逢いました。あぁ!いったい何ヶ月ぶりだったでしょう?

メールや電話では変わらず連絡を取っているので、あまり距離感はなかったのですが、それでも久々の再会に、胸が締め付けられるような緊張を感じずにはいられませんでした。

その日もコツバメは、ハードスケジュールをムリヤリ切り上げての行動で、私の元へ到着したのは夕方。
深夜に及ぶ激務の毎日はカレを少し疲れさせ、なおさらスリムに変えていました。

“見つめあったら言葉はいらない”というワケで、絡みあった視線の後には二人ハグするシルエット♪

これは夢かうつつか幻か…でもコツバメの声も視線も体温も現実で、私を抱きしめる腕の力強さも、耳に届くその息遣いも今確かにココにあるのだと実感できたときに、ようやく嬉しさがこみ上げてきました。

再び、このときが訪れるのを信じて、星に願い、月に祈り、何度眠れぬ夜を過ごしたコトでしょう?

そして、夜。仲良くグラスを酌み交わしているときに、それは起こりました。
なんと、ひょんなコトからコツバメが数回ヘルスに行ったコトが発覚!場の空気が変わりました。

男性の皆様、ごめんなさい。
私は基本的に、フーゾクへ行くオトコの人が苦手です。(誰でも?)
だって、不特定の女性と楽しく戯れるその行為も許せませんし、なにより【ビョーキがコワイ】のですヨ。
今までも、そういう癖のある方は敬遠してきましたし、もちろんコツバメにも伝えてあります。

それなのに、それなのに、それなのに…です。あんまりだと思いません?
もうっ!なんで言うかなぁ?せめて知らなきゃ良かったなぁ!
・・・ってコトで、初のイエローカードのお出ましです。

でも私も大人です!大人ですから、分かっています!分かっていますとも〜!
(↑↑↑ みさき、珍しくアツくなっております。)

♂のセカイでは、まるで“呑みに行く”感覚で、それがアタリマエのように行われているコトも。
本能が欲する強い欲望とそのカイカンを知ってしまったモノには、抗うコトなど出来るわけじゃないコトも。
そして本人が主張するように、自分の意思ではなく、あくまでも“お付き合い”であるコトも。

全部頭では理解出来るのですが、ココロ…というか、多分生理的な部分が納得しないのです。

同じニンゲンと言えども、オトコとオンナは別の生き物。
理解し合える部分と、到底理解出来ない部分があるのは、仕方のないコト。

過ぎてしまったコトを怒る訳にもいかず、でもココロのモヤモヤは収まらず、ただただ悲しくなるばかりで、イエローカードを掲げた私は、その夜、ひさしぶりにお酒に呑まれました(笑)

コツバメが言うには、そのあとフィジカルで、アクロバティックな展開が繰り広げられたそうなンですが、私には一切の記憶がありません。多分、お酒のチカラを借りて封印してしまったンだと思います。

あ〜ぁ、世の中には、知らないほうがイイことってたくさんありますねぇ(笑)

2004.10.05
 
みさき美桜

人妻からくり物語2|みさき美桜


 

たまごや

オトコとオンナ

不倫のススメ

エッチの条件

チョコレートカクテル

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2003.06.29
訪問者数:カウンター
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ