プチ悩み

人妻からくり物語

若者が結婚離れをしているという。結婚は女性に不利な事が多いともいわれる。確かにそういう事も多いけどまだまだ結婚も捨てたものじゃないヨ!専業主婦って暇そうだ!何をして何を考えてるんだ!お教えしましょう!

らら美里

人妻からくり物語

人妻からくり物語Part1
by らら美里
人妻からくり物語Part2
by みさき美桜
人妻からくり物語Part3
by 山口ひとみ

らら美里自己紹介

25 井戸端会議
24 双子主婦
23 バレンタイン
22 男の弱音
21 女の嫉妬心
20 お付き合いにはお金がかかる。
19 付き合いの良い男
18 携帯電話考
17 マンネリ
16 夫婦愛?!
15 家庭での性教育
14 失恋経験
13 銀座でのアルバイト2
12 銀座でのアルバイト1
11 離婚について思う事
10 ドジな話
9 ラブホテル
8 主婦友達関係
7 ソープ疑惑
6 亡き父の事
5 置き去りの恋心
4 プチ悩み
3 春の夜道(お風呂屋さんを思う)
2 (男子)母の悩み
1 ソルトレークの不純な楽しみかた。
0 スポーツ新聞
TOPへ戻る
 
人妻からくり物語

[04]プチ悩み


本当につまらないことだが、毎日の生活には悩みがつきない。
私の感じるプチ悩みをちょっと公開。

・便座が冷たい

すわった瞬間に便座カバーが濡れている。
タオル地がぬれた上に座ってしまう感触は恐怖だ。
これは3才の長男がおしっこする際にひっかけるのである。
それも右側の便座カバーだけに。
だから私は、便器に座って右のお尻だけを持ち上げる
とても奇妙な格好で用をたさなければならない。

・部屋がきたない

それも半端な汚さではないのである。
部屋が散らかってるのはもち論の事。
なんとタンスの引き出しを開けたら、
カール菓子が20個程度きれいに整列していたのには、まいった。
又、冷蔵庫にテレビのリモコンが入っていたり、炊飯器にアンパンマンが
入っている現象もおきている。
おそるべし、2、3才児である。

・結露がすごすぎ

朝起きるとまず目に入ってくる物は窓の結露である。
窓1面びっしょりと濡れている。
ハッ〜〜。っとなんか脱力してしまう瞬間である。
ものぐさな私は結露をふくはずもなく、そのままにしておく。
そうすると起きてきた子供たちが窓に新聞広告をはりまくる。
我が家の窓はモデルルーム公開中や、醤油1本98円!お一人様1本限り
の文字で埋め尽くされるのであった。
又、窓枠の黒かびも悩みの種である。
悩んでいる間に掃除しろ!って感じもするが。。。

・洗濯物がかわかない

とにかく我が家のベランダは日光があたらない。
そのため冬場などは朝から洗濯しても
なかなかカラッと乾かない。
仕方がないので一晩、家のなかに干す事になる。
見上げると子供のパンツや私のブラジャーが干してある。
そこでのHはちょっと悲しいものがある。。

・バカという子供

私は1年半くらい前に関東から大阪に引っ越してきた。
最近言葉をしゃべりたくてたまらない2才児。
どういうわけか覚えてほしくない言葉が大好き。
今は何かというと「バカ!」である。
私が関西に引越して来る時、友人がくれたアドバイスは
「関西でバカって言うとすごくきつく思われるらしいよ。」
実際関西の友人に聞いた所、バカではなくアホをよく使うとの事。
人前で子供が「バカ」と言おうものなら、
オロオロと、「バカじゃなくアホと言いなさい」と
よく分からない注意をする私であった。

その他諸々、私の日常はプチ悩みのオンパレードだが「今日も楽しく」をモットーに、細かい事はなるたけ気にしないように暮らしている。

2002.04.11
 
らら美里


人妻からくり物語


 

たまごや

オトコとオンナ

男と女のシーソーゲーム

不倫のススメ

エッチの条件

チョコレートカクテル

誰にも言えない私の秘密

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.02.26
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ