銀座でのアルバイト-2-

人妻からくり物語

若者が結婚離れをしているという。結婚は女性に不利な事が多いともいわれる。確かにそういう事も多いけどまだまだ結婚も捨てたものじゃないヨ!専業主婦って暇そうだ!何をして何を考えてるんだ!お教えしましょう!

らら美里

人妻からくり物語

人妻からくり物語Part1
by らら美里
人妻からくり物語Part2
by みさき美桜
人妻からくり物語Part3
by 山口ひとみ

らら美里自己紹介

25 井戸端会議
24 双子主婦
23 バレンタイン
22 男の弱音
21 女の嫉妬心
20 お付き合いにはお金がかかる。
19 付き合いの良い男
18 携帯電話考
17 マンネリ
16 夫婦愛?!
15 家庭での性教育
14 失恋経験
13 銀座でのアルバイト2
12 銀座でのアルバイト1
11 離婚について思う事
10 ドジな話
9 ラブホテル
8 主婦友達関係
7 ソープ疑惑
6 亡き父の事
5 置き去りの恋心
4 プチ悩み
3 春の夜道(お風呂屋さんを思う)
2 (男子)母の悩み
1 ソルトレークの不純な楽しみかた。
0 スポーツ新聞
TOPへ戻る
 
人妻からくり物語

[13]銀座でのアルバイト-2-


我が家は転勤で四国に引っ越してきました。四国は自然が多く、子供を育てるのにはとても良いと思います。こっちに来てはじめて「かぶとえび」を知りました。田んぼに水を張った数日後におたまじゃくしの小さいようなものがたくさん現れました。これが全部かえるになったらどうしよう!?家の隣の田んぼを恨めし気に眺めていました。

後日、それはおたまじゃくしではなく、「かぶとえび」だと近所の方に教えてもらいました。30数年間知らなかった常識を知る事が出来きてとても嬉しかったです。(このあたりでは、かぶとえびは常識らしい)この夏の大きな収穫は「かぶとえび」を知った事。今週も先週に引き続き銀座のお話です。

私はたいした学校もでていなかったし、とびぬけて美人でもなかったし、金持ちでもなかった。これといって自信がある事はなに1つなかった。しかし、銀座でバイトを始めてから「私は銀座の女」みたいな妙な自信がでてきたのである。たかがバイトの分際で図々しい話だが。。。その自信が昼の仕事にもプラス方向に働いた。私はどうも押しが弱い面があった。しかし、私の妙な自信は昼の仕事でも「私は銀座の女。こんな事には負けてたまるか!」というような調子で押しの強いタイプに変わってきたのである。人間を動かす、自信という心はすごいものがあると思う。

話は飛んでしまうが、私は小学校の頃は作文が得意だった。先生にも良く誉められた。文を書く事は好きで日記などもよく書いていた。そう、あの日までは。高校3年の国語表現の授業で「母」について書いた。その評価がCだったのである。今思えば作文に評価がつくのも変な話だが。。それからすっかり自信をなくしてしまい日記なども書く気にならなかった。数年後、高校生の頃の日記を読み返してみた。これが結構面白いのである!それから又自信を取り戻し、ちょろちょろ書き初め今に至る。

自信とはもろく、くずれ、また立ち直るものだとその時学んだ。

銀座でのバイトで気づいた事がある。それは、男に媚びを売ってもいいという事。それまで私は男の前で態度が変わる女が大嫌いだった。だから男のまえでも、女の前でも本当の自分でいたいと思っていた。そして、それが魅力ある女性と思いこんでいた。(う〜ん。若い)しかし、客商売なので本当の自分だけでは物足りなさがあるのでは?と気づきはじめ、自分をちょっと男好みに演出してみた。洋服、髪型、会話の反応など。これが結構楽しくて。

今まで自分が信じていた自分らしさは、逆を返せば努力が足りなかったのかもと思ったりした。それからは、媚びまではいかないまでも、日常でちょっと自分を演出してみたりするようになった。その演出がなくなったのが、主婦だったりする。(ごめんなさい。思わず謝っちゃいます。)

でも、今の主婦って奇麗にしてる人が、たくさんいると思う。みんな努力してると思う。奇麗さやイメージを維持するのって本当に大変なのだ。男の人達には分からないだろうけど眉毛の処理や無駄毛の処理。はたまた体型維持管理。化粧や洋服の工夫。だから結婚したり、子供産んでからも演出しつづけている人、とても立派だと思う。

皆さんのご興味がある事は「女の子うけするお客さんは?」ではないだろうか?これはいたって簡単。えらぶらないで普通の人。普段偉い方でも、夜のお店は一般人になってほしい。偉ければ偉い人程。

とても偉いのに「えらぶってないよね。」と好感度アップである。たまの自慢話はご愛敬であるが。。。女の子の話をにこにこ聞いてあげる人はそれだけで好感度アップである。

一番のタブーは女の子を馬鹿にしている事である。言葉にこそださなくても、女も馬鹿じゃないからそういう心って感じとる事が出来るのである。又、H系の話題ばかりもいただけないように思う。ある程度仲良くなってきたらともかく、初めのうちは程々に。

まだまだ残暑がありますが、皆様くれぐれもお体大切に。

2002.08.13
 
らら美里


人妻からくり物語


 

たまごや

オトコとオンナ

男と女のシーソーゲーム

不倫のススメ

エッチの条件

チョコレートカクテル

誰にも言えない私の秘密

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.02.26
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ