家庭での性教育

人妻からくり物語

若者が結婚離れをしているという。結婚は女性に不利な事が多いともいわれる。確かにそういう事も多いけどまだまだ結婚も捨てたものじゃないヨ!専業主婦って暇そうだ!何をして何を考えてるんだ!お教えしましょう!

らら美里

人妻からくり物語

人妻からくり物語Part1
by らら美里
人妻からくり物語Part2
by みさき美桜
人妻からくり物語Part3
by 山口ひとみ

らら美里自己紹介

25 井戸端会議
24 双子主婦
23 バレンタイン
22 男の弱音
21 女の嫉妬心
20 お付き合いにはお金がかかる。
19 付き合いの良い男
18 携帯電話考
17 マンネリ
16 夫婦愛?!
15 家庭での性教育
14 失恋経験
13 銀座でのアルバイト2
12 銀座でのアルバイト1
11 離婚について思う事
10 ドジな話
9 ラブホテル
8 主婦友達関係
7 ソープ疑惑
6 亡き父の事
5 置き去りの恋心
4 プチ悩み
3 春の夜道(お風呂屋さんを思う)
2 (男子)母の悩み
1 ソルトレークの不純な楽しみかた。
0 スポーツ新聞
TOPへ戻る
 
人妻からくり物語

[15]家庭での性教育


やっと少し涼しくなってきました。秋のにおいがしてきたように感じます。秋の夜、外に出てて空を見上げると秋のにおいを感じます。

先日幼稚園のお母さん達と井戸端会議をしていた。みんな男の子を持つお母さん達だった。他愛もない話をしているなか、B君のお母さんが
「私、Bには高校生になってもHさせないつもり」
「良い女じゃなきゃ、Hしちゃいけないと言うわ!」
と言い出した。
幼稚園の中でも暴れん坊で、ませているB君のお母さんの発言だけに私達は苦笑して話しを聞いていた。
「良い女の基準はなによ?」と質問したらそうね〜と笑っていた。
「それにB君のありあまるパワーを押さえるのには相当苦労しそうだね。」
「第一、自分は高校生の頃そんな事、親に言われたら、聞いたの?怪しいわ〜」
とみんなに散々いわれてたが、、(笑)

このように今時のお母さん達は結構性のことに関してはオープンに雑談の中にくみいれて話をしたりする。しかし、これが対、親子になると話しは別でなかなか家庭での性教育は難しいという人が多い。私が以前、参加した子供への性教育という講座では日常的な会話に性のことをとりいれて性のことに関して夕食の話題にもでるくらいなんの変哲もない話題にしてしまおうというものだった。だから物心つくかつかないうちから、性のことに関しては正しく教えましょう!ということなのだ。

しかし、やはり親子間で性の事に関して語るのは恥ずかしい気持ちになってしまう。まず第一に、私が両親と性の話を1度もしたことがないし妹などともそういった話をしたことがない。親友の初体験などはいつどこで誰とどんな風にまで知っているのに妹に関しては全く分からない。以前妹が1人暮らしをした時、家でマイルーラーを見つけた事があった。その時はとてもショックを受けた。妹もそれなりの年齢だからセックスすることはあたりまえなのに、身内のことは冷静に受け止められない。

しかし、私と同じくらいの年代でも(30代です)性に関してオープンだった家庭の子もわずかであるがいる。お風呂も家族で入るのは当たり前だし、「セックスするときはコンドームは絶対忘れるな」などと日常会話で出てくるとのこと。我が家では考えられなかったその様な状況にただびっくりするばかりだった。そしてそのような家庭でそだった子達の共通点を見つけた。真っ直ぐなのである。スッーと伸びたつ感じがする。そして正直な感じだ。たまたま私の周りのオープンな家庭の子達がその様な性格だったのかもしれないが、、家庭の性に対する考えかたと、彼女らの性格には深く関係するものがあるように思う。

まずは我が家の性教育を成功させるには私自身が身内と性を話すことに慣れなければと思う。今度実家に帰った時、思い切って母に「お母さんの初体験って、いつ?」とでも聞いてみようか。考えただけでもドキドキして恥ずかしい。やっぱ無理だろうな〜。

2002.09.13
 
らら美里


人妻からくり物語


 

たまごや

オトコとオンナ

男と女のシーソーゲーム

不倫のススメ

エッチの条件

チョコレートカクテル

誰にも言えない私の秘密

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.02.26
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ