夫婦愛?!

人妻からくり物語

若者が結婚離れをしているという。結婚は女性に不利な事が多いともいわれる。確かにそういう事も多いけどまだまだ結婚も捨てたものじゃないヨ!専業主婦って暇そうだ!何をして何を考えてるんだ!お教えしましょう!

らら美里

人妻からくり物語

人妻からくり物語Part1
by らら美里
人妻からくり物語Part2
by みさき美桜
人妻からくり物語Part3
by 山口ひとみ

らら美里自己紹介

25 井戸端会議
24 双子主婦
23 バレンタイン
22 男の弱音
21 女の嫉妬心
20 お付き合いにはお金がかかる。
19 付き合いの良い男
18 携帯電話考
17 マンネリ
16 夫婦愛?!
15 家庭での性教育
14 失恋経験
13 銀座でのアルバイト2
12 銀座でのアルバイト1
11 離婚について思う事
10 ドジな話
9 ラブホテル
8 主婦友達関係
7 ソープ疑惑
6 亡き父の事
5 置き去りの恋心
4 プチ悩み
3 春の夜道(お風呂屋さんを思う)
2 (男子)母の悩み
1 ソルトレークの不純な楽しみかた。
0 スポーツ新聞
TOPへ戻る
 
人妻からくり物語

[16]夫婦愛?!


中秋の名月は雲にかくれてみることが出来ませんでした。2歳と4歳の子供たちは「雲って意地悪だね。」と怒っていました。次の日おもちを食べたら「これはウサギが作ったんだね。」「どうしたらこんな美味しいおもちが作れるのだろう?」とさとうの切り餅を食べながら真剣に語っていました。今は創造の世界で頭がいっぱいのようです。しかし数年したら女の子の事で頭がいっぱいになるんでしょうね。。。。

結婚して数年たつ今でも「夫婦愛」とは?と聞かれると答える事ができない。しかし他人事では度々と夫婦愛を感じる事がある。

友人の話だが「私、昨日旦那の円形脱毛症を発見してしまったの。」
「それ見た瞬間なぜか思いっきり笑ってしまったんだ。」
「そしてその後なぜか涙が止まんなかった。。」
「顔はわらってるんだけど、涙がでてくるの。。」
「あの人も結構、苦労してるみたいよ。。。」
と語る友人の話にとても夫婦愛を感じた。それからその友人夫婦は円形脱毛症を毎日はかり、大きさをカレンダーに書き込んでいったそうだ。今はだいぶ小さくなって目立たなくなってきたとのこと。よかった。よかった。

主人のおばあちゃんは今年83歳である。おじいちゃんを7年前になくしたが、毎日楽しそうに暮らしている。お盆の時、位牌をだきしめ「おじいちゃん、おかえりなさい。」と位牌にキスをする真似をして私達を笑わせたのだ。「お供えすくないけど、私のチューでいいわね。」なんというユーモア。脱帽である。2人の夫婦仲は知らないが、私は2人に夫婦愛を感じた。

主人の両親はよくけんかをしているがお母さんはお父さんの好きなワインが冷蔵庫にはいっているかどうか、いつも気にしている。ディズニーランドに行った時も、東京ディズニーランドは酒類が飲めないので可哀相だと水筒にワインを入れてきた。(ディズニーランドは持ち込み禁止なのですが。。。)なにもそこまでとも感じるが。。。これも私が夫婦愛を感じた1場面である。

どれも何気ない場面だが愛が感じられるのである。若い頃、愛があるかどうかわからないのに結婚してもいいのかなと悩んだことがあった。恋はわかるのだが、いざ愛となるとよく分からない。いまでも愛と言われるとよく分からないが。。でも私が思い描いていた、とても崇高なイメージとは対称的なところに愛はコロコロとしているのかなと最近は思う。これから夫婦愛探しの長い道のりは続くがくじけずに行きたい。

2002.09.27
 
らら美里


人妻からくり物語


 

たまごや

オトコとオンナ

男と女のシーソーゲーム

不倫のススメ

エッチの条件

チョコレートカクテル

誰にも言えない私の秘密

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.02.26
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ