クレンジング

きれいになっちゃお

知識だけではなく、実際にエステにも通い詰めた経験談を交ぜて語ります。化粧品もどう肌へ機能するのか結構こだわる方で、特に今話題のDHCに関しては回しもんかと思われるほど語りたいことが山ほどあるんです。

真堂まりこ

きれいのナビゲータ

トミナガ☆マコト

美月あきこ

水原 有利

芳川カヲル

まゆち

神宮みよ

西村ひなみ

一ノ瀬ゆうこ

MACO

越後みるる

真堂まりこ

新宅慶子

とっておきのきれい情報

 

真堂まりこ新着記事

18 メラニンが見えます…。の巻
17 クリスタルホワイト&ストロングホワイト
16 エグシェル
15 ミルタンパク
14 プラセンタ
13 原液系美容液
12 洗顔直後その3
11 洗顔直後その2
10 洗顔直後その1
09 洗顔
08 クレンジング
07 角質ケア
06 おすすめ!「リフレクソロジー」
05 毛穴パック
04 お風呂上りのケア
03 まつげ(ё_ё)
02 化粧液と乳液の関係
01 エステ!
 

楽天市場でお買い物

コスメ(化粧品)

ネイルケア

ヘアケア

バスグッズ

美容製品

香水(女性向)

香水(男性向)

香水(男女兼用)

インナーウェア

ダイエット

第8回

クレンジング


今回のテーマは、「クレンジング」です。

今日からは、スキンケアの手順にそって私のお気に入りの商品や、各ステップ毎のコツなどをお知らせしていきますね。

初回の今日は、「クレンジング」です。

クレンジング剤のタイプにもいろいろありますが、肌質や使用感、におい等によって、ご自分にとって心地よいものを選んでくださいね。乾燥肌の方は、クリームタイプでやさしく、しっとりと。脂性肌の方は、自分の皮脂と混ざり合って落ちにくくなりがちなファンデーションを、さっぱりと洗い流してくれるオイル・ジェルタイプが相性がよいと思われます。また、マスカラやアイラインをばっちりめに施されていらっしゃる方には、ポイントメイク用のクレンジング剤を併用されることをおすすめします。ただでさえデリケートな薄〜い目元の皮膚。そこに、いろんな色素を塗りたくっているのですから、クレンジングくらい、やさしい成分のもので、やさしく取り除いてあげませんか?

眉はもちろん、アイシャドウ2〜4色使い、太めのアイライン、ウォータープルーフのマスカラ、濃い色の口紅、と、ばっちりメイクを毎日欠かさない私は、コットンにとって拭き取るポイントメイク用のクレンジング剤と、2種類のクレンジングオイルを使い分けています。

一つは、DHC人気の火付け役となったDHC薬用ディープクレンジングオイル。もう一つは、ファンケルのマイルドクレンジングオイル。

前者は、世間でも評判になっているとおり、優れた洗浄力と、洗い流すときの、きれのよさ。リキッドタイプのファンデーションを、アラ隠しのためにいろんな方向から埋め込むように、しっかりとつけた日でも「落ちた〜」と強く実感できる一品です。

後者は、前者がオイルのような重さがあるのに対して、水のように、さらっとしています。ファンケルだから、肌には優しいかもしれないけど、あんまり落ちないんじゃないの?と思ったのですが、意外や意外、水っぽい分、ファンデーションとのなじみが早くて、たちまち、角栓みたいなちいさなゴミがたくさんでてきて、手触りがスクラブのようになります。なじむのは早いのですが、深さはDHCにはかなわないようで、ナチュラルメイクの日、お粉だけはたいた日に使っています。

みなさんも、自分のメイクと肌質にあったお気に入りを見つけてくださいね。

では、実践編。まず、ポイントメイクは、コットンにクレンジング剤、もしくは、試供品でもらった乳液などをとり、やさしく、軽く、と、ん、と、ん、と、ん、…とコットンで液をおいていく感じでなじませ、最後にコットンにまつげをはさんで、10数えます。ひっぱったりせずに、開く前にちょっと強くはさんでからコットンを開きましょう。決して、ごしごしとこすってはいけませんよ。「こする=色素を埋め込んでいる」と考えてください。

次は、お顔全体です。美容液やクリームなど、栄養価の高いものは、大事に大事に、無駄のないように使ってほしいのですが、クレンジング剤や、石けんなど、汚れを落とすものは、けちってはいけません。クレンジング剤が足りないと、指の滑りが悪く、顔をこすっている状態になりますし、落とすべきファンデーション>クレンジング剤になってしまったら「クレンジングしたつもり」で終わってしまいます。気持ち、多めに手にとって、顔全体になじませていきましょう。

力を入れずに、広いところは中指と薬指で、狭いところは薬指で。

手にぽろぽろと感触があると、毛穴のゴミがとれているようで、嬉しくなっちゃいますよね。マッサージも兼ねているようで、一石二鳥みたいな、得した気分。私も、ついついやってしまうんです…。長々とクレンジングを…。

そう、よくないんです。

クレンジング剤とファンデーションがなじんだら、できるだけ早く、洗い流さなければなりません。クレンジング剤自体が、肌大きな負担をかけているんです。ですから、もっとぼろぼろを出そうと思って、いつまでもくるくるしていては、いけないんです。なじませはじめてから、長くても1分ほどで流しに入ってください。

クレンジングとマッサージはベツモノです。マッサージは、週に1回、肌に栄養をくれるものを塗って行うのが理想的です。マッサージのやりすぎも、肌には負担なだけで、逆にたるんだり、しわができたりしてしまいますから気をつけましょう。

次回は「洗顔」です。ご意見、ご質問がありましたら、お寄せください。

2001.03.03
真堂まりこ

※記述が古い場合があります。日付を確認のうえ自己責任でご利用ください。

スポンサード リンク

Tipsきれい|真堂まりこ
Tipsきれい


 

たまごや

心の美容室

こういう仕草は女らしい

非尋常OL修身

週刊マナー美人

カラダの美容室

整体マニアックス

バストアップナビゲーター

お店で買うにはちと恥ずかしい


47都道府県うまいものナビ

うまいもの物産センター

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

常識ぽてち

知って得する労働法

ファミレス様、覚悟せよ!

四柱推命による人生相談

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2000.09.01
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ