主婦のメルトモ事情 -月野ルナ-

「メル友」ができて、いろんな意味で人生が変わったなんて事があると思う。みんな内緒にしているけれど、大きい声ではいえないけれど、実際は結構激しいかも。そんな大人のメル友物語をお届けします。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

月野ルナ

発行部数

あなたもライターになれる

39 最終回
38 お子チャマ
37 淡い思い出
36 こだわりの着メロ
35 年上の女
34 ダンナ探し
33 お礼H
32 若い男
31 初投稿
30 体の相性
29 惚れた方が負け
28 彼のメル友
27 ヨイショ
26 プチ浮気(その2)
25 プチ浮気(その1)
24 元カレ・元カノ
23 据膳食わねば・・・
22 着メロ
21 無口
20 Wメル友旅行
19 癒し
18 キッカケ
17 初めての書き込み
16 恐怖の写メール
15 K子その後
14 ヤリ友(その2)
13 ヤリ友(その1)
12 言葉の怖さ
11
10 ストーカーくんその3
09 ストーカーくんその2
08 ストーカーくんその1
07 猪突猛進
06 キャッチボール
05 年の差メル友
04 完全燃焼
03 Y子のケース(2)
02 Y子のケース(1)
01 擬似恋愛状態
00 プロローグ

第01回

擬似恋愛状態


初めはお互いのプロフから始まり、境遇や、日常のことなど、真面目にメールしていた。結構楽しかったので、相手にかなり好感を持つようになった。顔も素性も分からない、というのはだんだん内容を過激にしてくる。相手も既婚だったので、お互いの夫婦生活のことなんかを話ししたりするようになった頃相手が携帯を持っていて、私にもiモードを強く勧めてきた。当時私はパソコンしかメール手段がなかったからだ。

携帯だと、どこでもメールの送受信が出来る。なんだか楽しそう・・・と思い購入した。流行りの折りたたみ型♪それからは携帯でのやりとりが主になった。文字数には限りがあるが、絵文字なんかも使えて楽しい!とりたてて趣味のなかった専業主婦の私がハマるのに時間はかからなかった。

「声が聞いてみたいから、電話番号教えてくれない?」とメールが来たとき、ためらう気持ちもあったが携帯は嫌な相手を拒否出来る機能が付いている安心感もあって、教えてしまった。それからはメールと電話で話す、という感じだった。とりたてて嫌ではなかったのは、退屈だった日常の中のささやかな自分だけの秘密だったからなのか?

ある時、パソコンで写真交換をした。・・・ショックだった。すごく好感を持ってたのに・・・おっちゃんだったんだもん。相手はかなり気に入ってくれた。「かわいい!!」とメールが来た。旦那から「かわいい」と言われなくなってン年、しかも育児専念中の主婦にこの言葉は結構クラッときたかも。「この人と恋愛をすることなんてないんだから、おっちゃんでもいいや。メールだけだと楽しいし。」と思っていたハズなのに・・・。

ひょんなことから、故郷に帰ったときに逢ってしまった。初対面は子供付き。(一応、間違いのないように安全策も兼ねて連れて行きました・・・)「あれ?画像よりはさわやかで、あんまりおっちゃんぽくない」高感度UP。初日はラ
ンチだけして、車の中で話しして別れました。それから・・・まさか2年も続くことになろうとは。

だんだん、擬似恋愛状態になっていった。ハッキリ言って本心恋愛していた訳ではない。メールだけで、恋愛しているような気持ちになっていったのだ。自分の状況に恋愛していたようなものだった。

そうして携帯を持っていなかったY子にまで携帯を勧めてしまった。私とY子は好むことが似ている。それにY子もいろいろな日常の中でのストレスを溜めていたのでストレス解消にはもってこいだと思ったからだ。そうして「メル友」
道、まっしぐら!そこへS美も加わり、話のネタはいつも自分たちの「メル友」話。

いつのまにか、トイレにまで携帯を持ち込むようになってしまった私たち・・・。そうしていつしかこの三人組がお互いのアリバイ工作に手を組むようになりさらにパワーは炸裂していったのだった・・。

2002.12.15

 

月野ルナ
 

主婦のメルトモ事情


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.12.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ