主婦のメルトモ事情 -月野ルナ-

「メル友」ができて、いろんな意味で人生が変わったなんて事があると思う。みんな内緒にしているけれど、大きい声ではいえないけれど、実際は結構激しいかも。そんな大人のメル友物語をお届けします。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

月野ルナ

発行部数

あなたもライターになれる

39 最終回
38 お子チャマ
37 淡い思い出
36 こだわりの着メロ
35 年上の女
34 ダンナ探し
33 お礼H
32 若い男
31 初投稿
30 体の相性
29 惚れた方が負け
28 彼のメル友
27 ヨイショ
26 プチ浮気(その2)
25 プチ浮気(その1)
24 元カレ・元カノ
23 据膳食わねば・・・
22 着メロ
21 無口
20 Wメル友旅行
19 癒し
18 キッカケ
17 初めての書き込み
16 恐怖の写メール
15 K子その後
14 ヤリ友(その2)
13 ヤリ友(その1)
12 言葉の怖さ
11
10 ストーカーくんその3
09 ストーカーくんその2
08 ストーカーくんその1
07 猪突猛進
06 キャッチボール
05 年の差メル友
04 完全燃焼
03 Y子のケース(2)
02 Y子のケース(1)
01 擬似恋愛状態
00 プロローグ

第8回

ストーカーくん・・その1


前回、Y子が恐ろしい目に合ったことを書いたので今回はそのお話をしよう。

彼(Aという・既婚者)とY子が出逢ったのは、Y子ご用達の出会い系サイトなのだが、初めY子はあまり気に入っていなかった。
メールの返信がトンチンカンだというのだ。
突然頻繁にやりとりしていたメールが話の途中でイキナリ途切れたり、Y子が家事育児でメールが返せなかったりすると「もう終わり?」とすぐ聞いてきたり、Y子が送った質問にはまったく答えなかったり・・・。
Y子は「この人、頭悪いんかなぁ〜と思うことがよくある。」と言っていた。

ここで止めておけば、あんな目に遭わずに済んだのに・・・と今でも思う。
Y子は頭がよく、回転も早い。とてもしっかりしているのだが、部分部分が天然で、行き当たりばったり的なところがある。
Aに関しては、Y子の中ではいわゆる「暇つぶし」的な面が多かったように思う。「いつ切れてもいいよ。」といつも言っていた。

そんなY子とAも、メールを始めてから1週間くらいで対面した。
スピード対面だった。
前回の彼のことで、ヤケが入っていなかったとは言い切れないとは思うが・・。

Y子の旦那は、とても子供の面倒見はよかったし、Y子が家を空ける事にもうるさくなかったので、旦那に子供を預けて「S美と飲みに行ってくる。」と言って出かけたのだ。

待ち合わせの時間少し経ったとき、心配と興味とでY子にメールを送ってみた。
「Aは来た?どんな感じ?」
すぐ返信が来た。
「すごく背が高いよ!顔は車の中暗いし横顔ばかりだけど・・・。」

その日は何事も無くY子は帰還した。
Y子の反応から、イマイチっぽいかな〜と思っていたのだが、Y子はまた逢う約束をしてきていた。
Y子はしっかりしているし、YES・NOがハッキリ言える子なので私もあまり心配していなかったところがある。
けれど、私は忘れていた。Y子はしっかりしていても、Aという相手がどんな人かによって、それは関係なくなるということを。

その後も、Y子とAは何度か逢った。
もちろん、清い交際であったなどとは言わない。
けれど、Y子は前回と違ってまったくと言っていいほど感情移入はしていなかった。
前は奥さんにヤキモチを焼いたりしていたY子が「夜にメールが来ないのは気楽でいいわ。」とまで言っていた。
Aも前回の彼と同じく家に帰ったらメールはしないというタイプだった。

Y子とAが付き合う?ようになってから一ヶ月ほどが経ったとき、クリスマスがやってきた。AはY子にピアスをプレゼントしてくれた。
小さなダイヤが入った、可愛いピアスだった。
そういうところは義理堅いY子はAに聞いた。
「私も何かプレゼントするよ、何がいい?」

Y子はなかなか買い物に出られなかったので、Aが欲しいと言っていた品を手に入れることが出来なかった。

気にはしていた。でも家の近くで探したけれどいいものがなかったと、ずっと気にしていた。同じあげるなら、いい加減なのはあげたくないと。

・・しかしこれが、Aの狂気の導火線に火を付ける発端になってしまったのだ。

2003.02.25

 

月野ルナ
 

主婦のメルトモ事情


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.12.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ