主婦のメルトモ事情 -月野ルナ-

「メル友」ができて、いろんな意味で人生が変わったなんて事があると思う。みんな内緒にしているけれど、大きい声ではいえないけれど、実際は結構激しいかも。そんな大人のメル友物語をお届けします。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

月野ルナ

発行部数

あなたもライターになれる

39 最終回
38 お子チャマ
37 淡い思い出
36 こだわりの着メロ
35 年上の女
34 ダンナ探し
33 お礼H
32 若い男
31 初投稿
30 体の相性
29 惚れた方が負け
28 彼のメル友
27 ヨイショ
26 プチ浮気(その2)
25 プチ浮気(その1)
24 元カレ・元カノ
23 据膳食わねば・・・
22 着メロ
21 無口
20 Wメル友旅行
19 癒し
18 キッカケ
17 初めての書き込み
16 恐怖の写メール
15 K子その後
14 ヤリ友(その2)
13 ヤリ友(その1)
12 言葉の怖さ
11
10 ストーカーくんその3
09 ストーカーくんその2
08 ストーカーくんその1
07 猪突猛進
06 キャッチボール
05 年の差メル友
04 完全燃焼
03 Y子のケース(2)
02 Y子のケース(1)
01 擬似恋愛状態
00 プロローグ

第12回

言葉の怖さ


昨日までどこの誰とも知らなかった人と、メールという電波での交流でキャッチボールを繰り返し、まるで昨日から知っていたかの人のように感じ信頼関係が築けたり、また恋になったり・・・とメールには不思議な魔力があるように思う。

けれど誰でも得意、不得意があるように、文章を綴ることが苦手な人も多い。そこに相手がいて、話すのとは訳が違う。メールでは「相手を引き付ける文章」を書けることが第一なのかもしれない。実際、こんなメールを送ると相手の心をつかむとか、こんなメールを送ったら嫌われるとかというテキスト的なメルマガも多く発行されていて、購読数の多さを見ると、かなり関心が高いのだと思う。けれど、メル友にもいろいろいて、すべてが同じ考えだとは限らないので、相手をやはりよく知ろうとすること、これが一番大切なポイントのように思います。

私が嫌だと感じたメールは、こちらから送るメールををちゃんと読んでいないな、と思えるような自分のことしか語らないメール、イキナリ下世話な話をしてくるメール、がそうかな・・。携帯では絵文字なんかが使えて、あまりにも過度に使ってあると、品がないようにも感じる人もいるだろうし、逆に句読点すらないメールには温かみが感じられなかったり・・・とたかがメール、されどメールで、その人のセンスなんかが出ると思う。結局、小手先の技なんかじゃなく、なんにせよ真面目であれ遊びが目的であれ、相手と向き合う姿勢があるかないかでゲット率も変わるのでは・・・?

つたない文章でも、おかしな絵文字を使っていても、同じ感覚、感性を持った人であれば難なく伝わるものだと思うのです。文章力もある程度あった方にこしたことはないのですが、文章力よりも、相手相手を洞察する力がモノを言うように思うのですよ。相手がどんな事を考え、望んでいるのか。それをどれだけ理解し、話題を提供できるのか。・・・なんだか営業マンみたいですけど(笑)

メールで怖いなぁと思ったことが何度もあります。これは、よくY子やS美とも議論したことなんですけど、実際会って話していると「あ、キツイな」と思っても、相手の顔が笑っていて、自分と向き合う姿勢を持ってくれているという感じであれば、同じく笑って済ませられたり、同じように少しキツイ冗談で応酬できたりするけれど、メールはただ文章が並んでいるだけ・・・。そこからは何のニュアンスも感じられなかったりすると、相手の人格まで疑ってしまうようなキツイ内容に取れたりすることもある。その後で、絵文字のニッコリマークでも入っていたり、(笑)なんて入っていると、あ、冗談なんだ。って思えるけれど。

それに自分が思ったように伝わらないことだって多々あって・・・。皆聞けば結構これで痛い思いをしているらしい。私も何度かキチンと伝わらなくて、もどかしくツライ思いをしたことがある。そのメールを送った後、相手から返信がない。おかしいなぁと思っていたら、まったくこちらの意思とは違うように取られていて、愕然としたことがある。

今でも、トラウマになっていて、いつも返信がある人からなかったりすると「また何か誤解されるようなことを書いてしまったのかも・・・」と自分の送信メールを何度か読み返すことがある。「変な事書いてないよねぇ??」って。特に一番大切に思う人へのメールは言葉を選ぶことが多い。一番ちゃんと伝わって欲しいから・・・。彼なら伝わるはず、ってことは100%無いって思うから。そんな時はいつも「ちゃんと伝わりますように」とつぶやきながら送信を押す。自分の言葉のボキャブラリが少なくて、うまく言葉が見つからないときほど想いが伝わるのか不安で・・・。

顔を見れば言えないことでも、メールだと素直に言えたりする。けれど、そこには相手の顔も見えない、言葉のニュアンスも分からない、頼りは文章を綴ることだけ・・・。時として悲劇にもなりかねないけれど、今auのコマーシャルやってますよね?「君ノトナリイイデスカ?」ってやつ。(これって全国ネットだったっけ?)気持ちが通じ合った人となら、こんな素敵な短メール、想いが画面から溢れ出てきそうなメールが出来るのかも・・・と、このコマーシャルを見るたびに映画の感動作を見終わったときのように、ジーーンと胸を打ってしまう私でした。

人並み以上によく喋り、余計な一言が多い、と言われる私には、これくらい慎重になったほうがいいのかも知れない。無意識に相手の地雷を踏んでいることがあって、自覚がなかったりするので、言葉というのは口から発するにしてもメールにしても、大切に扱わなければいけないなぁ・・・と思うのでした。けれど、基本はやはりどんな付き合いにしても、相手を思う思いやりの気持ちがあれば、言葉はもっと輝いて伝わると思うのです。

2003.03.25

 

月野ルナ
 

主婦のメルトモ事情


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.12.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ