主婦のメルトモ事情 -月野ルナ-

「メル友」ができて、いろんな意味で人生が変わったなんて事があると思う。みんな内緒にしているけれど、大きい声ではいえないけれど、実際は結構激しいかも。そんな大人のメル友物語をお届けします。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

月野ルナ

発行部数

あなたもライターになれる

39 最終回
38 お子チャマ
37 淡い思い出
36 こだわりの着メロ
35 年上の女
34 ダンナ探し
33 お礼H
32 若い男
31 初投稿
30 体の相性
29 惚れた方が負け
28 彼のメル友
27 ヨイショ
26 プチ浮気(その2)
25 プチ浮気(その1)
24 元カレ・元カノ
23 据膳食わねば・・・
22 着メロ
21 無口
20 Wメル友旅行
19 癒し
18 キッカケ
17 初めての書き込み
16 恐怖の写メール
15 K子その後
14 ヤリ友(その2)
13 ヤリ友(その1)
12 言葉の怖さ
11
10 ストーカーくんその3
09 ストーカーくんその2
08 ストーカーくんその1
07 猪突猛進
06 キャッチボール
05 年の差メル友
04 完全燃焼
03 Y子のケース(2)
02 Y子のケース(1)
01 擬似恋愛状態
00 プロローグ

第13回

ヤリ友(その1)


私たちの間では、Hを目的としたメル友を「ヤリ友」と呼んでいる。別に否定している訳ではない。そういう交流は実際沢山あるだろうし、それをキチンと割り切り、お互いが合意の上で付き合っているのなら、それはそれで幸せな付き合いなのかも知れないと思うからです。

私の交流の中で、ヤリ友と言う人はいませんが、前に少し触れたS美の友人のヤリ友のお話をしましょう・・・。私としては、この場合「ヤリ友」というより「エロ友」だと思っていますが。

S美の友人(K子といいます)が彼と出逢ったのは、例にもれず出会い系サイトでした。K子はメル友初心者でした。初めての異性のメル友とのメール交流はK子にとって非常に楽しいものになっていました。旦那にはコレと言って不満はなかったようですが、毎日繰り返される家事育児に退屈していたK子にとって、唯一外界との接触のように感じていたのです。

彼は40代半ばの既婚者だったそうです。文章力もあり、またK子の欲する話題を実にタイムリーに提供し、そしてマメで強引でした。K子が擬似恋愛状態からほぼ本気になるまで時間はそうかかりませんでした。

ためらいながらも逢ってしまったK子と彼との初対面は、彼の押しの一手でした。「今日、そっちまで行くから。来てくれるまで、ずっと待ってるから。とにかく君に逢いたい。」と彼はそう近くもないK子の近くまで、車を飛ばしてやって来たのです。

「今から高速に乗るから。」「もうすぐ君の住む近くに行くから。」と、マメに連絡が入り、どうしよう・・・とためらっているK子に最後のメール・・・。「君がもし来なければ、俺はいさぎよく諦めて帰るから、俺のアドを消してくれ。」と。K子は迷った。「逢うのは怖い、だけど彼とは切れたくない。」

K子は、子供を実家に預けて彼の指定した場所に行った。思っていたより、若く見えた彼がいた。K子と彼はその日はお茶を飲んで、散歩をして別れた。その後、「K子ちゃんはとっても可愛かった!・・俺、K子ちゃんの事、抱きしめてキスしたい衝動にかられたよ。本気になりそうだよ。」とメールが来たそうな。K子は、女冥利につきる気持ちになったそうだ。

彼は仕事柄、平日の昼に時間が空けられる人だった。主婦にとってこれほど好都合なことはない。子供の問題さえクリアしてしまえば、後はどうにでもなるからだ。夕方、いつものように夕食を作っていれば誰にも分からない・・。

二回目にK子と彼があったとき、彼はK子の車に乗って来た。「俺は何もしないよ。だけどK子ちゃん、不安でしょう?だからK子ちゃんが運転して。」と言ってドライブに出掛けたのだ。彼は真面目に乗っていた。本当に別れるまで何もしなかった。ただ最後にイキナリ引き寄せて、K子にキスをした以外は。・・・しかもディープキス!!

K子は驚いた。イキナリここ何年もしていないディープキスだったからだそうだ。慌てて押しのけた時、彼は「ごめん。でもK子ちゃんが本当に可愛くて・・」と言ってまたキスをしてきた。K子は、なんだか気持ち悪い半分、女として求められた嬉しさ半分で複雑だったらしい。しかし、別れて帰る車の中、なぜかK子はウエットティッシュで唇を拭ってしまったらしい。この時の気持ちは表現できないとS美に語ったらしいが・・・。私はなんとなく分かる気がする。

その後・・・彼からまた複雑なメールがやってきた。「K子ちゃんに逢ってしまって、もう気持ちを抑えきれなくなってきたんだ。K子ちゃんに触れたい。この前の待ち合わせの場所に○時に待ってる。夕方まで待って来なかったら、いさぎよく諦めるから。もうK子ちゃんの前に姿は見せないから。」K子はそれが何を意味するのか分かった。

約束の時間は近づいてくる。決心はつかない。けれど、彼に好意を持っている自分もいる。どうすればいい??そんな時、実家から電話があった。出掛けるのに、子供を連れて行ってあげるから・・・と。これで、K子の決心は固まった。

K子は、タンスの引き出しを開けた。「どうしよう・・可愛い下着がない!」とりあえず、見栄えが一番マシな下着に変えて、行ってしまったそうだ・・。

彼の車に乗り込んだとき、彼は「ありがとう」と言って、車を発進させた。行き先は・・・K子にとって何年振りかの、いわゆるラブホでした。(今はそんな言い方しないんでしょうか?世代が分かりますね〜)

これから、彼はだんだん「エロ友」の本性を現していくのです。

2003.04.02

 

月野ルナ
 

主婦のメルトモ事情


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.12.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ