主婦のメルトモ事情 -月野ルナ-

「メル友」ができて、いろんな意味で人生が変わったなんて事があると思う。みんな内緒にしているけれど、大きい声ではいえないけれど、実際は結構激しいかも。そんな大人のメル友物語をお届けします。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

月野ルナ

発行部数

あなたもライターになれる

39 最終回
38 お子チャマ
37 淡い思い出
36 こだわりの着メロ
35 年上の女
34 ダンナ探し
33 お礼H
32 若い男
31 初投稿
30 体の相性
29 惚れた方が負け
28 彼のメル友
27 ヨイショ
26 プチ浮気(その2)
25 プチ浮気(その1)
24 元カレ・元カノ
23 据膳食わねば・・・
22 着メロ
21 無口
20 Wメル友旅行
19 癒し
18 キッカケ
17 初めての書き込み
16 恐怖の写メール
15 K子その後
14 ヤリ友(その2)
13 ヤリ友(その1)
12 言葉の怖さ
11
10 ストーカーくんその3
09 ストーカーくんその2
08 ストーカーくんその1
07 猪突猛進
06 キャッチボール
05 年の差メル友
04 完全燃焼
03 Y子のケース(2)
02 Y子のケース(1)
01 擬似恋愛状態
00 プロローグ

第15回

K子その後


K子の話を書くにあたり、最近のK子についてS美に聞いてみた。相変わらず、彼とは続いているらしい。もう一年になるようだ。

彼は40代半ばとは聞いていたが、どこにそんな元気があるのか、ほぼ毎週セッセと通って来ているらしい。S美が言った。「るな、中折れって知ってる?」中折れ・・・聞いたことがあるなぁ。「途中でね、ダメになるんだって。」

EDではないらしいが、初め元気だったものが、途中でションボリとなるそうな。40代になると多くなるらしい。私にも40代の純メル友がいるので、聞いてみた。「中折れって知ってる?そんなのになるの?」(聞かれた方はたまったものではなかったかも・・・)

「ドキッとすること聞くね〜。実はなるよ。最近、バイアグラ入手してね、あれはスゴイね。中折れしだすと、ついつい頼ってしまうね。」との返答だった。K子の彼もご愛用らしい。K子に会う前に飲んでくるのだそうだ。飲み忘れた時は、途中で中折れするらしい。そんな時は、K子にいろんな事をさせて復活するのだそうだ。

男の人は、それが自分の意思に反するようになると、身体の一部がなくなったかのような、そんな気持ちになると、40代の純メル友は言った。だからなのかは分からないが、K子の彼は必死になっているように感じた。

S美が言った。「最近じゃ、とんでもないこと要求してくるみたいだよ。K子もそれには困惑してたよ。」「何、それ?」「旦那とK子の夫婦生活にヤキモチやくみたいでね、旦那が誘ってくるのが心配だからって、K子がベットに入るまで携帯で聞かせろって言うんだって。」「は・・・?」「おまけに、そんなのしないから、って嫌だって断るとね、K子が出るまで携帯鳴らし続けるらしいよ〜。」「・・・・。」「そういや、この前大喧嘩したんだって。K子に旦那とHしてもいいから、してる所を聞かせてくれ、って言うんだって。もう頭ん中、どうなってるんだ?って感じでしょ?エロエロ〜〜だよ。」「で、K子はどうしたの?」「それがさ〜、断ったらそれがダメなら、K子に電話で俺とやってくれ!って言うんだって。K子は俺の声を聞いただけで濡れるようになるくらいじゃないとダメだって。俺はK子のことばかり考えてて、K子としたいっていつも思ってるんだ、って言うらしいよ。」

S美は「サブ〜〜ッ!」と言っていた。私は、ふと私の一番初めのオッチャンのメル友を思い出した。「性欲=征服欲」のあのオッチャン・・・。もしかすると、あのオッチャンも中折れに悩むお年頃だったのかもしれない、なんて思ってしまった。

K子はだんだん嫌気がさしてきているようだ。女はある程度、ロマンチックを夢見るものだ。こんなに想われている自分、だったはずなのに、いつしかこんなに毎度毎度Hばかりで、私の身体だけが目当てなの?と疑問が膨れ上がってきているらしい。これは、女としてはかなり嫌なところだろう。

初めから、身体だけだよ、と言って始まった付き合いならいいだろうが、彼は愛だの恋だのを歌い過ぎた。そうして、彼の愛も恋も、すべてはHに向かっていったのだ。もうすぐ、彼はK子から見放されるだろうと、私とS美は意見が一致した。

「俺のことを愛しているなら出来るだろう?」が口癖になってしまった彼。そうして、飲めだの、運転中に口でしろ、だの野外でしようだの、ただのエロおやじに成り下がってきた彼。そんなものは、愛しているなら・・・と言われなくても、愛していたら、自然に出来るんだよ、と言ってやりたい。私なんかは、そうやって強要されるとしたくなくなってしまう・・・子供の頃の「勉強しなさい」みたいだけど。「今しようと思ってたのに、する気がなくなったよ!」とよく母親に言ってたなぁ〜〜。

相手が喜んでくれるなら、したい。喜んでくれている相手を見ることが嬉しいからしたい。と、自然に思えるのが理想なんだろうけど。たとえ身体だけの関係だよ、と言っていても、喜んでもくれない相手にアレコレはしたくないだろう。

中折れかぁ・・・微妙な年頃なんだろうか?私は女だからよく分からないけど、でも、そうなっても愛しい人なら、やっぱり愛しいんじゃないのかなぁ?と思う私はまだまだ甘いのかしら?二人で向き合って、話出来れば、なんてことないんじゃない?なんて・・。

K子の彼の行く末に幸あれと、とりあえず祈ってみよう。

2003.04.17

 

月野ルナ
 

主婦のメルトモ事情


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.12.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ