主婦のメルトモ事情 -月野ルナ-

「メル友」ができて、いろんな意味で人生が変わったなんて事があると思う。みんな内緒にしているけれど、大きい声ではいえないけれど、実際は結構激しいかも。そんな大人のメル友物語をお届けします。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

月野ルナ

発行部数

あなたもライターになれる

39 最終回
38 お子チャマ
37 淡い思い出
36 こだわりの着メロ
35 年上の女
34 ダンナ探し
33 お礼H
32 若い男
31 初投稿
30 体の相性
29 惚れた方が負け
28 彼のメル友
27 ヨイショ
26 プチ浮気(その2)
25 プチ浮気(その1)
24 元カレ・元カノ
23 据膳食わねば・・・
22 着メロ
21 無口
20 Wメル友旅行
19 癒し
18 キッカケ
17 初めての書き込み
16 恐怖の写メール
15 K子その後
14 ヤリ友(その2)
13 ヤリ友(その1)
12 言葉の怖さ
11
10 ストーカーくんその3
09 ストーカーくんその2
08 ストーカーくんその1
07 猪突猛進
06 キャッチボール
05 年の差メル友
04 完全燃焼
03 Y子のケース(2)
02 Y子のケース(1)
01 擬似恋愛状態
00 プロローグ

第22回

着メロ


携帯を変える度に、子供が古い携帯を欲しがるのでいつもあげている。今の携帯で私の携帯も5台目になる。初めて持った時は本当にウキウキして誰か電話を掛けてくれ〜〜と思ったものだ。メールが出来るようになったのは3台目からだが、そのちょうど3台目の携帯を子供がどこからか持ち出して遊んでいた。

上の子は私が使うのを見ていて、ある程度使うのだが、面白がって当時の着メロを鳴らしていた。今の携帯の着メロ音に慣れた今、「なんて地味な音だったんだ!」と妙に感心してしまった。

私は着メロをその他大勢と、彼と、あとはよくメールをするY子達と仕事関係くらいに分けている。熟睡している時に、その他大勢の着メロが鳴ってもビクともせずに眠り続けているのに、彼からの着メロだと反応している自分がいる。彼からの着メロは、自分が気に入っている曲で、なんとなく彼っぽい曲・・と選んでしまうが、Y子はよく聞きたい曲を彼からの着メロにしている。

Y子の付き合う彼は、なぜかいつもメール(短メール)をバンバン送って来るので、しょっちゅう聞けるからなのだ。で、長くても1週間も経つと聞き飽きるらしく、コロコロ着メロが変わっている。私は、その人にこの曲、と定着してしまうので、なかなか変えられない。いい加減古くなってきたよなぁ〜と思ってから変える。

仕事関係は仕事で嫌なことがあった後に、仕事関係用着メロが鳴ると出る気にならない・・。取引先の若い営業マンは、うるさい上司の着メロにスターウォーズのダースベーダーのテーマにして、更に滅入ったらしい。そういえば、私も離婚調停の真っ最中に元旦那からの着メロをゴジラのテーマにしていたが、「ギャォ〜〜」から始まるあの音にマジで吐き気がしたもんだ・・・。

たかが着メロなのだが、結構ドラマがあったりするんじゃないかと思う。そんな中、Y子がこの前面白い話をしてくれた。

Y子の両親はもうすぐ還暦にもかかわらず、携帯を持ってメールもするそうな。そんなある日、Y子の母親がY子に「お父さんの携帯をたまたま見たら、スナックのオバチャンママからメールが来ていた。その内容が「あなたに会えてよかった」って書いてあった!」とかなりご立腹だったそうだ。

Y子は「そんなの営業だよ。気にしないでいいんじゃない?」と言いながら、実家に行った時に父親の携帯を見たそうだ。父親はまったくの無防備で、Y子が携帯をごそごそしているのを見ていても平然としていたらしいので、やっぱこりゃ何もないなぁ〜と確信したそうだが、母親があまりにも気にしているのでY子は自分と同じ機種だったのをいいことに、勝手に着メロをダウンロードして、設定して帰ったらしい。

そのオバチャンママのメールの着メロをなんと天童よしみの『珍島(チンド)物語』にしたらしい。しかし、Y子の父親はその後その着メロを聞くことはなかったそうな。やはり営業だったのだと、Y子の母親はホッとしたに違いない。しかし、その着メロを聞いてみたかったような気がするのは私だけだろうか?

2003.06.15

 

月野ルナ
 

主婦のメルトモ事情


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.12.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ