主婦のメルトモ事情 -月野ルナ-

「メル友」ができて、いろんな意味で人生が変わったなんて事があると思う。みんな内緒にしているけれど、大きい声ではいえないけれど、実際は結構激しいかも。そんな大人のメル友物語をお届けします。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

月野ルナ

発行部数

あなたもライターになれる

39 最終回
38 お子チャマ
37 淡い思い出
36 こだわりの着メロ
35 年上の女
34 ダンナ探し
33 お礼H
32 若い男
31 初投稿
30 体の相性
29 惚れた方が負け
28 彼のメル友
27 ヨイショ
26 プチ浮気(その2)
25 プチ浮気(その1)
24 元カレ・元カノ
23 据膳食わねば・・・
22 着メロ
21 無口
20 Wメル友旅行
19 癒し
18 キッカケ
17 初めての書き込み
16 恐怖の写メール
15 K子その後
14 ヤリ友(その2)
13 ヤリ友(その1)
12 言葉の怖さ
11
10 ストーカーくんその3
09 ストーカーくんその2
08 ストーカーくんその1
07 猪突猛進
06 キャッチボール
05 年の差メル友
04 完全燃焼
03 Y子のケース(2)
02 Y子のケース(1)
01 擬似恋愛状態
00 プロローグ

第23回

据膳食わねば・・・


男友達のRは既婚だけれど、1年くらい前からメル友とメールをするのにハマっている。RはY子とも仲がいい。ある日、Rは穏やかそうに見える家庭の不満をY子に愚痴っていたようだ。そうして、自分のよく利用するサイトはなかなかいい女がいないと言って、Y子ご用達(私もご用達)のサイトを聞き出して帰ったそうな。

しばらくしてからRから連絡があった。Y子に聞いたサイトでメル友をゲットしたと言っていた。たまたま近くに住んでいたので、会おうと誘っていると言ったRからは下心しか見えなかった。昔は爽やかでいいヤツだったのに・・・と少しガッカリした。

なかなか会うことに同意してくれない、どうしたら女を会う気にさせられるかとかいろいろ聞いてきた。一体、君の家庭で何があったんだ?と聞くと「別に何もないよ。何もないから刺激が欲しいんだよ。」とRは言った。

相手はRより少しだけ年上で、早くに結婚したから子供も大きくて、割と夜も出られるらしい。旦那さんは長距離トラックの運転手で、何日か家を開けるからと、ある日くどいてくどいて、くどきたおしたRは彼女と会うことを決行したのだった。

R後日談・・・「ほんの少しだけ年上だったのに、なぁんか老けて見えたよ。女は家庭に納まってしまうと老けるのかなぁ。誰に似てる?って聞いて言ってたタレントと全然似てないしさ。」と相手に対するよくない発言ばかり。こりゃ、会って飲んで終わったんだろうなと思ってたら、ちゃんと彼女をご馳走になって帰って来たと言うではないか!

「これからどうするのよ?」「え?もう会わない。全然タイプじゃないんだもんな。メールももうあんまり送ってないよ。そろそろやめようかな〜。」

「全然タイプじゃない?アンタ、やっちゃったんだろ??」「それとこれとは話は別だよ。やらせてくれそうなのに、やらないなんて・・タイプじゃないけど、立たない程のブスでもないし。」

話を聞いてだんだん腹が立ってきた。相手の彼女に言ってやりたくなった。「なんで、この程度の男にやらせちゃったんだー!?」って。後でY子とさんざんRのことを言い合った。「R、オマエは何様なんだよ?」とY子は言って憤慨していた。これぞ据膳食わねば男の恥ってやつなんだろうか??「据膳食ったRの恥」という気がしてならない。

それが刺激なんだろうか?Rはあの後も、刺激とやらを求めてメールを頑張っているみたいだけど・・・。「この男になら、1回きりになったとしても抱かれたい」と思われるように頑張って頂きたいものだ。

嘘でもいいから「いい女だったよ〜〜、いい女とやっちゃったよ。」くらい言えないのか?その方がRの男の値打ちも上がるってもんだ。なんだかRがオジサン化してしまったようで、ちょっと寂しくなったのでした。

2003.06.21

 

月野ルナ
 

主婦のメルトモ事情


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.12.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ