主婦のメルトモ事情 -月野ルナ-

「メル友」ができて、いろんな意味で人生が変わったなんて事があると思う。みんな内緒にしているけれど、大きい声ではいえないけれど、実際は結構激しいかも。そんな大人のメル友物語をお届けします。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

月野ルナ

発行部数

あなたもライターになれる

39 最終回
38 お子チャマ
37 淡い思い出
36 こだわりの着メロ
35 年上の女
34 ダンナ探し
33 お礼H
32 若い男
31 初投稿
30 体の相性
29 惚れた方が負け
28 彼のメル友
27 ヨイショ
26 プチ浮気(その2)
25 プチ浮気(その1)
24 元カレ・元カノ
23 据膳食わねば・・・
22 着メロ
21 無口
20 Wメル友旅行
19 癒し
18 キッカケ
17 初めての書き込み
16 恐怖の写メール
15 K子その後
14 ヤリ友(その2)
13 ヤリ友(その1)
12 言葉の怖さ
11
10 ストーカーくんその3
09 ストーカーくんその2
08 ストーカーくんその1
07 猪突猛進
06 キャッチボール
05 年の差メル友
04 完全燃焼
03 Y子のケース(2)
02 Y子のケース(1)
01 擬似恋愛状態
00 プロローグ

第26回

プチ浮気(その2)


一度他人の携帯を見るとクセになるのだろうか?止めておけばいいのにY子は彼と逢う度に携帯のチェックを行うようになっていた。彼の受信BOXはその彼女からのメールで一杯、また送信メールも彼から彼女に送られたメールで一杯、その中にひっそりとY子のメールが混じる。

彼も本当にバカだと思う。そんなメールなんて、彼女がいるなら削除しておけ!と思うのだが、無防備に携帯は放置されていた。そのうちに彼がトイレにまで携帯を持ち込みだし、よくY子がキレないでいるものだと思っていたら、Y子は「これ以上傷つきたくないから、自分の気持ちを落ち着かせている。別れるのは簡単だけど、別れるのに使うエネルギーがない。」と言っていた。

何度もY子からの愚痴のメールや電話を受けていたある日。とうとうY子が、例の出会い系サイトの扉をまたまた開いたのだった。

初めは「最近ロクな男が投稿していない。」とぼやいてばかりいたが、とうとう見つけたらしい。メールを始めたその日に電話にて会話・・・かなり面白い人だったそうで、Y子はかなり気に入っていた。そうして、メールを始めて一週間後、友達の結婚式に出席するので実家に子供を預けるY子は、式の後、会う約束をしてきたそうだ。

だいたい私もそんなことが多かったが、元旦那と大喧嘩した翌日とか、無性に人恋しくなった時とか、そういう時にサイトを開いてしまっていたなぁ。。。まぁ、これで今は人生最大級のラッキーを掴んだので、私はとても運がいいのだろうと思っている。

Y子のその後はまだ聞いてはいないが、彼ともほどほどに仲良く?やっているようだ。今度の休みも二人でどこかに行く約束をしていると、私の誘いをムゲに断ってくれた。

既婚だけれどよかったら、と言うサイトの書き込みは確かに多い。でも、その気持ちはなんとなく分かる。どんなに愛する人でも、一体化することは不可能だ。欠けたその部分を、ほんの少しでいいから埋めてくれたら・・・と思う気持ちもあると思う。そうして、ほんの少し埋まることによって満足出来ればいいんだけれど・・・。

Y子たちはなんなんだろう?欠けた部分が大きすぎるように思う。そこまでして、一緒にいようとする必要性はなんなのか?お互い、プチ浮気をするくらい満たされていないのに、それでも別れない。夫婦でもないから、子供がかすがいって訳でもない。離婚届を書く必要も何もない関係なのに、私から見ればズルズルと無駄な時間を費やしているとしか思えないのに・・・。

結局、二人とも別れて一人になる時間が怖いのだろうと思う。きっと、お互い今のプチ浮気の相手が本気で自分になびいた時、二人は簡単に関係を終わらせるだろうが、今はまだそんな段階でないので、とりあえずこれで時間を過ごそうという感じだ。

私が最近知り合った、自称恋愛の達人(55才、男)が言っていた。「ロクな男に出会わない、私は男運が悪い」と言う女は、自分がそんな男しか引き寄せることが出来ないと言う事に気が付かないからダメなんだ。」と。(Y子もかなり説教されていた。)

逆もまたしかり。結局いくつになっても、自分磨きは必要なのか〜。そういう人からは、メールだけでも「ピカリ」と光る何かがあるように思うのでした。

2003.07.17

 

月野ルナ
 

主婦のメルトモ事情


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.12.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ