主婦のメルトモ事情 -月野ルナ-

「メル友」ができて、いろんな意味で人生が変わったなんて事があると思う。みんな内緒にしているけれど、大きい声ではいえないけれど、実際は結構激しいかも。そんな大人のメル友物語をお届けします。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

月野ルナ

発行部数

あなたもライターになれる

39 最終回
38 お子チャマ
37 淡い思い出
36 こだわりの着メロ
35 年上の女
34 ダンナ探し
33 お礼H
32 若い男
31 初投稿
30 体の相性
29 惚れた方が負け
28 彼のメル友
27 ヨイショ
26 プチ浮気(その2)
25 プチ浮気(その1)
24 元カレ・元カノ
23 据膳食わねば・・・
22 着メロ
21 無口
20 Wメル友旅行
19 癒し
18 キッカケ
17 初めての書き込み
16 恐怖の写メール
15 K子その後
14 ヤリ友(その2)
13 ヤリ友(その1)
12 言葉の怖さ
11
10 ストーカーくんその3
09 ストーカーくんその2
08 ストーカーくんその1
07 猪突猛進
06 キャッチボール
05 年の差メル友
04 完全燃焼
03 Y子のケース(2)
02 Y子のケース(1)
01 擬似恋愛状態
00 プロローグ

第35回

年上の女


Nさんは52才とは思えない程可愛い人だった。
目尻などには隠せない年齢が出てはいたが、その年には決して見えないというか、いい年齢の重ね方をしているんだなぁと思って、密かに憧れていた。

同じバツイチの境遇もあって、女で会社を経営し、いきいきと働く姿は目標にもなって、外車に乗っているのにアチコチぶつけては「またやっちゃったのよ。
」とアッケラカンと言うかと思えば、仕事のことになると顔つきが変わり、テキパキと指示を出していく姿は、本当にスゴイと感動していた。

彼女は友人のダンナの会社の得意先だった。私がやりたい仕事があったので、ダンナが紹介してくれたのだ。私は本当に感謝していた。

初めは全然気が付かなかったのだが、この二人もう随分と前から出来ていたのだった・・・。
そうとは知らない私は、友人のダンナと彼女の携帯が同じ機種なのを見つけ、「あ、それIさんと同じ携帯ですよ♪」と言って、彼女の「あら、そうなの?知らなかったわ。」と言う答えに何も思わなかった。
その携帯から流れる着メロまで同じだったので「奇遇ですね〜、着メロも同じですよ!」とまで言っていた。

知らないとは恐ろしいことに、そんな会話を何回もしたように思う。
彼女と友人のダンナが、結構仲がいいとは思っていたが、まさか一回りも年上の彼女と出来ているなんて思ってもいなかったので、疑う余地もなかったのだ。

言ってはなんだが、友人のダンナは性格は厚かましいし、ガサツだし、外見も決して男前とは言いがたい。私の好みではまったくないので、憧れている彼女がそんな男と・・・なんて考えることは不可能だったのだ。

そんな自分の女のところに、自分の嫁の友人が出入りして、きっと思ったより仲良くなったのがマズイとでも思ったのか、まるではめられたかのように、私の立場がまずくなる状況を作り、アッサリと彼女とのご縁も断ち切られた・・。
初めは訳が分からず、あんなに好きだった彼女からお断りの電話を貰い、かなり人間不信に陥り、なぜ?と本当に落ち込んだ。

そんな私の落ち込みを知った、友人のダンナと彼女を知る人物から二人が出来ていることを聞かされた。
「だから、るなちゃんは落ち込む必要なんかないんだよ。」と・・・。

ショックだった。落ち込みは更に増した後、嫌悪感に変わった。
そうだったんだ、それでなんだ・・・!すべてつじつまが合うじゃないか!
携帯の機種も、着メロも、友人のダンナの妙なメルアドも、たいして取り引きもないのにやたらと彼女のオフイスに通うあたりも、彼女の外車を平然と借りていくのも・・・。やられた!!

それからしばらくして、友人と話す機会があった。友人は言った。
「うちのダンナ、おかしいんだよね〜。登録してるのって部長とNさんだけなんだよね。しょっちゅうNさんから電話掛かってきてるんだけど、聞いたら仕事だ!って怒るし。前なんかアルマーニの服プレゼントされてるんだよ。なん
か仕事のお礼って言ってたけど、なぁんかおかしいと思わない?」
・・・おかしいんだよ!アンタのカンは当たってるんだよ!!・・・と言いたかったが、グッとこらえた。

一回り年上かぁ〜〜。きっと、何してもヨシヨシって母性で包まれてるんだろうなぁ。そういえば、彼のタイプは松坂慶子って言ってたっけなぁ。
彼女も一回り年下の男が可愛くて仕方ないんだろう。私から見れば厚かましくてガサツなところも、彼女は「一生懸命なのよね〜。」と言っていたし・・・。

サイトのカキコでも、40代の女性がいいな♪年上が大好きなんで、よろしくです。こちらは20代前半だよ。とかってのをよく見たな。。。

私の父親がよく言っていた。両親は同級生の結婚だったのだが「女の方が早く老けるからなぁ〜。俺ももう一回結婚するなら一回りくらい若いのがいいな〜。」・・・そんな父親が小柳ルミ子が結婚する時、「いいのは今だけだよ。あと10年でも経ってみろよ、男はこれからだけど、ルミ子はもうダメだな。」とTVを見ながら言っていた。離婚の時は「そら見たことか!」と言わんばかりに言っていた。

皆が皆、うちの父親のような男ばかりじゃないとは思う。
年上好みが増えてきたのも、時代背景が絶対大きくあるな・・と思う。
癒されたい、甘えたい。
そんな男が増えたのだろうか?

ストレス社会なのかなぁ〜・・・と月日が経った今だからこそ、こうやって回想出来る自分がいる。
風の噂では、まだコソコソと二人は逢っているのだそうだ。
いつまで続くのか、楽しみにしていようと思うのだった。

2003.10.18

 

月野ルナ
 

主婦のメルトモ事情


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.12.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ