主婦のメルトモ事情 -月野ルナ-

「メル友」ができて、いろんな意味で人生が変わったなんて事があると思う。みんな内緒にしているけれど、大きい声ではいえないけれど、実際は結構激しいかも。そんな大人のメル友物語をお届けします。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

月野ルナ

発行部数

あなたもライターになれる

39 最終回
38 お子チャマ
37 淡い思い出
36 こだわりの着メロ
35 年上の女
34 ダンナ探し
33 お礼H
32 若い男
31 初投稿
30 体の相性
29 惚れた方が負け
28 彼のメル友
27 ヨイショ
26 プチ浮気(その2)
25 プチ浮気(その1)
24 元カレ・元カノ
23 据膳食わねば・・・
22 着メロ
21 無口
20 Wメル友旅行
19 癒し
18 キッカケ
17 初めての書き込み
16 恐怖の写メール
15 K子その後
14 ヤリ友(その2)
13 ヤリ友(その1)
12 言葉の怖さ
11
10 ストーカーくんその3
09 ストーカーくんその2
08 ストーカーくんその1
07 猪突猛進
06 キャッチボール
05 年の差メル友
04 完全燃焼
03 Y子のケース(2)
02 Y子のケース(1)
01 擬似恋愛状態
00 プロローグ

第36回

こだわりの着メロ


以前にも書いたことがあるが、私は着メロにこだわりたい。
恋をする女の子(私の年齢だと子、は無理があるだろうが・・)なら大半はそうではないだろうか?
私の回りでも、着メロにはこだわっている。Y子なんぞは月に何曲もダウンロードしてはコロコロと変えているが、一番気に入っている曲はやはり彼の着メロになっている。

私は滅多に変えないが、彼の着メロは吟味しているつもりだ。気に入って、なおかつ彼からだ♪とウッキッキと心が弾むような曲にする。・・と言ってもハイテンポの曲には絶対ならないけれど・・・定着してくるとなかなか変えられない。不思議なもので、どんなに爆睡していても、彼の着メロには反応している。(笑)すぐに見ることは出来ないくらい目が死んでいても、耳だけはピクピクと反応している。遠い記憶の彼方で「あ〜、メールが来たぁ♪うふふ・・」と思って幸せに浸ってまた寝る。

Y子の年下の彼を最近私は快く思っていない。
やること言うことがあまりにもお粗末すぎて、よくあんなのと付き合ってるもんだとY子には感心している。当のY子もなぜ付き合っているのか分からないと言っているが・・・。
要は一人になりたくないのだろうと思っている。

ある日、Y子と一緒にいる時に、Y子の携帯から私が彼の着メロにしている曲が鳴った。Y子とは機種が同じで、着メロサイトも同じところを使っているのでまったく同じだったので、私は勘違いして自分の携帯を見てしまった。
ん・・・?何も来てないなぁ?残念。と思いきや、Y子が携帯を見ている。

「・・・その着メロ、誰から?」
「ん?Tだよ。なんで?」
「いや〜〜!!彼と同じじゃん!やだよ、Tと同じなんて。変えてよ〜〜!」
「そんなに嫌なら自分が変えればいいじゃん。」
「嫌。気に入ってるし、もう彼って定着したんだもん。」
と、アホらしいような問答を繰り返したが、結局そのままになってしまった。

しばらくしてY子に会った時に、彼氏からの着メロが変わっていた。
「やっと変えたんや〜〜♪」
と嬉しそうに言った私にY子が言った。
「これさ、Tが浮気してるかも分からない女の着メロにTが使ってたんだよね。
ムカつくから変えたの。」
「・・・なに?」
ムカつくのは私だよ!私の最愛なる彼からの着メロが汚されていく〜〜!
(大げさ?)

朝、まだ布団の中にいるときに彼からの着メロがなったらニンマリする私。
昼も夜も、この着メロが鳴ったら、ワクワクする私。
いい年してアホらしい・・・かも分からないが、逢えない時の最大の味方みたいな気がするんだもんね。

最近、仕事用で携帯を持たせて貰った。FOMAだ。
彼も偶然か、同じ日にFOMAに変えていた。
今まで体験しなかった写真やら、ムービーやらで、遠く離れて住んでいる彼がすごく身近に感じる。
きっと彼からの写真やらムービーが付いたメールを見ている時の私は、アホヅラをしているんだろう・・・。

私は彼にも、自分だけは別!ってして欲しくて(考えたらバカバカしいのかも?)前の携帯の時に自分の着メロが皆と違うことが分かった時にむっちゃ嬉しかったもんだ。いくつになっても「特別」に弱いのかも。

そんな彼の新しい携帯のメールの着メロが「ユーガッメ〜〜ル」と間の抜けた声と音でお知らせしていた。
試しに自分の携帯から送ってみたら、同じヤツだった。

なんとなく悔しかったので、サイトの着メロプレゼントというサービスで彼に何曲かプレゼントした。次に逢った時、着メロは変わっていた。
「あ、変えたんや♪使ってくれてるんだな。」
と思い、またまたカラメールを送って自分の着メロを確認する私。

その他大勢はセリーヌ・ディオンのあのタイタニックの一番盛り上がる時の曲なのに、私のがなぜが内臓効果音らしき「チリリン」みたいな・・・。
「何、この着メロ・・・」とクレームを付けた私に彼は「他と分けてるんだよ、何でもいいだろ。」と言った。せめて、逆にしておくれよ・・・と思う私は贅沢なのだろうか?

待ち受けも私と一緒に写っていた写真だったのが、気が付けば彼の愛車に変わっていた。
う〜〜ん、愛車に負けたか・・・
と思いつつ、私の携帯の待ち受けを同じ彼の愛車に変えて「ペア♪」と満足する、こだわり?の私。

娘が「またお母さんの携帯、彼氏やん。」と呆れたように言う。
彼女はまだ3年生。いつか、君も同じことをするだろうよ・・・と思う母であった。

2003.10.25

 

月野ルナ
 

主婦のメルトモ事情


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.12.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ