主婦のメルトモ事情 -月野ルナ-

「メル友」ができて、いろんな意味で人生が変わったなんて事があると思う。みんな内緒にしているけれど、大きい声ではいえないけれど、実際は結構激しいかも。そんな大人のメル友物語をお届けします。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

月野ルナ

発行部数

あなたもライターになれる

39 最終回
38 お子チャマ
37 淡い思い出
36 こだわりの着メロ
35 年上の女
34 ダンナ探し
33 お礼H
32 若い男
31 初投稿
30 体の相性
29 惚れた方が負け
28 彼のメル友
27 ヨイショ
26 プチ浮気(その2)
25 プチ浮気(その1)
24 元カレ・元カノ
23 据膳食わねば・・・
22 着メロ
21 無口
20 Wメル友旅行
19 癒し
18 キッカケ
17 初めての書き込み
16 恐怖の写メール
15 K子その後
14 ヤリ友(その2)
13 ヤリ友(その1)
12 言葉の怖さ
11
10 ストーカーくんその3
09 ストーカーくんその2
08 ストーカーくんその1
07 猪突猛進
06 キャッチボール
05 年の差メル友
04 完全燃焼
03 Y子のケース(2)
02 Y子のケース(1)
01 擬似恋愛状態
00 プロローグ

第00回

プロローグ


Y子が携帯を持った。念願のiモード。逢った時もほとんど携帯の画面を見つめ、ひたすら何かを打っていた。会話が進まないくらい着メロが騒がしい!

「メル友」歴は私の方が長い。初めはパソコンでのメル友交流で、それは自分が求める相手をキーワードによって検索し、サイトを経由してのメール交換だったので自分のアドレスは相手には分からず、そのシステムに安心したので気軽な気持ちで始めたのだった。初めは本当に純粋にメールだけしていた。昔の「文通」感覚である。しかも相手はほとんど「女」!自分が置かれている境遇と似た同姓と、その内容はほとんど愚痴で「すごい、知り合うことがなかった人とこうやって交流できるんだぁ」と当初それだけで満足していた私。

それが、男友達が欲しくなったのだ。当時専業主婦だった私の世界は恐ろしく狭かった。男友達と交流を持つなんてとんでもない。それに、不倫だなんだってことになったら・・・やっぱりマズイでしょ?メールだけの、男友達だったら出来るかなぁ。子供も小さいし、出かけるなんてなかなか叶わない私には家にいながらにしてメールで交流を持てることはとても便利極まりないことだった。

見つけたのは、同じ故郷の人だった。コメントは出来るだけ真面目そうな人を選んだ。何度か送られてきた男性からのメールは、すぐに「逢いたい」「電話番号教えて」・・・と、恋愛道から外れて年数の経った専業主婦にはあしらい方が分からなくて困惑する内容が多かったので、無難そうな人と、毎日気楽にメールしたいと思ったからだ。

2002.12.01

 

月野ルナ
 

主婦のメルトモ事情


 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2002.12.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ