身体を活性させるために。(呼吸法)

ちょっと体育会系の熟練整体師「大和たける先生」がおおくりする健康に役立つお話。乳幼児をもつ親御さんから人生の大先輩まで必読のお役立ち情報を提供します。

大和たけるの整体コラム

整体マニアックス3へnw10_3.gif (898 バイト)

51号〜最新
50 安全な食べ物
49 安全な農産物
48 夏ばて防止に。
47 夏の水分補給と汗。
46 癌の民間療法
45 梅雨時を快適に。
44 姉妹の食生活。
43 二つの食欲
42 運動と体操
41 新入生(小学一年生)
40 風水と帝王切開。
39 食事記録ノート
38 ヒザ痛(意外な原因)
37 ヒザ痛(オスグット)
36 身体を活性させるために。(呼吸法)
35 正月明けを気持ちよく。
34 腰痛施術後の過ごし方。
33 子供の怪我&兄弟骨
32 頭痛と仙骨
31 霊感。
30 ビール腹って本当!
29 HST完全整体法(施術)
28 HST完全整体法
27 冷夏 半身浴の実証
26 長期休暇のすごし方
25 就寝時のエアコン操作
24 栄養ドリンク剤
23 朝食を作らない、作れない?親
22 好転反応
21 浄水器選び
20 新学期疲れ(五月病)
19 児童外反母趾(スポーツ傷害)
18 児童外反母趾(靴選び)
17 季節病み
16 花粉症
15 カルシウムについて(ぶり大根)
14 カルシウムについて(リン)
13 カルシウムについて(炭水化物)
12 カルシウムについて(牛乳)
11 白砂糖の続き
10 激痛!!尿路結石
9 秋の腰痛
8 腕骨折からくる腰痛
7 半身浴の理由
6 散歩にご用心
5 テレビの健康番組
4 お腹を石で暖める
3 最近の水道水
2 幼稚園年長さんの四十肩
1 整体師の常識、非常識
大和たける自己紹介

創刊:2002.07.10

総訪問者数:

最終更新日:2008.11.19

 
第36回

身体を活性させるために。(呼吸法)

 こんにちは、大和たけるです。

 みなさんは、呼吸する深さが年齢ともに、浅くなって行くのをご存知ですか?

 男女の呼吸方法の違いもあり、女性の方がより呼吸が浅くなりやすくなる傾向にあります。

 男性は、一般的に力仕事するときに、力が入りやすいように、お腹で呼吸します。女性は肩で呼吸をしますが、これは、妊娠したときに、腹式呼吸では横隔膜を押しますので妊娠でお腹が大きいときには、息が出来にくく、赤ちゃんも苦しいので肩で呼吸すると言われています。

 呼吸が浅くなれば、当然肺に取り込まれる酸素量も少なくなり、血液中の溶存酸素量も少なくなり、身体の各部に充分な酸素が行き渡らなくなります。

 そこで呼吸法が、必要となってきます。

 呼吸法と言っても、修験者のように頑張るのではなく、毎日少しずつ無理なく行うのが一番身体には良いのです。

 私が普段患者さんにお勧めしている呼吸法はとても簡単です。

 先ず、丹田に手を当てる。(臍下三寸と言われている所です。)手を当てたところに、空気を吸い込む気持ちで鼻から普段より少し深い呼吸でゆっくり吸い込む、吸い込んだら丹田に少し力を入れて息を十秒間止めてから、身体の中の悪いものを全部吐き出す気持ちでゆっくり息を吐く。

 これを、朝、昼、晩 食事の前に二回行う。

 とても簡単ですが、効果はあります。ただし、良くなりたいがために頑張りすぎないで下さい。

 毎日行うには、物足らないくらいが丁度良いのです。

2004.01.12

★楽天で「呼吸法」を探す★

大和たける

スポンサード リンク

※記述が古い場合があります。自己責任にてご利用ください。

 

カテゴリ

特定保健食品「特保なび」nw10_3.gif (898 バイト)
整体マニアックスPart1
  整体院情報コラム>>全部読む
整体マニアックスPart2
 

メルマガ購読

Mag2 Logo最新コンテンツはメールマガジンでお届けします。今お使いのメールアドレスを入力し購読ボタンを押すだけで手続きは完了。あとはマガジンが届くのを待つだけ!
メールアドレスを入力(半角)


メルマガ発行履歴
 

Web tamagoya.ne.jp
 

オススメ

週刊マナー美人

バストアップナビゲーター

女性のためのクルマ読本

知って得する労働法

常識ぽてち

ファミレス様、覚悟せよ!

お店で買うにはちと恥ずかしい

四柱推命による人生相談

小口輸入支援「販路ドットビズ」


ライター募集

お問合せ

  デジタルたまごや