主婦のメルトモ事情3 -桜木愛依-

3人の子供を育てながら、学校のPTAの役員まで引き受ける30代後半、医療系パート派遣社員の主婦のワタシ。メールから恋に落ちた彼らのこと、出会い系サイトで出会ったメルトモの殿方との色んな事を、赤裸々に包み隠さず語 ります。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

桜木愛依

発行部数

桜木愛依自己紹介
あなたもライターになれる

9 過ち2(最終回)
8 過ち1
7 セフレな人
6 ギャップ
5 結ばれた夜
4 2人の距離
3 愛しい人
2 恋の予感
1 初めてのメール

第1回

初めてのメール


「ねぇ、PCのアドレス教えて。」

それが彼とのメールのやり取りの始まりだった。5年前…総合病院の医療事務のパートに出て半年、病院の主宰するホテルでのパーティーに出席して、ロビーで看護婦さんとおしゃべりしていたところへデジカメを持って現れた彼。綺麗に何枚か写真を撮って貰い、その写真をPCに送ってくれるという。3人いた中で唯一PCを持つ私。アドレスを教えてメールを楽しみに待った。

次の日、メールをチェック。PCは書類の作成にワードを使用するのと他のアルバイトで会計ソフトを使用していただけ。当時、ダイヤル回線でインターネットはほとんど使用せずメルマガの購読のみでメールのやり取りなどしたことがない私に初めて来たメール。ワクワクして読んだ。

彼は私が勤務する総合病院の医師。年は私より18歳上。役職は、30人近く医師や看護婦などの部下のいる、とある診療科の「科長」。

偉い様であった…。ビックリ。

綺麗に編集された写真が添付されていたプリントアウトして、手渡してくれるという。生真面目な医師らしい簡潔な文章の最後に「せっかく、インターネットを繋げているけどメールのやり取りをするような友人がいません。これからメールのやり取りをしていただけますか?」と、あった。これが彼=先生とのメルトモの始まり。

2・3日後の夕方、私が勤務する科に先生が現れ、看護婦さんに写真を渡した。綺麗に編集された写真を貰い、彼女たちは大喜びした。私は午前のみのパートなのでそのときはすでに不在。次の日の朝、看護婦さんから写真を貰った。今でも私の宝物。

先生とはほどんど毎日、メール交換した。たわいのない内容。ほどんどが病院の中での出来事。総合病院ゆえ、色んな事がある。私にとっては知らなかった世界…病院での事務の仕事をしなければこんな展開になる事はなかった。やり取りの中でたった1つ気になることがあった。

…それは先生が私が子持ちの主婦か知っているかと言うこと。

何回かメールの交換をした時に好きな音楽の話になった。先生が好きなアーティストが私の好みと一致した。音楽CDを編集して渡してくれるという。

「明日の夕方、お茶を飲みに行きませんか?そのときにCDを渡します。」とメールが来た。外で1対1で先生と会う…。当時私は一番下の子供が3歳。核家族故、子供たちだけで留守番させるわけには行かない。先生は私が既婚者だって多分知らない…どうしよう意を決して返信した。「子供を近くに住む姑に預けなくてはいけません。その返事を貰ってからまたメールします。」

2004.06.18

桜木愛依



 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2004.06.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ