主婦のメルトモ事情3 -桜木愛依-

3人の子供を育てながら、学校のPTAの役員まで引き受ける30代後半、医療系パート派遣社員の主婦のワタシ。メールから恋に落ちた彼らのこと、出会い系サイトで出会ったメルトモの殿方との色んな事を、赤裸々に包み隠さず語 ります。

主婦のメルトモ事情

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part1
by 月野ルナ

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part2
by 佐原天希

はっぱ

主婦のメルトモ事情Part3
by 桜木愛依

桜木愛依

発行部数

桜木愛依自己紹介
あなたもライターになれる

9 過ち2(最終回)
8 過ち1
7 セフレな人
6 ギャップ
5 結ばれた夜
4 2人の距離
3 愛しい人
2 恋の予感
1 初めてのメール

第7回

セフレな人


2人目、会う事になった私より4歳年上の人は、大手電気企業の営業課長で
私同様、3人の子供がいて、子供の年齢も近く、
メールのやり取りをしていても楽しかった。
玄人さん相手にする事も多く、また、私より年下の彼女もいて、
Hな話も嫌味なく、あけすけに書いてくる人だった。
彼女の事や奥さんの事、会社での不倫話、ヘルスのおねぇちゃんとの事。
三.四股は当たり前。体力持つなぁと感心するばかり。

外回りの営業で私の勤め先の病院の近くに来るというので、
ランチをする約束で会った。初めての顔合わせ。
アメフトの監督を休日にしてるらしく
背は高くないけど、体格はいい。ちょっと太めだけど。
でも、メールの文面のままの楽しい人。性格がとにかくいい。
食事しながら話をしていても、飽きない。

食事が済んでからホテルへ行った。
軽いノリで、誘われたのだ。
このときは躊躇なく、彼についていった。
部屋に入り、ビール片手にソファーで、たわいのないおしゃべり。
そのうちHモードに入って、服を脱がされベッドへ…。
女性の扱いに慣れてるらしく、前戯は身体がとろけそうに
気持ちよかった。雰囲気作りも上手。

いざ、挿入って時に脱いだトランクスから出て来たモノは…。
小さい、フニャっとしたモノ…。
えっ?一瞬目を疑った。
上から見たら、お腹のでっばりが邪魔して見えなくなっちゃう。
30代後半の彼、コレ、身体の中で役にたつのだろうか…??
何とか身体の中に入ってきて、
彼は体位もバリエーション豊かに激しく腰を振る。
でも、感じない。中に入ってる気がしないのだ。
私が「緩い」のかと自己嫌悪に陥る。
そのうち、「あっ…でちゃう…」と言い、彼は果てた。
そのあと。大きくため息。
「あー久しぶりに身体の中で出しちゃった。
最近、膣射精してないから。
いつも彼女としてても、奥さんとしてても、
あんまり気持ちよくなくて、
最後は自分の手でお腹に出しちゃうんだよ。
今日はなぜか我慢できなくて…。避妊大丈夫だった??」
と、いきなり言われても、生理直前だったから
大丈夫だけど、これからは必ずゴム着用してもらわないと。

結局2回Hしてホテルを後にした。
彼曰く、一度のSEXに複数回するのも10年ぶりだったらしい。
夜、家で、奥さんに迫られた時、お腹に射精できないと
浮気を疑われるから、外でのSEXは1回に控えてるらしいけど。
本当かしらん??

彼は、道具を使うのが好きな人だった。
2回目のHからは必ず、バイブと、ローションと、アナルバイブを
セカンドバッグに入れ持参してきた。
会社で着払いで注文したらしい。家だと荷物を開けられるから。

道具を使用してのHは私はこの人が初めてだった。
アナル処女な私は、初めてローシャンを塗られ、アナルに細いバイブを挿入された時は
痛くて仕方がなかったけど、そのうち快感に変わっていった。
彼女や奥さんには道具は使わせて貰えないらしく、私もまた、先生とは
こんなHはしないから、お互いにSEXの技術向上のための
完全に遊び感覚のSEX。恋愛感情のない「セックスフレンド」
お互いの付き合ってる人の悩み、愚痴、ノロケも
思いっきり本音で話せた。

彼の本命の彼女は、田舎の旧習深い家の嫁らしく、
友人の家に遊びに行くと言っては姑さんに
オムツも取れていない子供達を預けて彼に会いに来るらしい。
時間がないからカーSEXする事が多い。
また、遠出の外出が多いため浮気を疑われ、
彼女の旦那は彼女に殴りかかり、携帯をブチ壊したらしい。
それ以来、彼女はこの彼に、昼間に毎日家の電話で電話をかけてくる。
私とHしてる最中も何度か電話が鳴っていた事がある。
彼は会社からや得意先からの電話には出ないくせに
なぜか彼女からの電話はHの真っ最中でも中断して出て
会議だの、打ち合わせ中だのアタフタとウソをついていた。
彼女の事が可愛くて、本当に好きでたまんないらしい。
ふと、私も思う。
「これだけ好きでいてくれる人だったら、私はセフレなんか作んないかも」
結局、私は心が淋しいのだ。
満たされないから簡単に好きでもない人と身体を重ねられる。

そのうち、このセフレさんは遠方に単身赴任となり、
逢えなくなった。
彼女とも逢えなくなりヘルス通いに精を出していると
何度かメールが来て、やはりメールが途絶えた。

3人目に会う事にした。
今度のメルトモは遠距離の人で、わざわざ4時間かけて
単車にまたがり、泊りがけで会いにきてくれた。
この人とは一生忘れられない過ちを……

2004.09.18

桜木愛依



 

たまごや

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

知って得する労働法

小口輸入支援・販路ドットビズ


創刊:2004.06.01
訪問者数:
更新:2011.02.16
デジタルたまごやトップ