結婚しない娘達 -緑川すずめ-

結婚しない人が増えているのは、個人の問題?それとも社会が悪いの?いろんな情報が飛び交う中で、大切なのは自分に肯定的になること。昨日より今日、今日より明日のハッピーライフを応援します

緑川すずめご案内

マガジン発行部数

緑川すずめ自己紹介
私が出逢った男たちPart3

新着記事

27 物言う声
26 お天気や
25 猫と映画
24 楽しそうな雰囲気
23 えいじれす
22 日中友好
21 知らない話題
20 甘えの美点
19 遊び心
18 うれしいこと
17 少子化問題
16 犬のしっぽ
15 お一人様de良い所
14 上手にリフレッシュ
13 女の気遣い
12 さびない人
11 恋愛とDNA
10 殻をやぶる
9 恋か愛か
8 ヒステリック
7 理想の恋人
6 失恋ソング
5 母の悲喜
4 おなに1 電話編
3 私のダーリンも外国人
2 女の幸せ
1 性病(その2)検査結果

0

性病(その1)検査
 

第10回

殻をやぶる


本屋で目に付いた"大独身(清水ちなみ・扶桑社)と言う本をパラパラっとめくってみてショックを受けた。なんと「30歳以上の独身女性の4人に1人は処女である」と言うのだ。この本のアンケートが真実であるなら彼女たちの心中は、どれだけ不安なのだろう、と勝手に想像してみた。

宗教上やよっぽどの理由がない限り、処女の状態で居続けると言うのは、他人に話せる事ではない。にもかかわらず、世の中にはその手の噂や迷信があふれていて、誰かに相談できる訳ではなく、ますます不安になる一方だろう。私はそんな女性達がたいして理由もなく初体験を延ばし延ばしにしてしまった状況が何となく理解できる。"特にあせらなくても・・・。"と言う状態が年月を重ねたのではないのだろうか。

高校生の時にバイトしていた先で知り合った女の子はものすごく太っていた。一般的には男の子にはモテないタイプだけど、にも関わらず既にセックスを経験していた。高校生の男子が好奇心か本能に任せて彼女と寝たのか、本当に純愛だったのかその辺は謎だが、彼女はある意味で賢いと思う。彼女は自分の欠点を気にするより、自らの欲望や若さに忠実だった。結局、若い時分に子供が出来、結婚して、その後は消息不明だが、今振り返って彼女の事を考えてみると、彼女はちゃんと生命を全うしている気がする。
"特にあせらなくても・・・。"と言う考え方をする人達と丁度対極に居るタイプの子だったのだと思う。

私自身、あせる事に反対だ。"自分らしく"で良いと思う。でも30を過ぎてセックスの経験がない、と言われるとちょっと不安になる。余計なお世話と言われると悲しいのだけど、何かに興味を持ち始めると、自然とアンテナが張られて情報が入ってきたり、友人が見つかったりするのと同じで、セックスをしよう、と言う気になってみたら、そこから新しい道が開けるかもしれない。

2004.10.13
 

大独身 大独身

著者:清水ちなみ
出版社:扶桑社
本体価格:1,300円
緑川すずめ

スポンサード リンク

結婚しない娘達


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

擬態語恋愛攻略本

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2004.06.01
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ