結婚しない娘達 -緑川すずめ-

結婚しない人が増えているのは、個人の問題?それとも社会が悪いの?いろんな情報が飛び交う中で、大切なのは自分に肯定的になること。昨日より今日、今日より明日のハッピーライフを応援します

緑川すずめご案内

マガジン発行部数

緑川すずめ自己紹介
私が出逢った男たちPart3

新着記事

27 物言う声
26 お天気や
25 猫と映画
24 楽しそうな雰囲気
23 えいじれす
22 日中友好
21 知らない話題
20 甘えの美点
19 遊び心
18 うれしいこと
17 少子化問題
16 犬のしっぽ
15 お一人様de良い所
14 上手にリフレッシュ
13 女の気遣い
12 さびない人
11 恋愛とDNA
10 殻をやぶる
9 恋か愛か
8 ヒステリック
7 理想の恋人
6 失恋ソング
5 母の悲喜
4 おなに1 電話編
3 私のダーリンも外国人
2 女の幸せ
1 性病(その2)検査結果

0

性病(その1)検査
 

第22回

日中友好


横浜にある中国系の銀行に火炎瓶が投げこまれたそうです。投げこんだ日本人の男性はその場で現行犯逮捕されたとの事。おそらく彼は最近ヒートアップしている日中問題に対して中国側に抗議をしたいのだろうけど、はたして一般の日本人は彼を支持するでしょうか。中国人が現地の日本大使館に石を投げたからと言って、仕返しをするなんて幼稚ではないでしょうか。

とは言っても事態は複雑で深いものがあります。外国人と日中問題の話題が出るたびに、ユウウツな思いをしていましたが、最近仕事の関係でお付き合いのあるヨーロッパ人の男性にとても良いお言葉を頂戴いたしました。

彼曰く「それはとてもデリケートな問題。」

さっそく辞書で調べてみると*****delicate ; (問題などが)細心の注意を要する。微妙な。******とのってあります。日本語でも英語でも“デリケート”で通じるし、まさに便利な一言。さすが戦後にナチス問題が焦点であった地域で育った人の言葉、と感心しました。“知らない”や“難しい”で済ませるよりずっとスマートで思慮深い印象が残ります。

何年か前に北京の公園を訪れた時に、大きな筆に水を浸して地面に文字を書いている老人が居ました。彼は私が日本人だと知ると渇いたコンクリートに

『日中友好』

と大きく書いてくれました。私は中国人が日中間の話をする時は「日中」ではなくて「中日」と言うのを知っていたのもあって彼の心遣いに胸が熱くなりました。そしてその時の感動は今でも鮮明に思い出す事が出来ます。

「人と仲良くする為に自分の方から譲る」。そんな考え方が尊いのはどこの国でも同じです。

2005.04.22

関連する記事
反日運動と対中ビジネス
緑川すずめ

スポンサード リンク

結婚しない娘達


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

擬態語恋愛攻略本

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2004.06.01
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ