多重債務からの脱出 -椎原里織-

ネットワークビジネス、付き合い、浮気・・・さまざまな理由で作った「その場しのぎのお金」が膨れに膨れ上がっていつの間にか多重債務に。債務整理現在進行中の多重債務者がお金の明暗をお届けします

ご案内

多重債務からの脱出Part2

マガジン発行履歴

椎原里織自己紹介

私もライターをやってみたい

多重債務に陥らないために

3

救済機関との連携

2

家族の絆

1

多重債務の兆候

椎原里織の新着コラム

23

勝手な行動?

22

電話帳でアポを取る

21

現金を作る方法

20

選ばれた優秀者

19

お金の感覚

18

2万円の価値

17

非常識を問うならば

16

口説き落とすためのテクニック

15

Rは私にとって

14

クレジット会社とサラ金のCM

13

詰め

12

最初の攻撃

11

多重債務へのきっかけ

10

誰が為にカード作る?(後編)

9

誰が為にカード作る?(中編)

8

誰が為にカード作る?(前編)

7

正式受理

6

告白〜Xデーにおびえる人たちへ

5

どっちが怖いでショー

4

自分ひとりの問題ではない

3

任意整理−怖いものは何か

2

面接第1回目と取り立て

1

ネットワークビジネス

第5回

どっちが怖いでショー


関口宏と三宅裕治の某料理番組ではないが、今回はちょっと話題を明るいほうに・・・ 

以前、中村雅俊主演で夜逃げをコミカルに描いたドラマがあった。督促の電話、サラ金社員の家庭への訪問・・・ドラマだけを見ていると、取立てがえげつないのはやはりサラ金だ。

サラ金は今でこそタレントの起用などでさわやかなCMを打ち出している。無人契約機もあり、社員と顔を合わせなくても、オンラインで契約することができる。カードを作ることが簡単になった。学生でもバイトの収入があれば、カードを発行してくれる。

昔の怖いイメージがだんだん払拭されつつある。だからこそ、利用者が増えるわけだが。

私が任意整理をした翌日がサラ金、翌々日が信販の約定日だった。

サラ金は約定日の翌日朝、電話があった。弁護士を通した旨伝えると「そうですか。いろいろご事情がおありでしょうから・・・」と逆に心配までされたが、それとは別にその日の夜から野太い声の男から留守番電話に連絡が入るようになっ
た。

「こちら097−534−××××、片岡までご連絡下さい」
社名も部署も言わない。怖くなった私はそのまま放置した。延滞が続くと、データが回収を専門とする整理部へ回される。1日1回かならずかけてくるが、今までこの整理担当へまわされたことがあっても、相手は大抵、会社、所属部署、そして名前を言っていた。今回この「片岡」という人間からの督促は私にとってかなり特殊であったのだ。

その不気味な声の男からの電話はそれから3日ほど続いた。番号からおそらく私が整理した信販会社であろうと推測されたが、やくざ顔負けのその低く野太い声は、怖がるには十分すぎる迫力を持っていた。

しかし信販系−九州では大手になるK信販では顧客の借り入れをそのまま親族と確認もせずに電話に出た相手にしゃべってしまうばかりでなく、連絡なしに自宅訪問を行ったり電話連絡の際に多少脅しを入れることもあるのだそうだ。えげつないのはサラ金ではなく、実は信販のほうなのである。

サラ金は遅れれば文句は言う。しかし、話は聞いてくれる。遅れずに払うことが当たり前なのだが、自転車繰り返す多重債務者だとなかなか約定どおりというのは難しい。払うべき金額を確保していても、なぜか手元にお金を持っていると使ってしまうので(ここから改善していかなくてはならないのだが)これで約定日に支払うというサイクルが壊れる。

すると給料日にならないとお金が無いので、自動的に遅れてしまうのだ。

信販は待たないし、容赦が無い。話も聞いてくれない。家と携帯と会社に一日中電話攻撃だ。アルバイト生活のときは、会社の電話が鳴る度にひやひやした。店長より早く電話を取り、督促であれば小声で手短かに用件を済ます。

アルバイトには時間的な自由が持てる分、社会的な保証は無い。直属上司の判断で首になるからだ。

ここで先に書いたK信販のようなことをされたら、払うために働いているのに、職を失いかねない。職を失えば払えない。払わなければどやされる。仕方が無いから払うためにまた借りる。多重債務のサイクルなど、こんなものなのだ。

サラ金はたとえ親が子供の借り入れを聞いても絶対にしゃべらない。

「ええ、ご事情はよくわかりますが、こればかりはご本人様ではないとお知らせすることはできないんです」

顧客情報流出などで騒がれることのある信販会社だが、コンピュータの管理だけでなく、社員のほうも守秘義務の遵守を徹底してほしいものである。

もしかしたら、情報流出の原因はコンピュータではなく、べらべらと相手を確認もせずにしゃべってしまう社員にあるかもしれないからだ。 

2004.11.25
椎原里織

スポンサード リンク

多重債務からの脱出
多重債務からの脱出


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

擬態語恋愛攻略本

チョコレートカクテル

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2004.10.03
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ