多重債務からの脱出 -椎原里織-

ネットワークビジネス、付き合い、浮気・・・さまざまな理由で作った「その場しのぎのお金」が膨れに膨れ上がっていつの間にか多重債務に。債務整理現在進行中の多重債務者がお金の明暗をお届けします

ご案内

多重債務からの脱出Part2

マガジン発行履歴

椎原里織自己紹介

私もライターをやってみたい

多重債務に陥らないために

3

救済機関との連携

2

家族の絆

1

多重債務の兆候

椎原里織の新着コラム

23

勝手な行動?

22

電話帳でアポを取る

21

現金を作る方法

20

選ばれた優秀者

19

お金の感覚

18

2万円の価値

17

非常識を問うならば

16

口説き落とすためのテクニック

15

Rは私にとって

14

クレジット会社とサラ金のCM

13

詰め

12

最初の攻撃

11

多重債務へのきっかけ

10

誰が為にカード作る?(後編)

9

誰が為にカード作る?(中編)

8

誰が為にカード作る?(前編)

7

正式受理

6

告白〜Xデーにおびえる人たちへ

5

どっちが怖いでショー

4

自分ひとりの問題ではない

3

任意整理−怖いものは何か

2

面接第1回目と取り立て

1

ネットワークビジネス

第10回

誰が為にカード作る?(後編)


 借金に追われる生活を続けていると、お金の価値がわからなくなる。
 時給800円のアルバイトで1万円を稼ごうと思ったら12時間以上働かなくてはならない。 1日は24時間である。12時間と言えば、単純に1日の半分であるが、この12時間を働き通すとなるとどの職業でも大変なことである。

 私はゲームセンターでのアルバイトをかなり長い期間やっていた。
 タイトー、セガ、ナムコ、カプコン・・・大抵の直営店で働いた。

 休日のゲームセンターははっきり言って忙しい。機械トラブル対処やカウンター業務でほとんどホールを走り回る状態である。忙しい上に人員不足なので、すべてのトラブルに迅速に対応できない。頭を下げ、客に謝り、イベントが予定されていればマイクを握り司会をこなし、気がつくと昼食をとることも忘れていたなんてことはよくある話である。

 一日へとへとに働いても時給はいつもどおり750円。休日手当なんかつかない。一日働いても6000円程度である。

 1万円を稼ぐのはものすごく大変なのだ。

 それにひきかえ、1万円を借りるのは楽である。
 免許証、保険証、必要があれば住民票や公共料金の支払い明細、あと印鑑を持って最寄りのATMに行けば、30分ほどで数十万円の現金を手にすることができる。 汗を流すこともなければ、きつい思いをしなくてもいい。現金を手っ取り早く手に入れるのはかなり簡単なのだ。ただ現金を手に入れるのは容易でも、返すとなるとそうはいかない。

 新規で借りた分の返済が増える。それはほんの数千円。
 借りるときはその数千円の「重み」を感じることはない。
 なぜなら、「これくらいの額なんて、私が自由に使っている分から引けばいい」そう思うのである。ところがこのわずかな増額分が3ヶ月、4ヶ月する頃にとてつもない重量となる。

 ネットワークビジネスをやっていた頃、私は自分のアップから「簡単に現金作れる方法を知っていますか?ローンを組めなくても商品は買えるんですよ」と言われた。 当時はその人と本当にビジネスを頑張る気でいたし、実際、私の下には何人かのいわゆる「子ねずみ」が出来ており、数万円が口座に毎月振り込まれていた。

「子ねずみ」へ商品を買わせる場合、子ねずみにビジネスを薦めた本人(=この場合は私)はその席には同席しない。アップが「子ねずみ」にアポをとり、さらにその上と一緒に子ねずみをその気にさせ、申込用紙に署名捺印をさせる。この場合、子ねずみがローンを組めなかったりすると、「現金を作りに」行くわけである。

 どこに「作り」に行くのか?
 黄色い看板やチワワでおなじみの「消費者金融」と呼ばれる所だ。

 私は始めた当初、このネットワークビジネスを友人2人に伝えた。
 ひとりは高校時代の同級生(男)、もう一人は専門学生時代からの友人(女)。
 男のほうはこのとき定職もなく、まあいくらか入るならと始め、女のほうは矯正下着が気に入ったとかで申込用紙にサインした。この時いずれも私は同席しなかった。 私はビジネスの入会申込書にサインはしたが、商品を「ローンで買うのは嫌」だったし、当初は本気でビジネスに取り組む気もなかったので、商品は一切買っていなかった。

 だが、私がこのビジネスを紹介した二人は、アップの説得により各々40万円ほどの商品を購入、私の口座に規定のボーナスが振り込まれた。

 怖くなった。友人を売ったのではないかと。罪業妄想に苛まれる私にアップは言った。

「彼らは自分の意思で申込書を書いて、自分の意思で商品を購入したの。あなたは彼らに大きなビジネスチャンスを伝えただけなの。あなたが伝えたことによって、彼らはとてつもない大きなチャンスをつかんだの。あなたのやったことは悪いことじゃないわ。感謝されることはあっても、憎まれることはないはずよ」 

 私自身はここから狂いだしたのだ。次第にのめりこんでしまったこのビジネス。
 次回はこれに触れてみようと思う。

2005.02.07
椎原里織

スポンサード リンク

多重債務からの脱出
多重債務からの脱出


 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

こういう仕草は女らしい

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情3

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援・販路ドットビズ

オトコとオンナ

擬態語恋愛攻略本

チョコレートカクテル

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2004.10.03
訪問者数:
更新:2013.06.06
デジタルたまごやトップ