夏奈子の動物記 by 御厨 夏奈子

夏奈子の動物記
可愛いペットや野生動物、家畜から実験動物など、動物の不思議な生態や動物をとりまく社会事情、話題のアニマルセラピーのことなど、動物との心温まる話や笑える話などを交えておおくりします。

キーワード:自由,根気,短気,やる気,犬好き,旅好き,B型

御厨夏奈子の動物コラム

6 ハムスターのはなし(1)
5 動物霊のはなし
4 実験動物のはなし
3 お年寄りと動物−3−
2 お年寄りと動物−2−
1 お年寄りと動物
0 羊のこと

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.10.15
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ

第2回

お年寄りと動物−2−


アニマルセラピーは万能薬?

前回の続きです。

 老人ホームのような施設で暮らしている方は、週に何度か行事はあるものの、圧倒的に暇な時間が多く、ただ座ってぼーっとしていて、無表情でいることがよくあります。そんなとき、ふと動物がそばを通ると、ぱっと笑顔になって、声をかけたり触ろうと手をのばしたり、立ち上がって追いかけたりします。その変化は明らかで、人が話しかけたときよりもずっと反応が良かったりします。よく「こんな所に居てもつまらないだけなのよ。」と愚痴をこぼすおばあさん。動物が大好きで、小さな犬でも大きな犬でも猫でも鳥でも、見かけると必ず「コッコちゃん!」と呼んで、喜んで抱き上げたり触ったりして話しかけます。         

 もちろん、動物がきらいで顔をしかめる人もいます。犬がケージから出て自由に走りまわっていると、「どうして犬が部屋の中で走りまわってるの。」と怒り出すおばあさんもいました。大きな施設であれば、動物がきらいな人の数も増えるし、きらいな人は当然動物がいることを嫌がります。職員にも動物がきらいな方もいるし、動物を嫌がるお年寄りのことを思って飼うことを反対する方もいます。 でもそんな反対をおしきってでも、動物を飼う価値は確かにあるのだと思いました。そのくらい多くのお年寄りの表情が明るくなっていました。また、お年寄り同士の会話もはずむようになります。それに、お年寄りが自ら動物を見にいったり触ろうと行動を起こすこと、その細かな蓄積が生む効果ははかりしれないからです。

 こう書いてみると、動物を飼うことはいつもなんらかのメリットがついてくる、いいことのように思えますが、残念ながらアニマルセラピーは全ての人に効果が期待できるものではありません。

 聞いた話ですが、あるうつ病の患者さんにお医者さんが犬を飼うことをすすめました。その人が昔犬を飼っていたか、犬が好きだという理由があってのことだったと思います。うつ病は精神状態に波があり、良いときと悪いときがくり返されるそうです。犬を飼い始めたその人も、犬を飼って良かった、生きがいになっていると笑顔をみせるときもあれば、犬の世話が煩わしく負担になっていると落ち込むときもありました。そんな状態を繰り返し、ある日、犬の面倒をみることも辛くなりましたと遺書を残して自殺してしまいました。

 重い話になってしまいましたが、動物が好きだからといってセラピー効果を期待して動物を飼ってみても、必ずしもいい結果に終わるわけではないということです。 一方的に恩恵を受けることを期待して動物を飼う人は、わずかな恩恵しか受けられないと思います。それどころか逆に痛いめに遭う場合もあるはず。それにそんな目的で飼われた動物もかわいそうです。

アニマルセラピーについて考えるとき、動物福祉の問題は切り離せないものだと思います。 動物も人間と同じで、年を取ったら体が不自由になります。病気もするし、ストレスも感じるし精神的に不安定になることもあります。人を和ませ、癒してくれた動物がそんなことになったとき、どうするか。

次回は引き続き施設で動物を飼育する場合に絞って、その辺のことを掘り下げてみます。

2002.12.11
御厨夏奈子

スポンサード リンク