夏奈子の動物記 by 御厨 夏奈子

夏奈子の動物記
可愛いペットや野生動物、家畜から実験動物など、動物の不思議な生態や動物をとりまく社会事情、話題のアニマルセラピーのことなど、動物との心温まる話や笑える話などを交えておおくりします。

キーワード:自由,根気,短気,やる気,犬好き,旅好き,B型

御厨夏奈子の動物コラム

6 ハムスターのはなし(1)
5 動物霊のはなし
4 実験動物のはなし
3 お年寄りと動物−3−
2 お年寄りと動物−2−
1 お年寄りと動物
0 羊のこと

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.10.15
訪問者数:
更新:2008.11.19
デジタルたまごやトップ

第00回

羊のこと


最近、月に一度、羊の爪を切っています。羊の爪というのは、ひづめの先から伸びてきてひづめの裏側を包み込むように伸びます。野生下では日々ハードに動きまわっていることで自然にすりへっていきますが、飼育下ではそうはいかず、どんどん伸びて歩行困難にまってしまうので定期的に切ってあげることが必要です。

心臓のある左側を上にして横に倒し、動かないようにおさえてハサミで切ってあげるのですが。 羊が暴れる。動けないようにしっかりおさえると、今度は鳴き叫ぶ。このとき、かわいくメェーとは鳴きません。信じられない野太い声でべェーと鳴きます。そしてまた暴れる。しばらくすると大人しくなりますが、あきてくるとまたくり返す。暴れたら食ってやる!といっても暴れる。

ちなみに、羊には顔と足が白いのと黒いのがいますが、白いのは羊毛用、黒いのは肉用です。わたしの扱っている羊はほとんどが黒い羊です。別に食べるために飼っているわけではないですが。

爪切りは羊の態度にも苦労しますが、爪が分かりにくいことにも苦労します。明らかに巻いている分かりやすい爪もあるのですが、巻かずに変にすりへっていて区別しにくいこともあります。どこまで切ればいいのかなかなか分かりづらいものなので、毎回どこかで流血の惨事が起こります。そんなの羊がかわいそう!わたしは絶対切り過ぎない、切り過ぎない・・・と気をつけていました。

でも、ついに。ここ、もう少し切ろうかな・・・とハサミを入れた瞬間。ハサミが動かず思うように切れない。なにかおかしいと思い、ハサミを抜いてみると・・・なにがおかしいって、角度がおかしかった。ハサミが深く入りすぎて、ひづめの先が割れたようになってる。そして奥の方から血がにじんできた。痛そう。これは痛い。こんなとき羊は、狂ったように暴れる。「ごめんなさい!」といいながらおさえる力もいれたけど、当の羊は意外に暴れない。すばやく消毒のためヨードチンキをぬり、切れ込みの入ったひづめはどうすることもできないのでそのまま解放。羊は足のことなど気にする様子もなく、元気に走っていきました。

その後も変わった様子はなく、とても元気にしています。深爪で死ぬことはないのでしょうが、何かあったらどうしようと心配したのに。羊はタフな奴でした。

あれからそろそろ一ヶ月。次は絶対深爪しないよ、と羊に誓う今日この頃です。

2002.10.20
御厨夏奈子

スポンサード リンク