出哀いサイトの福山くん by 福山雅活

出哀いサイトの福山くん
『出会い系サイトで、あなたのステキな彼女をゲットしよう!』このキャッチフレーズにまんまと引っ掛かってしまった著者自身が、その哀しい経験談を笑激チックに綴ります。読者のみなさんにも共感間違いなし。

キーワード:無料出逢い系サイト,女性,春,メール,男,本能,うっ血,α波放出

福山雅活のコラム

19 福山の恋愛観、それは…。(最終回)
18 射ちくる!?…。
17 若き飢エ〜テルの悩み…。
16 マシャコの辛口ファッションチェ〜ック!…。
15 恋のカリ高〜るラリー出発!…。
14 お前のハートにチン珠湾攻撃!?…。
13 朱に交わればバカになる!?…。
12 アポアポマンからあほあほマンへの没落…。
11 ひょうたんからコマネチ!!…。
10 目指せ!マン里の長城…。
9 負け組から硬ち組への転身…。
8 恋愛相場師 福山の素パイ大作戦…。
7 U香証券の値動きは…。
6 U香からの一行メールは意味身長!?…。
5 ローリスク・パイリターンな兆し…。
4 初チン忘るべからず…。
3 スジ違いなカンケイ…。
2 びっくりしたなぁ、もぉ〜ニング息子…。
1 返信は忘れた頃にヤッてくる…。

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

男と女のシーソーゲーム

出会いサイトのサクラちゃん

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2003.05.28
訪問者数:カウンター
更新:2009.09.16
デジタルたまごやトップ

第13話

朱に交わればバカになる!?…。


「オレの職業がライターであることが、U香のオレへの恋の進展を阻んでしまっている…。」



この理由について、オレは、そのことが切々と綴られている『U香』からのメールを読み進めていくうちに、今更ながら、再度、自分の『U香』に対するあほさ加減を痛感した。



そして、『U香』は、これからオレとの恋愛を真剣に考えていく過程を、次のように綴っていた。



「もし、福山さんが今よりもライターとしての才能を世間に認められて有名になったら、きっと私のことが邪魔になり、仕事の忙しさに託けて、次第に会う機会が減っていき、最後は…。ごめん、信用していないわけじゃないんだけど。 また、その逆に、いい年齢して、いつまで経っても有名なライターになる夢ばかりを追うものの、結局、その夢は叶わず、収入はフリーター以下のその日暮らしの人とは、やっぱり将来のことは考えられないし、いくら好きだといっても、その場しのぎの恋愛はできない。  今の私は、この2つの狭間で思い悩んでいるの…。」



そうかぁ、そうだったのか。『U香』は、それほどまでにオレとのことを真剣に考えてくれてたのか。それに引き換え、このあほあほマンのオレときたら…。



と普通であれば、この『U香』からのメールを読んだ後、オレが深〜く反省をして、この続きは、よくある恋愛トレンディードラマのストーリーみたく発展して…、とイキたいところではあるのだが、オレがマジで反省したのはここまで。さらに、オレが、次に書かれている一文を読んだ瞬間、ついさっきまで心の中でフツフツと湧き上がっていた『U香』への愛情の炎が、一気にチン火してしまった。その一文の内容とは、



「それで、思い悩んでしまった私は、女子高時代からの友人たちにこのことを相談したんです。そして、すべての経緯を聞いた友人たちは、

そんな職業の男とめったに出逢えるものじゃないから、少しづつカンケイを深めながら付き合っていったら?けっこうおもしろいかも…。

その一方で、(たぶん『U香』が申し訳なさそうに)みんな私のことを考えて、この恋愛について、かなり手厳しい反対の意見が出てしまって。やっぱり、男は稼いでナンボだって…。

と賛否両論。ただ、友人全員がほぼ一致した意見としては、もし、私が福山さんと付き合うつもりがないのならば、メール以上の関係、つまり、ケータイの番号やメアドの交換、そして、実際に会う約束などはしてはダメ!とのこと。それで、そういうこともあって、私は、福山さんとはしばらくの間は、何もせずにメールのやり取りだけのメルトモな関係でいくことにしたんです…。

福山さんにこんなことを言うのも変ですが、自分が思い悩んだ時にすぐに集まって、皆自分のことのように一緒に考えて意見してくれる友人って、やっぱり大切な存在ですよね、今回、またそのことを改めて感じました(笑)。」



嗚呼、な〜んと素晴らしき仲間の話。なんて、思うわきゃねぇ〜だろ!



オレは、この文面を読んだ瞬間、すぐに脳裏を過ぎったフレーズ、それは、あの横○ホットブラザーズの往年のギャグもビックリくりくりな


『♪お前は〜 アホか〜♪』


…。


おいおい、『U香』さんよぉ〜、このセリフを言うのはほ〜んとに喃々だけど、『やまとなでしこ』の時の松嶋菜○子といい、『三十路財テク路線』の話といい、そして、今度は相談した友人からの助言と、マジで回りに影響されすぎ。あんた、自分の意志ってものはないんかいっ!



しかし、今回に限っては『U香』のことだけで一杯一杯だっていうのに、さらにバックには、いい年齢しながら未だに女子高時代のノリを強引に引きずっている、おせっかいな友人軍団がいるのでは、オレは『棒』どころか、マジで手も足も出ない。それに、もしカリに、オレが『U香』と交わったとしたら、赤くなるどころかバカ者にもなりかねない。



交わって赤くなるのは、チ○ポだけで十分なんだけど…。



つづく…

2003.09.04

 

福山雅活