出哀いサイトの福山くん by 福山雅活

出哀いサイトの福山くん
『出会い系サイトで、あなたのステキな彼女をゲットしよう!』このキャッチフレーズにまんまと引っ掛かってしまった著者自身が、その哀しい経験談を笑激チックに綴ります。読者のみなさんにも共感間違いなし。

キーワード:無料出逢い系サイト,女性,春,メール,男,本能,うっ血,α波放出

福山雅活のコラム

19 福山の恋愛観、それは…。(最終回)
18 射ちくる!?…。
17 若き飢エ〜テルの悩み…。
16 マシャコの辛口ファッションチェ〜ック!…。
15 恋のカリ高〜るラリー出発!…。
14 お前のハートにチン珠湾攻撃!?…。
13 朱に交わればバカになる!?…。
12 アポアポマンからあほあほマンへの没落…。
11 ひょうたんからコマネチ!!…。
10 目指せ!マン里の長城…。
9 負け組から硬ち組への転身…。
8 恋愛相場師 福山の素パイ大作戦…。
7 U香証券の値動きは…。
6 U香からの一行メールは意味身長!?…。
5 ローリスク・パイリターンな兆し…。
4 初チン忘るべからず…。
3 スジ違いなカンケイ…。
2 びっくりしたなぁ、もぉ〜ニング息子…。
1 返信は忘れた頃にヤッてくる…。

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

男と女のシーソーゲーム

出会いサイトのサクラちゃん

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2003.05.28
訪問者数:カウンター
更新:2009.09.16
デジタルたまごやトップ

第15話

恋のカリ高〜るラリー出発!…。


こんなあほあほマンなオレに返信メールをくれた女、彼女の名前は『K織』。敢えて同じ名前の有名人を挙げるなら、桃井か○り、あとは…、ちょっと古ネタになってしまうけど、昔、キ○タクが付き合っていた彼女で、確か『Kリン』とかって呼ばれていたモデルの本名なんてとこかな。 



この『K織』、オレに送った返信メールを読む限り、とにかく最初っからハイペースかつハイテンション。そこで、オレも負けじと、お得意の『フィンガーテク!?』を駆使しながら、お礼&さらに詳細な自己紹介メールトリプルくりくりクリックで、かなり久々の



マシャマシャメール送信 ドピ○〜ン ⇒



さっすが、『K織』さま。オレが送ったメールの返事は、その日の夜に返ってきた。正直、オレは、こんなにレスが早く、またハイテンションなノリの『K織』に、少しヤラしさ以上にアヤしさを感じたものの、すぐさまこのメールラリーに応戦。これが、結果的によかったのか、『K織』は4通目の返信メールで、なんと自分のほうからケータイの電話番号&メールアドレスを教えてくれた。



う゛〜ん、メアドはともかく、ケータイの電話番号を教えられて、すぐに電話をせず何もしないというのは、まさにことわざにもある



『据え膳食わぬは男の恥』



である。さてと、メールでの『フィンガーテク』の次は、どんな交激トークで『K織』を『α波放出状態』へ持っていこうか…と、オレのココロ以上に少し緊張気味で硬〜くなってしまっている『我が愚息』と相談しつつ、その3分後、



『K織』のケータイへ ダイアル ピュッ、ポッ、パ ⇒



そして、3回目のコールで『K織』が出た瞬間、



俺)「…。あ、どうも。はじめまして。福山です…。」K)「あぁ〜、やっぱり、福山くん。今の電話、絶対そうだと思ってたぁぁぁ!!」


思った通り、『K織』は、電話でものっけからハイテンションだった。さて、この『K織』、ここで、読者のみなさまに簡単な自己紹介を。


『K織』は、福岡県出身で、現在、横浜市在住の27歳。職業は、某高級ブランド品で有名なC社の化粧品部門の美容部員。身長160cm、体重50kgで、最初のメールでは、本人いわく、



『スタイルとメイクアップに自信アリ!』



とのこと。顔については、芸能人で似ている人がいないので例えようがないから



『会うまでのお・楽・し・み』



ときたもんだ。まぁ、メイクアップに自信があるなら、


 『多少の難はあってもセルフカバーできる』



でしょうということで、それ以上はツッコミを入れず、電話でのトークへ…。



って言うか、マジでまぁ〜よくしゃべるしゃべる。オレが話したのは、『K織』から質問された最初の5分ぐらいで、その後は、オレが何も聞いてもいないのに、今までの恋愛遍歴などを勝手に語っては、自画自賛していた。まぁ、オレとしては、自分からネタを作って話をしながら、相手の反応を見るよりは全然ラクだと思い、30分間ほど、この『K織ワンマントークショー』に適当に相槌を打ちながら聞いていると、



「あ、こんなに自分のことを話しちゃうと、今度会った時に話すことがなくなっちゃう。ねぇ、せっかく、こうやって知り合えたんだから、とにかく一度会おうよ?それで、その時には、福山くんの恋話もいっぱい聞かせてねぇ〜。」



あらまっ、会おうという誘いも、これまた『K織』のほうから。よしよし、わかったよ、あんたのその気持ちを汲んで、オレは、

「サービス業で就業時間が不規則で大変な『K織』さんの都合のいい時間に合わせるよ!」

とこちらもサービスすると、

「じゃぁ、今週の日曜日の夕方でいい?私、早番で4時30分で仕事終わるし。それに、月曜は遅番なんで、その日は遅くなっても大丈夫だ・か・ら…。うふっ。」



この女、吉田○美、いや、



『日刊ゲ○ダイで毎回交プレーを見せているピエール○○ダルマ親方』



もビックリなやる気マンマンぶりを発揮している。季節は秋。秋と言えば食欲。この時期のオイシイ食べ物と言えば、ずばり



『マツタケ』。



たぶん、オレの『マツタケ』も『K織』の標的になってしまっているのだろう。この女の執拗な食欲旺性さにも困ったものである…。




と勝手に、『マツタケ』以上に『妄想ダケ』になりつつある



我が息子の『カリ高〜ル』



を撫で撫でしながら、オレは、『K織』と日曜日に会う時間&場所を決めて電話を切った。


つづく…



2003.09.20

 

福山雅活