出哀いサイトの福山くん by 福山雅活

出哀いサイトの福山くん
『出会い系サイトで、あなたのステキな彼女をゲットしよう!』このキャッチフレーズにまんまと引っ掛かってしまった著者自身が、その哀しい経験談を笑激チックに綴ります。読者のみなさんにも共感間違いなし。

キーワード:無料出逢い系サイト,女性,春,メール,男,本能,うっ血,α波放出

福山雅活のコラム

19 福山の恋愛観、それは…。(最終回)
18 射ちくる!?…。
17 若き飢エ〜テルの悩み…。
16 マシャコの辛口ファッションチェ〜ック!…。
15 恋のカリ高〜るラリー出発!…。
14 お前のハートにチン珠湾攻撃!?…。
13 朱に交わればバカになる!?…。
12 アポアポマンからあほあほマンへの没落…。
11 ひょうたんからコマネチ!!…。
10 目指せ!マン里の長城…。
9 負け組から硬ち組への転身…。
8 恋愛相場師 福山の素パイ大作戦…。
7 U香証券の値動きは…。
6 U香からの一行メールは意味身長!?…。
5 ローリスク・パイリターンな兆し…。
4 初チン忘るべからず…。
3 スジ違いなカンケイ…。
2 びっくりしたなぁ、もぉ〜ニング息子…。
1 返信は忘れた頃にヤッてくる…。

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

男と女のシーソーゲーム

出会いサイトのサクラちゃん

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2003.05.28
訪問者数:カウンター
更新:2009.09.16
デジタルたまごやトップ

第19話

福山の恋愛観、それは…。


困った時に切り抜ける例の作戦。そう、その作戦とは、今は『チ○ポ』以上に立派な肩書きのある社会人となったサラリーマン時代からの相棒のタカと結んだ


『チン士協定』


のことで、出会い系サイトで実際に相手の女と会った時に、これ以上はヤバイという状況に陥ってしまった際に、とりあえず、タカのケータイに番通ありで


『ワン切り』


すること。オレは、ケータイで今の時間を見るフリをしながら、この作戦を即実行!!


…、あれれっ、普段であれば、タカから即レスで電話がかかってくるのに、こっ、来ない…。


ヤツには、『K織』のことも、そして、今夜会っていることも知っているハズなのに…。


5分後、ようやく、ケータイにタカから電話がかかってきた。オレは、ちょっとした怒りを覚えながらも、いつもの調子で、



「あ〜、もしもし、どうもいつもお世話になってます。あ、はい、先日入稿した原稿の件で…」



と仕事関係の話をしているように見せかけて、オレは、さっきの温和だった顔から一転して、ちょ〜っとマズイ表情へチェーンジ!



申し訳なさそうにしながら電話を切ると、



「福山くん、どうしたの?仕事で何かトラブルでもあったの?」



その一部始終を見ていた『K織』が心配そうにオレに言ってきた。



「たぶん、バレてないな」



ココロの中でそう確信したオレは、『K織』にも申し訳なさそうに、



「仕事の内容は守秘義務があるので話すことはできないんだけど、どうしても今夜中に片付けなければならない仕事が発生しちゃって…、せっかく誘ってもらったのにゴメンね。」



と丁重にお断りし、さらに、



「今度は、オレのほうから誘っちゃうから覚悟しといてネ!」



と大ウソだけは顔射して、ゴール予定より遅れること30分の午後9時に、オレは、ようやく『K織』と一応の縁を切ることができた。オレの今夜の大事な仕事。もちろん、それは、 



『K織のパソコンのメアド&ケータイの電番とメアドを消去すること!』。



早速、帰りの電車の中でケータイの電番&メアドを消去、そして、帰宅してすぐにパソコンのメアドもダブルクリックで即消去。これで、『K織』よりも早く『安全日』が迎えられた(ハズだったのだが…)



しかし、次の日以降、オレのほうから(するハズがない)連絡をすると言ったのにもかかわらず、『K織』から、(たぶん)性癖以上にネチッこい



『毎日メール&電話口撃』



に遭うハメになってしまった。そして、オレは、この執拗な口激のせいで、この年の春先に、出会い系サイトでの『性功』成就の願棒と縁起を担いで、ボディーカラーが『我が愚息』といい勝負をしていた



『○504is(恥タンブラック)』



を発売当初の最高値で購入したにもかかわらず、わずか半年あまりで泣く泣く手放し、また新規購入せざるを得なくなってしまった。



その後も、パソコンのほうへほぼ毎日送られてくる『K織』からのメールを、ちょっ早クリックで速攻削除の処理を施し、さらに、『K織』の住居周辺や偶然に会いそうな場所へは絶対に近づかないといった



『心配ゴム用3枚重ね』



並みのチ〇ポ以上に硬〜いディフェンスを張り巡らして、約1ヵ月間という苦難の道を乗り越えて、ようやく『K織』からの防衛&開放に『性功』以上に本当に『成功』。それからは、平穏無事な生活を徐々に取り戻し、何とかその年の年末年始を滞りなく過ごすことができた。



早いもので、アノ出来事から約2年という月日と『K織』の月経は流れたが、
『K織』は、今ごろどうしているんだろう?きっと、お肌は潤っていても、おま○こは、どこぞの潤い成分を高配合した美容液でも再生不可能なぐらいに干からびた淋しい日々を送っているかもしれない。



このフレーズを言うのも、これで最後になり、マシャ活としても少々モノ淋しいところもあるが、



「『K織』さんよぉ〜、こんな日記を書いているオレが言うのも、ほーんと喃々だけど、好きな男とマジメにお付き合いをしたいんだたったら、その性格やメイク以上に、まず奥歯の2本の



『オール銀歯ギンギン』



を直せっつーの!」



オレがおまえさんに言いたいのはそれだけだ…。



そんなことを思いつつ、オレは、この『笑激』チックに綴った出会い系サイトでの自身の体験談を読み返しながら、改めて自分の恋愛観を考え、そして、オレなりの答えを出した。そう、その福山の恋愛観、それは、



『出会い系サイトで知り合った女性の秘部を斬るオ○ンチストよりも、心部を斬る、ちょっと右曲がりなロマンチストでありたい…。』



そんなワケで、福山は、また新たなるターゲットを求めて、『出会い系サイト』にチン規参入を企てる毎日を送るのであった…。って、前と全然変わってないじゃねぇーかよっ!



おわり。



読者の皆さまへ



今回をもちましてこの『出哀いサイトの福山くん』を終了させていただきます。
読者の皆さんには本当に感謝しております。ご愛読ありがとうございました。


2003.10.27

 

福山雅活