繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第3回

百年の孤独


すすきのシリーズもプレリリースを含めて4回目となった。
今回は、私のよく行く店を1軒紹介しようと思う。

場所は、すすきのの中心よりやや北、狸小路の近くのビル
ここの5階がその店である。
店の許可をとっていないので場所はこの程度にしておいた方が無難かな。
屋号はその店の主人の所有している釣り舟の名前になっている。

すすきのというと、キャバクラやヘルス、
ソープなどがクローズアップされていて
特に、観光や出張で行く人の抱くイメージはそちらの方面が強いようだ。
(事実、私もそうだった)
しかし、地元の人にとってみれば、ごく普通の繁華街であり
当然、おいしい食べ物屋、おしゃれな飲み屋などもあるし、
ショッピングに行くにも、楽しい所だ。
地元の女性たちも、飲みやカラオケ、
買い物など普通に遊びに行くところである。
私の行く店も、そんな普通のおいしい飲み屋のひとつである。

話は違うが、
私はビール党なのだが、なぜか麒麟ビールが一番好きだ。
この店においてあるビールは当然、麒麟。
これがうまい!
と、そんなことはどうでもいい。

実は、この店
何故か、
九州宮崎県の黒木酒造の「幻の焼酎」といわれる「百年の孤独」を
置いてあるのだ。
北海道で、宮崎の焼酎に出会えるとは思わなかったが、不思議なことに
ここには置いてある。
必ずあるというわけではないが、確率は高い。
もし、「百年の孤独」がなくても、
これの原酒である「なかなか(中々)」がある確率はもっと高い。
(私はここの「なかなか」のボトルをキープしている)
「北の地酒」というわけではないが、
焼酎党の方には嬉しい店ではないだろうか?
どちらかを飲んでみる価値はあると思う。

私が行くと、まず冷たいビールを2杯、
その後、このどちらかをストレートで1杯、
あとはお湯割を..というパターンである。
酒の肴だが、釣り船をやっているだけに、魚がうまい。(当たり前か)
刺身も絶品だが、お勧めは蛸!
「蛸の網焼き」というメニューがある。
これは、生きた蛸の足をぶつ切りにし、それをミニ七輪みたいのを使って
自分で焼いて食べる。
蛸の足が網の上で踊り、いい匂いがしてくる。
ころあいを見て、かるく醤油をつけて食べる。
「うまい!」
なんとも言えない、、
これは、ビールのツマミとして最高だ。

ただし、蛸がとれなかった日は、当然、できないといういことになる。
だから、必ず食べられるというわけではないが
もし、行く機会があったら、
是非試食してみてほしいお気に入りのメニューである。

我々はこの店で、蛸を食べて
次の店を検討する。
適当に酒も入っているので、いよいよすすきのの
中心地帯へくりだすのである。

次回は、すすきののキャバクラを紹介しよう。
出張サラリーマン必読の情報である。(と思う)

2002.02.17

[百年の孤独]を楽天で検索
小林一之助