繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第6回

スーパーキャバクラ


実は、私が最初に友人(地元、自称キャバクラの達人)に連れていかれた店は彼に言わせても「けっこう過激」な店だったそうだ。
そのあまりの過激さに、私は思いっきり「引いて」しまった記憶がある。
その店については、また機会を改めて紹介するとして、今回は、その友人の言う「すすきのの標準レベル」の店に案内しよう。

場所はロビンソンの近く、ビルの地下とだけ言っておく。
店の料金システムは標準の10分1100円、飲み放題
指名料2000円、制限時間は特にない。
この手のキャバクラで気をつけてほしいのは10分ごとに料金がアップしていくため制限時間がないのはいいのだが、こちらから、自発的に「帰る」といわない限りは、店側から「今1時間です」とか「もうお時間です」とかいうアクションが一切ないことだ。
うかうかしていると、あっという間に浦島太郎になってしまう。
我々が行く時は、懐具合にもよるが大体2時間程度で切り上げるようにしている。
場合によっては1時間で早めにあがることもある。

10分1100円システムは、安くかんじるかもしれないが実はそうでもない。
2時間もいると、女の子の飲み代、指名料、税金などを含めると2万近くになってしまうこともある。
注意していただきたい。

さて、この店、入るなり、その異様な雰囲気に圧倒されるかもしれない。
女性たちは、全員ハイテンション。
我々が席につくなり、いきなり女性は上半身はおろかパンツまで脱いで、すっぽんぽんだ。
脱いだパンツを客の頭にかぶせることは当たり前の礼儀らしい。
その状態で当然、「基本姿勢」をとる。
つまみのポップコーンを胸の谷間に挟んで、たべさせてくれる。
胸の谷間だけでなく、あんなところにまでつけて、「直接たべてくれ」と言うし、もっとすごいのは、下半身のこんなところにに挟んで「直接食べて」とやってくれる。
これも、当然の礼儀のようだ。

これだけきわどいことをやっても不思議と卑猥なかんじがしないのは女の子たちが底抜けに明るくハイテンションだからだろう。
ここまでで、客もかなりテンションが上がってくる。
ぼちぼち「ショータイム」だ。
ハイテンポな曲にのって、ソファの上に立ち上がって踊ってくれる。
それが終わると
「お色気タイム」となって、当然「すすきの流」
客にまたがっての甘えスタイル..恋人気分だが、ここのはそれだけでは収まらない。
あーーそんなことまで!
おっとと、ここから先は実際に行って確かめてきてほしい。
ここではとても書けない。

あ、断っておくが、ここはあくまで「キャバクラ」なのでエッチはない。
馬鹿騒ぎとちょっと過激なサービスで楽しむだけだ。
ここで騒いだあとはご自由にロビンソン裏あたりへどうぞ。
また、詳しい場所や店名が知りたい方へメールで...
私は、行きつけのスナックで飲み直すことにする。

2002.04.01
小林一之助