繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第7回

仙台国分町


今回は、札幌の話題から少し離れて東北地方に出張してみよう。
東北の中心地、仙台の繁華街といえば知る人ぞ知る 「国分町」だ。
実は、私が今の仕事で、各地へ出張するようになってから仙台というところは、基本的には「日帰り出張」が主で、「飲みに行く」ということはあまりなかった。
国分町に飲みにいくようになったのも、ここ数年のことである。

国分町は、JR仙台駅からは、やや離れたところに位置する。
我々が出張で宿をとる場合、新幹線の都合もあり仙台駅の近くということが多い。
私がはじめて国分町に行った時、このことを知らずに歩いて行った記憶がある。(失敗だった)
歩いていけないこともないが、かなり根性が必要だろう。
タクシーを使った方が無難だ。
地下鉄という手段もあるらしいが、地方で地下鉄を利用するのは勇気がいる(私だけかな?)

国分町といえば、キャバクラだ。
キャバクラと言っても、前回まで書いてきたすすきのとは、だいぶ様子が違う。
ごく普通のキャバクラが多いように思われる。
国分町では、すすきのにいる「観光協会」の人はおらずかわりと言っては変だが、キャバクラのギャルが街角に立って客引きをしている。
真冬でも、ミニスカートや、ナーススタイルの上にロングダウンのコートを着てたっている。
これが、壮観なので、是非一度見てほしい。
国分町の雑居ビル街に、数メートルごとに、女性が立ってチラシをもって、声をかける。
「いかかですかぁ」ってかんじだ。

我々が行く店は、特に安い店なのかもしれないが大体5000円程度の店が多いようにかんじる。
ここでは人数にもよるが2,3人でいけば5000円程度で飲み放題、1時間 ってなシステムだ
ただし、混雑時は一人一人に必ず女性がつくというわけではないようだ。

ここのキャバクラは、すすきののような過激なサービスはない
ごく普通に、一緒に飲んで、歌ってというものだ。
コスプレ的なものはあるが、それ以上はない。
「脱ぐ」とか「基本姿勢」は皆無だった。
まぁそれでも地元の女性は、情が深く、新鮮で可愛い。
話もうまいし、客をたいくつさせるよなことはない。
5000円程度で1時間、楽しい酒が飲めればよしとしよう。
どーしてもそれ以上をお望みなら、それなりの店もたくさんあるので、そちらへどうぞ。
さて、次回は再び札幌へ帰ってちょっと面白い店を紹介しよう。

2002.04.15
小林一之助