繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第8回

怪しげなパブ(1)


あれはたしか、数年前の冬の札幌だった
すすきのの道路にはすでに雪が根雪となってかたまっていた。
千歳での仕事を終え、札幌でもう1社回ってからいつものように飲みにいくつもりだ。
この夜は、出張仲間と約束をとりつけていた。

最後の1社は札幌駅近く、ようやく打ち合わせが終わり、待ち合わせのロビンソンまで歩いていく、
冬の札幌は当たり前だが寒い。
関東出身の私には、この距離を歩くのはかなり辛い。

友人も外で待つのは辛かったのだろう
途中何度も電話が入り、「遅い!」「寒い!」と散々文句を言われながらようやく、待ち合わせの場所にたどり着いた

私は、れいの「蛸」を食わす店に案内しようと思っていたのだが彼には心あたりがあるらしく
「場所は俺に任せろ」というのでおとなしくついていくことにした。

そこはロビンソンの近く、ビルの7階にある。
一見、普通のパブ
女性がつくような店ではない。
バンドの生演奏もあるようだ。
一瞬、躊躇した
私的には腹が減っていたので食事をしたかった。
だから、最初は居酒屋に行きたかったのだ。
ここは、どーみても居酒屋ではない。
腹にたまるような食事は期待できそうもない。
「他へ」と言おうとしたのだがそんな間もなく、有無を言わせず
入り口で金を払って中へ入れられた。
あ、間違えないでほしい、入れられたのは友人にであってそういう店ではないので、念のため。

システムは「飲み放題、食べ放題」ボトルをキープしてあとはバイキング形式でつまみをテーブルまでとってきて勝手に食べる。
料金は前金、ひとり3000円程度だった。
一度、金を払ってしまうと、あとは出入り自由
もっとも、私が行ったのは冬だったのでコートを預けた
だから、かってに帰ることは無理だったが..

実は私はこの店がどういう店なのか、いまだによくわかっていない
この彼がいうには、「お見合いパブではないが、それにちかい」という。
たしかに女性の2人連れが多くみられる。
席は男女のグループが交互になるように、案内される。
しかし、怪しげな雰囲気はない。
ごく普通のパブだ。
友人のいうような「お見合いパブ」的様子も特にはない。
だが来る客は、女性のグループと男性のグループのみ
男女連れというのは一切いない。

なんだかよく把握できないでいたのだがとりあえず、飲みたいし、何か腹にいれられればいい
あとのことはそれから考えればいいし
いやなら、さっさと出て他へいけばいいのだ
と、割り切って飲み始めることにした。

しばらくは、私の納めたビックジョブの話で盛り上がっていた。
何時間かたったのだろうか
周りにはだいぶ人が増えてきた
バンドの演奏もはじまるようだ。
と、みると
私の友人、隣に座った女性2人連れの一人と話はじめたではないか

さて、この後どんな展開になるのか
続きは次回へ

2002.04.29
小林一之助