繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第10回

ぼったくり(その1)


札幌へ出張で行き始めた頃のことだ
仕事は順調で、かなりな収穫はあったが、夜についてははじめてなのでかなりビビッていた。

その夜は、仕事仲間と一緒だ
全員がほとんどすすきのははじめてというような生粋の関東人であった
夜のすすきのを友人たちと4人で歩いていく
その頃は、まだ「観光協会の人」がどんな人なのかもしらなかたし、どこにどんな店があるのかもよくわからなかった。

初めての町の繁華街は刺激的だし、新鮮だ。
なんだかドキドキする。
しかも、友人が一緒なので、気持ち的にも余裕がある
これが一人だと、そうはいかないだろう。

最初に入った店は、いきあたりばったりの居酒屋。
適当に飲んで食って、2時間程度であがった。
どんな店なのかは、よく覚えていない。

季節は6月、本州では梅雨本番というころだ
北の地は、この時期観光客で賑わう。
梅雨のない北海道の6月は緑にあふれ、爽やかな風のふく絶好の観光季節なのだ。
まだ、拓銀もあったし、雪印の出来事もなかった
ビジネスホテルを予約するのも、満室でひと苦労したようなころだ。
当然夜の繁華街は、人であふれている
最近では6月に行っても、こんなに人がいることはない
不景気なのだろうか。

さて、我々はこれからが本番だ。
適度に酒も入っているので「どこかその手の店へ」ということで再びすすきのを歩く
こうなると、見え見えの観光客になってしまう
餌に群がる池の鯉のように、あっちこっちで自称「協会の人」に声をかけられまくる。

実態を知らない我々は本当に「なんて親切な人なんだろう」と思った。
メンバーの一人は事前に情報を入手しておりすすきのには「抜きキャバ」とか「抜きパブ」と呼ばれるものがある
と聞いているらしい
一見、通常のパブとかスナックのようなのだが交渉が成立すると、それなりのサービスをしてくれるというものだ
単純なもので「じゃそれ探そう」ということになった。

あっちこっち歩いたのだが、どうにもわからない
そこで、「協会の人」と話はじめたのだ
今、考えるとこれが失敗だった。

むこうは商売だから、あっさり「ああ、それじゃ行きましょうか」ってなかんじで我々を案内する。
のこのことついていってしまう4人連れのカモ...
1人では、ここまで勇気はないのかもしれない。
多少の酒と、「みんなと一緒だ」という変な安心感からあっさりとひっかかってしまったのだ。

すすきのによくある雑居ビルへと案内される。
この雑居ビルってやつがあやしいことこの上ない
すすきのにはこの手のビルがたくさんある。
私のよく行く店(マジメな)も、雑居ビル内にある。
H系の店なんかも、多くみられる。

ということで4人は、あっさりと雑居ビルに連れ込まれたのである
続きは次回に

2002.05.27
小林一之助