繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第12回

ビジネスホテル


ビジネスホテルというか
一般的にホテルにはフロントというのがある。
宿泊客は外へ出る時はフロントにキーを預け
帰ってきた時に部屋番号を告げてキーを受け取る
というのが通常的であろう。

フロントは1階のにあることが多く、
部屋は、その階上にある。
だから、エレベータを利用して部屋まで上がる。
このエレベータは、概してフロントから見える位置にあり
おそらくあがっていく客を見送っているのではないだろうか

何がいいたいかというと、
たとえば、夜の町でいい仲になった相手がいたとして
一緒に部屋に帰ろうと思うのだが
これがなかなか難しいということだ。
ホテルの階上に、喫茶や、バーがある場合には
比較的簡単にいけるのかもしれないが
そうでない場合には
あきらかに2人連れはおかしい

ま、札幌などの場合には観光客も多いので
ツインやダブルの部屋もあり
観光で1部屋に泊まっていることもあるだろう。
だが、出張サラリーマンの場合
夜の町を歩くのにも、ほとんどスーツである
いくらなんでも、スーツの観光客はいないだろう
フロントでカギをうけとれば
シングルユーザーの出張者であることはバレバレである
それが女性連れであれば
何をしようとしてるかは一目瞭然ってやつだ。
まず、エレベータでひっかかるだろう。

修学旅行客がいて、フロントやエレベータがごったがえして
いるのは、すごくラッキーなことだ。

もうひとつ、こういった地方では
ビジネスホテルへ女性を呼べるシステムもある
公衆電話に貼ってあるあやしげなチラシに電話すると
その手の女性を派遣してくれる。
こういった女性を呼びたいのであれば
ホテル選択の場合にちょっと注意した方がよい
ホテルによってはフロントに24時間人がいて
エレベータを見張っているところがあるからだ
そこへ、あきらかにそれをわかる女性が
一人で入ってくれば、これも怪しいことこの上ない。
追い返されることもあるらしい。

一番いいのはフロントのある階を通らずに
エレベータに乗れるようなホテル
階上に、バーや喫茶があるのもいいのだが
ホテル内のバーなんて11時前に終わってしまうだろう

ホテルの構造がどうなっているかは
事前にビジネスホテルガイドなどで調べようと思っても
なかなか難しい
これは、もう体験するしかないのである。
そうは言っても、実際にそういう場面にならないと
出張中はなかなか気が付かないことが多い。
かくいう私も仙台のあるホテルで、
店の女性に言われてはじめて気が付いたのである
それからは、注意してみるようにしているが
そいった恵まれた事柄に遭遇するのもめったにはないし
おとなしくラブホへいった方が得策かもしれない。

次回は、こういった場面の経験談を書こうと思う。

2002.06.25

楽天でビジネスホテルを検索
小林一之助