繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第16回

お見合いパブ


お見合いパブってご存知の男性諸氏も多いと思う
私は、お見合いパブってのには行ったことがなかった。
が、ある日
なんとなく魔がさしたとでもいうのだろうか
行ってしまった

それというのも、前に書いたことのある
「怪しげなパブ」で、わりといい思いをしたからである
あの店は、はっきりと「お見合いパブですよ!」とは宣言してはいない
しかし、その色がかなり強く
私は過去2打数2安打だったのだ。

だったら最初っから「お見合いパブ!」と宣言しているところなら
もっとストライクなボールがくるのではないだろうか
と、まったくもって虫のいい想像をしたのだった

もっとも「すきたん」に載っている「お見合いパブ」は
「キャバクラ」のお遊びでそんなことができるようなものが多く
私の要求するような店とは違うようだ。

探し回ったあげく、どうやらそれらしいものが見つかった
料金は、たしか5000円以下だったと思う。
この辺りの記憶は、さだかではない
私が想像していたのは
女性の数に比べ、圧倒的に男性が多く
ある程度奪い合いになるのであろうということだった
が、まったく逆だった
若い女性がたくさんいた。
みんな若かった
大体が2人連れだ。
かわいいとか美人とかいうのは
主観が強いので、ここでは避けておく
が、とにかく若い女性がいっぱいいた。
れいの「怪しげなパブ」とは年齢層がまったく違う
平均年齢で10は楽に違うだろう。

男性は私を含めて2名だけだった
一人は、今風の若いお兄ちゃん
私は、出張中なのでスーツにコートである

ここのシステムは、テーブルにある紙に
お気に入りの女性(男性)のテーブル番号を書いて
「お話したい」とか「一緒に飲みましょう」とか
いう選択肢に○をする
それを店員さんに渡すと、そのテーブルまで届けてくれる
女性は、それに対して返事を書き、再び店員に渡す
「ごめんなさい」とか「OKです」とかだ。
そして、紙(メッセージカードとか言ってた)が返ってくる
というわけだ。
このカードが、飲み代とは別に
1枚500円だったか1000円だったかかかる
(結果を問わず)
というようなかんじだった。

が、恥ずかしいことに
私はびびってしまい
メッセージカードを書くことができなかった。
(なんてこったい)
適当に飲んで、さらっと帰ってしまった。
ああいうところは一人で行くもんじゃない。
2人がベストだと思う
それに、ある程度、飲んで勢いをつけたほうがいい。

と、まったく無駄な時間を過ごしてしまった経験だった。

が、帰りがけに
店員さんが
「こういうところでは数打ちゃ当たるですから、
カードをたくさん出したほうがよかったですよ」
と言われ、次回の割引券をもらったことが救いといえば救いだ。
しかし、こういうアドバイスは入店した時に言ってほしかったな。
でも、またチャレンジするつもりだ。

2002.08.23
小林一之助