繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第17回

札幌のテレクラ


各地の繁華街をいろいろ書く
ということではじめたはずだったが
いつのまにか
出張者のためのすすきのガイド
みたいになってきてしまった。

今回もすすきのの話題だが
あくまで出張者から見た
表向きの遊びの話題を提供していることをご理解願いたい
ま、出張で訪れた際の参考に参考になれば幸いである

私は、
テレクラでいい思いをしたことはなかった
かなり全盛のころから
過大な期待をして新宿あたりのテレクラへ通ったこともあった。
が、ほとんど「いい思い」に出くわしたことがなく
早取りもあまり得意でないためか
無駄に時間をすごした

何度行ってもいい思いをしていないのに
性懲りもなく、また行ってしまった

場所はすすきのだ
暇をもてあましていたというか
地方の女性と知り合う機会として
利用してみたかったのだ

ロビンソンの通りをへだてた逆側にある
わりと有名っぽい店へ入った
ここは電話は取り次ぎ式だ
だから、早取りが苦手な私でも
とりあえず、話ができる
新宿あたりとは違い、客もそれほど多くないので
話せる回数は多くなる

部屋はごく普通のテレクラのそれ
電話は1台
すべて取り次ぎで
その電話がなれば、必ず、自分につながる
店もすいているので
電話があまるようなこともある

とりあえず、部屋に入って
落ち着いていると
電話は、数分おきにかかってくる
客がいないのだろうか
ほとんど、とりつがれてかかってくるようだ

しかし、新宿あたりと同様に
「商売系」の電話が多い
「援助」ってやつかな
かけてくるのはほとんどが地元のOLとか主婦
この店は都内と違い、コギャル系からの電話はあまりない
取次ぎ制のせいだろうか?
最初は普通に話しているのだが
「会おうか」という段になると
「こづかい」を要求してくる
中には露骨に最初から「いくらで」という電話もある
最近、東京都内のテレクラへは行ってないが
現状はこういうものなのだろうか?

中には純粋に、「飲みにいこう」というようなものもあるので
慎重に話を進めれば、地元の女性とひとときを過ごせるチャンスもあると思う
そんな中で私は2度ほど、会う機会があった
一度はお恥ずかしい話
ほとんど詐欺みたいな目にあった。

電話してくるなり
「24才と25才の女の子ですけど3Pしませんか?1万5千円で」
と言われてドキっとした
切ろうと思ったのだが
それまでの電話がヒットしてなく、時間をもてあましていたのも
あって、ちょっと話を聞いてしまった。
「私たちの部屋へきてください」とも言う

のってしまったのだ...
ここだけの話ということでご勘弁願いたい
とりあえず、アパートまで来てくれというので
携帯電話で連絡をとりながら誘導されてしまった
(罠にはまった)
すすきのを南へ下る
タクシーで1000円程度
着いたのは、おせじにもきれいとはいえない古びたアパート
それでも、期待に胸(股間)をふくらませ
部屋に入った

びっくりした
何がびっくりかというと
どうみても30代半ばすぎの女性が二人
たしかに2人いた
最初、部屋を間違ったのかと思った
しかも関取並の体格
あまり女性の容姿については悪口を言いたくないので
この程度にしておくが
とにかく、私の倍はあろうかという女性たちが
待ち受けていたのだ

どうにもこうにも
こりゃぁアウトだ
風呂もシャワーもないし
できるわけがない
しかし、うかつにも携帯の番号を教えてしまっている
仕方がないので言われるだけの金額を支払い
そのまま退散させてもらうことにした。
体調が悪いとかなんとか言って
帰らせてもらった
ありゃ、絶対詐欺だ...

やっぱりテレクラではいい思いはできそうもない
とほほほ...

2002.09.02
小林一之助