繁華街ブルース by 小林一之助

繁華街ブルース
営業での出張経験を生かして地方の繁華街を参考にした「接客術」を検証。特にキャバクラや風俗系の女性の接待術には目を見張るものあり。地方繁華街の特色やちょっぴりエッチな話題など織り交ぜお届けします。

キーワード:繁華街,飲み屋,パブ,接待,接客,ビジネス,アフター5

繁華街ブルース

26 深夜のラーメン
25 怪しげなパブ(考察)
24 期待はずれ
23 キャバクラ営業
22 客引き
21 深夜の電話
20 キャバクラ嬢の気持ち(2)
19 キャバクラ嬢の気持ち(1)
18 札幌のテレクラ(2)
17 札幌のテレクラ
16 お見合いパブ
15 レンタカー
14 派遣
13 ピンクチラシ
12 ビジネスホテル
11 ぼったくり(その2)
10 ぼったくり(その1)
9 怪しげなパブ(2)
8 怪しげなパブ(1)
7 仙台国分町
6 スーパーキャバクラ
5 キャバクラについて(2)
4 キャバクラについて
3 百年の孤独
2 札幌の夜
1 すきタン
00 ススキノ

自己紹介
発行部数
あなたもライターになれる
 

たまごや

美容と健康と食

きれいになっちゃお

整体マニアックス2

ファミレス様、覚悟せよ!

高齢化社会

いきいき介護ライフ

老人ホームの裏事情2

老人ホームの裏事情

国際化社会

ブルゴーニュ通信局

誰でもなれる国際人

小口輸入支援

オトコとオンナ

チョコレートカクテル

不倫のススメPart2

チャットレディー“すずね”

毎日のお役立ち

知って得する労働法

週刊マナー美人

常識ぽてち

女性のためのクルマ読本

週刊節税美人

四柱推命による人生相談

お店で買うにはちと恥ずかしい


創刊:2002.01.20
訪問者数:
更新:2009.07.07
デジタルたまごやトップ

第18回

札幌のテレクラ(2)


前回テレクラで2人の関取にだまされた(?)話をした。
まぁ、あきらかにだまされたというよりは
彼女たちが自分をわかっていないといった方がいいのかもしれない
年齢については明らかに嘘だったが
その他の事は私は確認していないのでなんともいえない。
まさか電話で「2人の体重を合わせると何キロ?」とは聞けないしね
「3P」という言葉に惑わされた私もいけなかったのだ

ところが男というのは懲りないもので
また、あのテレクラへ行ったのである
実は私はこのテレクラ(ロビンソンの向かい側)がけっこう気に入っている
時間内なら出入り自由だし、なにより「取次ぎ制」なので
早取りしなくてもいいというところが好きだ
最近は携帯電話の「出会い系サイト」とかがはやっているせいか
この店はいつ行ってもすいていて
電話のまわってくる確率は高い

今回もその中の1本である
相手はごく普通のOLさんのようだ
ちょうど仕事帰りに電話してきたようだ
少し話しているうちに「ドライブしたい」ということになり
会うことになった。

私は千歳空港からレンタカーを利用しているので
ホテルに車を止めてある
その時期はかなり頻繁に出張していた時期だったので
レンタカー屋が私の名前を覚えており
あいているときはけっこういい車を用意してくれたのだ
その日はマークUを使っていた
また札幌のビジネスホテルの駐車場は
ほとんど翌朝まで出入り自由になっている
追加料金をとられることもない
このあたりは観光客用に考えられているのかもしれない
チェックインしたあと再度車を出して出かけてもOKというわけだ

ドライブしたいということなので
私の宿泊しているホテルのロビーを待ち合わせ場所にした
けっこうきれいなロビーだし
人も多いので、まぁむこうも安心できるだろう
ここでもまた私の携帯番号を教えた
(このあたりが間抜けなのかもしれない)
ホテルに着いたら電話してもらうことにした

待つこともなく電話が鳴る
ホテルの公衆電話からだ
そこにいたのは20代半ばくらいの大柄な女性だった
顔はまぁ美人というわけではないが愛嬌のある子だった
私はぽっちゃりが嫌いというわけではないが
今回もぽっちゃり系の子である

ドライブということで大倉山へ登ることにした
夜景がきれいで有名なところだ
以前、藻岩山には登ったことがあったが
そこは途中有料道路があったと思う
大倉山は有料道路はない

ひととき札幌のきれいな夜景を見て
ロマンチックな気分になった
その後市内の居酒屋で一杯やったが
そこまでである
お互いの携帯番号は教えあって
「またね」と約束までしたが
結局 その子と会ったのはこの1回だけである
今考えるとちょっともったいないことをしたと思う
もう少し会って話をすればよかったかなと
ちょっとだけ後悔している
きだてのいい子だった
ただし、ものすごい酒豪だったことは確かだ。
概して北海道の女性は酒が強いという私のイメージは
さらに強くなったのであった。

2002.09.17
小林一之助